テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

サーブがどうしても苦手で、サービスゲームのキープ率が上がらない・・・。

そういう悩みを抱えている方は、特に女子選手の方に多いと聞きます。

確かにジュニアの大会でも、リターンゲームのほうが積極的に攻撃しやすいということで、トスで勝ってリターンを取る選手も多いのも事実。

サーブに自信を持つには、得意なコースとその展開パターンを身に付けることが一番!

苦手意識を取っ払って、一度「ワイドへのコースのサーブ」を一から磨いてみませんか?

 

テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

 


 

■ワイドへのサーブは、難しい?

ワイドへのサーブ、アナタは打つのが難しいと考えていますか?

実は・・・最も「打ちやすい」コースだと私は考えています。

理由は、サーブを打つ位置から、ワイドのコースは最も距離が長い。

距離が長いので、ボールが回転量をかけて失速して、落ちてワンバウンドして入ってくれる。

スライスサーブでもスピンサーブでも、とにかくしっかり回転をかける技術さえ身に付ければ、後は振り切るだけでOK!

特にオススメなのがスライスサーブ。

ボールの半分をしっかり叩く、厚い当たりのイメージで打てるようになることが大事です。

こすって当てるだけのサーブは、良いコースに入ってもボールの伸びが無いので相手にとって脅威になり得ないのです。

コンチネンタルグリップで、しっかり振り切る練習を積んで、軌道は「山なり」になるようにネットの上に目標を作りましょう。

 

■フォルトになるくらいのつもりでOK!ワイドへのサーブはしっかり高さを出した軌道に

しっかり高さを出した軌道で、サービスエリアの隅を狙うこと。

最初、練習し始めた頃にはオーバーフォルトは一切気にしないことです。

入ったかどうかが気になる人は、打ちながら身体が前に向いて開いてしまいがち。

ここはしっかり、我慢しましょう。

トスの位置は前にしても、打つ瞬間までは横向きをキープ。

でなければ、ボールの横をしっかり捉えることができません。

どうしてもボールを飛ばしたい方向へラケットをフォロースルーでもっていきたくなりますが、ここも我慢です!

しっかり回転をかける為には、ボールが飛んでいく方向とラケットのフォロースルーの方向が異なることを、しっかり覚えておきましょう。

 

■ワイドへサーブが入れば、自然とオープンスペースが出来る

ワイドへのサーブで相手を動かすことができれば、自然にオープンスペースができます。

特にシングルスでは、その空き具合が顕著で、相手はカバーするために戻る意識が強くなります。

戻ろうとする相手の逆を突くのも有りですね。

サーブ&ボレー、という選択肢も出てくると思います。

それくらい、ワイドへのサーブ一つで、攻撃の選択肢が拡がっていく

この「出来るようになったときの、成功イメージ」をしっかり意識することが大切です。

ぜひ、鍛えてアナタの武器の一つとしてしっかり試合の中で使えるようにしていきましょう!

 

やってみるのか、やらずに終わるのか。

この違いは、テニスの上達において本当に大きいと思います。

色々とこのサイトでも技術をまとめてきましたが、「難しそうだけど、まずやってみようかな」と思って、コートに入れるかどうか。

自分で研究する事でしか、テニスは上達しないのです。

まだまだ、ワイドへのサーブについて新しい発見もあるでしょう。

ぜひ、アナタの中で考えた新しい形や理論、作り上げていって下さい!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    チェンジアップサーブは、試合でリードした場面で使っておこう

    チェンジアップサーブ、と私が勝手に名前を付けているサーブがあります。…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・

    よく「トップスピンサーブのコツを教えて下さい」と言われるんだけど、そう…

  3. テニス ストローク

    サーブ

    自分のサーブがフォルトした時も、相手リターンの反応はしっかり見ておくこと

    自分が打ったサーブが、「フォルト!」のコール。もう意識はセカン…

  4. テニス ダブルス
  5. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ

    試合で使う、サーブ&ボレー。でも、なかなか成功しない、ミスのイ…

  6. テニス メンタル

    サーブ

    試合の後半のサーブは、「バック側を警戒させて、フォア側で仕留める」コース取りでいこう

    サーブをどこに打って、攻撃していくべきか・・・。相手の様子や自…

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでも何でも、「分かったつもり」が成長を止める
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る
  3. テニス 雑誌

    メンタル

    私が月一でオススメしたいこと、それは「テニスに全く関係無い本を読む」ことです
  4. テニス ポジショニング

    戦術

    相手を後ろに下げて「自分はコートの内側」というポイントを、試合ではたくさん作ろう…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
PAGE TOP