ダブルス

ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。

特に、ボレー戦になったような場面では、自分がストレートに展開していくことが良い攻撃、になると自覚しましょう。

無理にクロスにゴリ押ししていくだけが、テニスじゃないですよ。

クロスの打ち合い、に拘らないこと

どうしても、ムキになるとこうなります。

クロスの打ち合い、を制したいと考えてしまう。

でもダブルスなら、ここに固執する必要はありませんよね。

ストレートに展開するだけでも、ダブルスでは良い攻撃になる。

そういう考えがあると、試合で楽なんですよね。


ストレートへも、強打じゃない

イメージとしては、コントロール勝負。

相手の前衛に、難しいボレーをさせるようなイメージでちょうど良い。

私もロブを触らせる、相手のバックハンドでハイボレーさせるような作戦をよく使います。

これも、立派な攻撃。

派手さは無いですが、ストレートに上手く流すことで「前衛、怖く無いよ」というメッセージを相手に贈ることも出来ますからね。

常に、相手の前衛はけん制しておく、上手を取るイメージで。

ストレートへの展開をコントロールショット、でダブルスは充分に良い攻撃になります。

クロスへの攻撃にも効いてくる

ストレートへ展開しておくと、クロスへの攻撃も楽になる。

前衛を足止め出来るし、相手の後衛も「ストレートに来たら、カバーしないと・・・」という意識が生まれますから。

クロスにしか打たない相手って、楽ですしね。

ストレートに展開するのは、ダブルスで自分が楽になる為。

そう考えて、練習しておきましょう!

お勧めは、ボレーでの展開!

色々、打つ場面はありますが、意外とコレが狙い目です。

ボレーでストレート、を狙ってみる。

私はサーブ&ボレーのファーストボレーも、結構使います。

クロスに返すのが基本ですが、そこまで固執する必要は無い。

意図的に、序盤からコースを散らしていくことがダブルスでは大事。

クロス以外に、多めに配球してみる。

これだけで、ゲームメイクはかなり上手くなれますよ。

お勧めの練習法

ボレーボレーをクロスで、1対1で行う。

2ペアを行いますが、片方のペアが途切れたら、残っているペアの選手はそのボールをストレートに打つ。

そこから2対2、のボレーボレー、という練習をやってみましょう。

ラリーの開始は、両ペア一緒に開始。

瞬発力も求められ、片方のペアも気にしながらラリーして「途切れた!」と感じたら2対2にストレートへの展開から移行していく。

ちょっと変わった練習ですが、結構盛り上がりますし実戦的です。

ぜひ、やってみて下さい!

ボレーをストレートに流す。

これが結構、難しいんですよね。

クロスに打つように見せて、ストレートに流すコントロールショット。

リターンでしか、ストレートへ打っていない方はもったいない。

きっと試合がワンパターンなはずですから、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  2. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私…

  3. テニス サーブ
  4. テニス ダブルス
  5. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ

    ダブルスの試合で、並行陣で戦いたい。そして、テニスの大会をし…

  6. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「センターのボールに2人で反応は悪いこと?」では無く、とても必要なことです

    ダブルスの試合では、センターへの攻撃に耐えないといけない。並行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    ボレー

    ボレーは意外と、身体の近くばっかり
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、「対戦相手を騙すこと」は悪いことですか?の問いかけについて
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスの絶対原則「ニアサイドを塞いでコート端に打たせる」ことで、ポイントを稼ぐこ…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
  5. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打…
PAGE TOP