フットワーク

スプリットステップ、もっと早く、低く!

最近観た試合で、改めて感じたこと。

反応が良い選手って、スプリットステップが早い、低い。

私たちが思っている以上に、鋭さがあるんですよね。

ここは、ぜひ真似していきたいポイントだと思ったので、まとめてみます。

 

スプリットステップ、もっと早く、低く!

 


 

1.上にジャンプ、というより沈む感じ

私たちはつい、上にジャンプして両足で着地、のような感じでステップしてしまう。

でも、これって実は危険なんです。

目線も上下するし、相手がタイミング速く打って来たら、着地する前に動き出さないといけない可能性だってある。

空中にいる状態、は何も反応出来ないですからね。

上にジャンプ、じゃなくて下に沈む。

そして、目線の高さは変わらないように膝を柔らかく使う。

これを意識するだけで、だいぶ違うでしょう。

 

2.もっと速く、着地して良い

反応が遅い人って、スプリットステップが遅い。

相手が打つ瞬間に着地、のような感じだと、ちょっと遅いんですよね。

私の感覚だと、もう少し速く着地したい。

特に、相手が打って来るような場面では、早く着地しておくことが大前提になります。

なぜなら、そこから一歩早く動き出す、ことで予測して反撃出来るから。

どんなに良い反応でも、相手のボールを返せないと意味がない。

だからこそ、早めに着地、で良いんです。

 

3.相手のボールに先回り、フライングスタート

テニスコートは、結構広い。

ですから、相手が打ってから動く、反応するだと絶対に限界があります。

だからこそ、速く着地して、早く動き出す。

相手の打球に先回りしていく、フライングスタート。

良いカウンターには、これが絶対に必要です。

脚力や動体視力は、どんどん衰えていきますから。

私たちは、工夫で何とかしていくしかないんです。

 

4.ボレー側のステップから、変えてみよう!

一番、効果があると思います。

普段のボレー対ストローク、のスプリットステップ、ボレー側に立った時に変えてみる。

あえて速く、低く、着地してみて下さい。

きっと、反応が良くなって触れる範囲は拡がると思いますよ。

みなさん、まだまだタイミングが遅いはず。

相手が打つ瞬間に着地、より少し速くするだけで、世界は変わります。

 

ちょっとしたコツ、本当に0.5秒速くするくらい、ですけどね。

これで、全然違います。

ボレーするとき、ネットプレーでまずは試してみて下さい。

今までのステップ、着地が遅かったな・・・と、感じられるはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    相手によって守備位置を変える、のは全てのスポーツの基本

    テニスの試合、相手によって色々変えていくのが基本、です。特に大…

  2. フットワーク

    コートをリカバリー出来るフットワーク、秘密は膝とつま先の向きに有り

    素早くコートを動いて、しっかり止まって打つこと。これが、なかな…

  3. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?

    ポーチに動いて、しっかり決めることが出来る前衛。スプリットス…

  4. テニス ポジショニング

    フットワーク

    「ココに打たれたら仕方ない」という場所は、あえて作っておこう

    相手のナイスショット。それには、2種類あります。アナタ…

  5. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い

    テニス選手ならスプリットステップ、しっかり出来ないと辛い。上の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ選手が弱気になったら、テニスの試合は絶対勝てない
  3. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
  4. テニス 部活

    メンタル

    テニスの試合で「どうしても頑張りきれない」ときには、誰かの為にと頑張ってみる
  5. ダブルス

    後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ
PAGE TOP