サーブ

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

サービスゲームのキープ率が低い人。

にはある共通点がある。

それは、ゲーム内で先行されたら、そのままあっさりブレイクされてしまうという点。

試合に強い、勝ち残れる選手は考え方が違う。

そう、肝はファーストサーブ、にあるのです。

 

ポイントを先行されたら、「とにかくファーストサーブを入れる」だけで、絶対に挽回のチャンスは来る!

 


 

■0-30になったら、もう諦めムードの選手って・・・

観ていて感じるのは、勝てない選手ほど試合が淡泊。

別な言い方をすれば、分かりやすいんですよね。

サービスゲームで0-30くらいになると、もうどこか破れかぶれな感じになる。

まだ十分、キープ出来る可能性はあるのに、もうファーストサーブを力で勝負!って・・・入らないですよ、それは。

入らなければセカンドサーブを入れにいって、叩かれる・・・みたいな。

そんな意識で、試合に勝てる訳がありません・・・よね。

 

■先行されているゲームを挽回するには、まずファーストサーブから

どうも意識が低いようですが、まずアナタが一番失点しやすいパターン、何だと思います?

私が察するに、それはダブルフォルト。

これを無くすだけで、どれだけキープ率が上がることか。

ゲーム内で先行されたのであれば、威力を落としてでもファーストサーブをしっかり入れること。

これはプロ選手の試合を観ても、如実に分かることです。

 

■試合に強い選手は、自信があるから先行されても慌てない

かつてビッグサーバー、として無敵の強さを誇ったサンプラス選手。

そのプレースタイルを引き継いで進化させたフェデラー選手、彼らの試合って、0-40になってもキープ出来る雰囲気がある。

ギアを上げる、という部分もありますが、絶対的にファーストサーブの確率を上げてくるんですよね。

その経験、成功体験があるから、自信が揺るがない。

アナタ自身、参考に出来る部分は多いはず。

まずはファーストサーブをしっかり入れる、これに尽きるのです。

 

0-3oになったら、まず何を意識するのか。

それが明確になっていれば、きっと試合でも迷いなく戦える。

迷いが生じるとそれが不安になり、アナタのメンタルを揺さぶってくるのです。

頭で理解したら、後は実践するだけ。

試合前に一度、この言葉を思い出して下さい。

先行されたら、ファーストを入れていく、です。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  2. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?

    サーブを何とかしたい!と、考えている方は多いですよね。…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算しよう

    相手のボディ、正面のサーブは試合で有効。ですが・・・意外と、…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    何度でも言いますが「サーブを見直さない限り」、アナタに未来は開けない

    一番難しい、だけど一番試合で使うサーブ。これって、一つの技術と…

  5. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だけで実は充分なんです…

    サーブに悩んでいる男性の方、意外と「自由に打てる」サーブが障害になって…

  6. サーブ

    西岡選手おめでとう!でも、エルベ―ル選手も凄かった

    昨日は、台風の中でみなさん大変だったと思います・・・。ですがそ…

特集記事

  1. テニス フェデラー

    ストローク

    「今年流行のSABRにトライしたけど、やっぱり上手くいかない・・・」人は、ハーフ…
  2. テニス 練習

    その他

    「新しい自分のテニスを作りたい!」という人は、テニスコート以外でもどんどん新しい…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  4. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
  5. テニス 構え

    メンタル

    本当にメンタルが強いテニス選手は、フィジカルも強い
PAGE TOP