ダブルス

ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。

ダブルスの試合でも、よく見る陣形ですが、やっぱり怖い・・・という方も多いと思います。

ボレーで2人で前、という陣形に慣れない人は、やはり相手のロブや揺さぶりの法則みたいなものを覚えないといけませんね。

決して、基本は難しくないですから、一緒に確認していきましょう。

 

ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

 


 

1.並行陣になると、相手は上を使ってくる

まぁ、2人で前に出ますからね。

相手からすると、ロブが効きそうに思えて来る。

ですので、青側の選手、ペアがボールを打つ時には、赤側の並行陣ペアはしっかりとしたポジションにいないと危険です。

相手の実力、にもよりますが、基本は並行陣の後衛はサービスライン上か一歩前、で良いでしょう。

前衛は更に前、↓のような感じですね。

もうこの図を見ただけで、いかにも青側がロブを打ちそうですよね。

でも、ある意味これは赤側のペアがプレッシャーをかけて、上に上げさせている、とも言えますから。

こういう前向きな思考、がテニスには欠かせません。

並行陣の弱点、狙われるところは↓の斜線の通り。

ロブも怖いですが、それをケアしていると今度はショートクロスのコースが空いてしまいがち。

組み合わされると、赤側の後衛の選手が結構忙しくなるんですよね。

でも、ここはしっかり並行陣の粘り、を見せたいところですから。

相手に打たせるくらいのつもりで、「ここが狙われやすいんだ」ということは覚えておきましょう。

 

2.ロブが多いようなら、ポジションを少し下げるのも有り

女子ダブルスの陣形で多い、このパターン。

相手のロブが多い、ようであれば↓のように並行陣のポジションを少し下げる。

この形で、しっかりスマッシュやハイボレー、で対応出来るように調整しましょう。

足元に沈められる機会も増えると思いますが、ロブを落とすようなパターンになるのが一番嫌、なはず。

相手の性格、ロブの精度、を見極めてペアで話し合ってポジションを微調整しましょう。

試合の現場では、こういう応用力が大事になります。

 

3.弱い並行陣の典型例は、後衛がサイドに寄っている

私が見ていて、勝てない並行陣。

それは、↓のように並行陣の後衛の選手がサイドに寄り過ぎている時。

何となくバランスが取れているようで、全然ダメ。

まずこの形だとセンターが抜かれやすい。

それに、ストレートロブも上手くカバー出来ない。

ほんの数メートルですが、しっかりパートナーに近づいておく、センターを絞っておくのが並行陣の基本。

小さい差が、試合では大きな差になっていくんです。

そもそも、サイドに寄ってしまう人はサーブ&ボレー、からこういう感じで走っている方が多いです。

サイドに寄ったポジションから前に出るから、そのまま寄った感じになる。

そうじゃなくて、もっとセンター寄りのポジションからサーブを打つことをお勧めします。

やっぱり、センター寄りからサーブを打てばダブルスで有効なセンターへのサーブが打ちやすいですから。

それに、前に出るときも自然にパートナーの近くに寄れる。

2人が離れた方が守備範囲が広くなる、というのは幻想です。

ダブルスの基本、並行陣では特に、2人の間に打たせないことが基本になってきますから。

 

4.相手からロブで攻められたら・・・どうしよう

これを乗り越えないと、並行陣で試合には勝てない。

まず、ロブを恐れないということです。

相手は追い込まれている、ロブを打たれているんじゃなくてこっちが打たせている、という意識を強く持つ。

そして、厳しいようですが↓のように、デッドゾーンは必ずスマッシュ。

これが出来るように、クロスステップでは素早く下がる、相手の打つ雰囲気を察する。

必ずスマッシュを打つ、という強い意思統一を持って試合に臨みましょう。

それから、どうしても厳しいロブはどうするのか。

私の考えでは、クロスロブは後衛がカット、ストレートロブ、は本当にどうしようもないときだけ落とす、のは仕方無いと思います。

ただ、出来れば並行陣の陣形からロブは自陣に落としたくはない。

カット出来るなら、後衛の選手がカットしてチェンジ、のようなパターンで凌ぎましょう。

とにかく、深く良いロブは凌ぐことが第一。

なんとかイーブンな状況を保てるように、相手コートに返球して持ち直しましょう。

 

スマッシュを打つ、スマッシュで終わるのが並行陣の基本。

これは、女性ペアでもシニアの方でも一緒です。

決め切るスマッシュ、必要無いでしょう。

相手のロブの精度を、徐々に落としていく、ジワジワ追い詰めていくような感じですね。

そのうち相手は、「もう上げてもダメか・・・どうしよう・・・」となるでしょう。

そうなったときこそ、並行陣の強さが活きたとき、です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  2. ダブルス

    ミックスダブルスで、「また組みたい!」と女性に感じてもらうコツ7つ

    ミックスダブルス、で女性ペアを探している男性のみなさんへ。私が…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について

    ダブルスの試合で、ストレートへ展開する。リターンやストローク、…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  6. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう

    テニスの試合で、特に自滅やミスが多い方に。まず、この大原則で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    コードボールになった瞬間、人は一瞬固まってしまう
  2. テニス リターン

    リターン

    速い球を待って、遅い球をさばくのがテニスの基本の待ち方だと思う
  3. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
  5. テニス リターン

    ストローク

    バックハンドストロークが弱々しい時、後ろ足が上がってませんか?
PAGE TOP