ダブルス

ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。

特に、ボレー戦になったような場面では、自分がストレートに展開していくことが良い攻撃、になると自覚しましょう。

無理にクロスにゴリ押ししていくだけが、テニスじゃないですよ。

クロスの打ち合い、に拘らないこと

どうしても、ムキになるとこうなります。

クロスの打ち合い、を制したいと考えてしまう。

でもダブルスなら、ここに固執する必要はありませんよね。

ストレートに展開するだけでも、ダブルスでは良い攻撃になる。

そういう考えがあると、試合で楽なんですよね。


ストレートへも、強打じゃない

イメージとしては、コントロール勝負。

相手の前衛に、難しいボレーをさせるようなイメージでちょうど良い。

私もロブを触らせる、相手のバックハンドでハイボレーさせるような作戦をよく使います。

これも、立派な攻撃。

派手さは無いですが、ストレートに上手く流すことで「前衛、怖く無いよ」というメッセージを相手に贈ることも出来ますからね。

常に、相手の前衛はけん制しておく、上手を取るイメージで。

ストレートへの展開をコントロールショット、でダブルスは充分に良い攻撃になります。

クロスへの攻撃にも効いてくる

ストレートへ展開しておくと、クロスへの攻撃も楽になる。

前衛を足止め出来るし、相手の後衛も「ストレートに来たら、カバーしないと・・・」という意識が生まれますから。

クロスにしか打たない相手って、楽ですしね。

ストレートに展開するのは、ダブルスで自分が楽になる為。

そう考えて、練習しておきましょう!

お勧めは、ボレーでの展開!

色々、打つ場面はありますが、意外とコレが狙い目です。

ボレーでストレート、を狙ってみる。

私はサーブ&ボレーのファーストボレーも、結構使います。

クロスに返すのが基本ですが、そこまで固執する必要は無い。

意図的に、序盤からコースを散らしていくことがダブルスでは大事。

クロス以外に、多めに配球してみる。

これだけで、ゲームメイクはかなり上手くなれますよ。

お勧めの練習法

ボレーボレーをクロスで、1対1で行う。

2ペアを行いますが、片方のペアが途切れたら、残っているペアの選手はそのボールをストレートに打つ。

そこから2対2、のボレーボレー、という練習をやってみましょう。

ラリーの開始は、両ペア一緒に開始。

瞬発力も求められ、片方のペアも気にしながらラリーして「途切れた!」と感じたら2対2にストレートへの展開から移行していく。

ちょっと変わった練習ですが、結構盛り上がりますし実戦的です。

ぜひ、やってみて下さい!

ボレーをストレートに流す。

これが結構、難しいんですよね。

クロスに打つように見せて、ストレートに流すコントロールショット。

リターンでしか、ストレートへ打っていない方はもったいない。

きっと試合がワンパターンなはずですから、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの撮影で、感じたこと

    先週にて、YouTube用にミックスダブルスの撮影を行って来ました!…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスパートナーとの話し合い」テニスの試合で必要な、情報共有のポイント5つ

    強いダブルス、というと皆さんはどんなイメージを持ちますか?私は…

  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

    ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。仲間を助…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  5. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

    ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポーチ

    フットワーク

    相手へのフェイントが効きやすいタイミング、を考えてみよう
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    何気なくウォーミングアップでやってるけど、「良いショートラリーと、悪いショートラ…
  3. テニス チャンス

    戦術

    スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?
  5. テニス 評価

    戦術

    どうやって勝ったのか、よりも、どうやって負けたかの方が大事
PAGE TOP