テニス サーブ

サーブ

試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定感を!

サーブ&ボレーを試合で使いたいけど、ファーストボレーが安定しないとストローク側の餌食になります。

安定感を磨くには、まず打点から。

ファーストボレーは低い位置で打つことも多いと思いますが、実際にアナタの打点はボールをコントロールするのに適した場所ですか?

前足を大きく踏み込んでいく動きが求められるサーブ&ボレーのファーストボレー。

テニスにおいて難しい技術ですが、まずは打点から意識して安定させていきましょう!

 

試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し後ろ」に設定して安定感を!

 


 

■焦る気持ちが、ラケットを先に前に出させてしまう

サーブ&ボレー、やはり勇気のいる作戦です。

前に出てコートをネットプレーでカバーする、シングルスであれば広いスペースをカバーしないといけません

「やばい・・・サーブが甘い・・・」と思うと、ついラケットで早く触りたいと思って、前に出してしまう。

ボレーは身体から遠過ぎる、打点が前になり過ぎるとコントロールが出来ません。

しっかり自分の打点まで引き付ける意識が、サーブ&ボレーの最初のボレーでも大事です!

 

■理想の打点は、前足の少し後ろ、身体の少し前

横向きで踏み込んでボレーをした前足の、30cmくらい後ろ、身体の少し前くらいがベスト。

身体と前足の位置の、ちょうど中間くらいで捕えられると、コントロールもしやすくスライス回転をかけやすい

サーブ&ボレーの目的は、最終的に相手に無理をさせること。

もちろんスマッシュやハイボレーで終わるイメージも大事ですが、その為にもファーストボレーをコントロールして優位性をしっかり奪いたい。

その為の打点、打ち方を常に意識してみて下さい。

 

■「引き付けるボレー」を練習から意識してみよう!

ネットプレーを磨きたい人は、どんどんサーブ&ボレーにチャレンジしてみて下さい。

「えっ、苦手なのに・・・?」と思った方は、発想を変えましょう。

思い切ったチャレンジをしてこそ、テニスは急激な成長が望めます。

苦手意識があるから、ボレーは「速く触りたい・・・」と思ってミスしてしまうケースが多い。

引き付けるには、自信が必要です。

その自信には、思い切ったチャレンジでの成功体験も大事なはずです。

 

打球、ボールを引き付けるプレーは、あらゆるスポーツで大事なポイント。

テニスにおいても、それは同じです。

引き付ける為には、速い準備と自分に適した打点をしっかり把握しておくこと。

その為の練習、意識してみて下さい。

きっとサーブ&ボレー、試合で使えるようになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた

    私が最初にテニスをテニススクールで習ったときに、サーブはこう教わりまし…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスにおける本当に良いサーブとは、「前衛を活かすことが出来る」サーブです!

    サーブについての考え方は、人それぞれ。一発で決めたいと思う人、…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「相手のリターン位置からサーブのコースを決める」ために必要な知識とは?

    自分がサーブを打つ時に、リターン側の選手のどこを見るか?まずは…

  4. テニス サーブ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

  6. テニス ミス

    サーブ

    ダブルスの試合で、アドバンテージサイドからのサーブは、「前衛が協力してワイドのコースを空ける」ことを…

    ダブルスの試合、特に男性の試合ではサーバーが「どのコースにも打てる」と…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意…
  2. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事
  3. フットワーク

    他人の真似が出来る人は、100人に1人
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  5. テニス ストローク

    サーブ

    前に踏み込んで来るリターナーには、ボディサーブを!
PAGE TOP