テニス ダブルス

ダブルス

並行陣が上手くいかないペアに、ありがちな特徴5つ

ダブルスの試合で、並行陣を頑張っている・・・けど、なかなか上手くいかない。

こういうペアには、共通する特徴があります。

今回は、並行陣を普段使っている、慣れているみなさんのヒントにもなるチェックポイントをまとめてみました。

出来ているつもりが、実は怪しいところ。

結構見つかると思いますよ。

 

並行陣が上手くいかないペアに、ありがちな特徴5つ

 


 

1.サーブで無理し過ぎている

サーブ&ボレーからの並行陣、で前に出る。

でも、あっさり相手リターンに沈められて終わり、という方も多いと思います。

こういう人は、まずサーブで無理をし過ぎ。

良いリターンを打たせたくない、という気持ちが強いのか、速いサーブを打って自分の態勢が充分じゃない。

サーブにパワーを使い過ぎて、ファーストボレーが雑なんですよね。

もっと楽にサーブを打って、勝負はネットプレー、という形を意識してみましょう。

それだけで、かなり精度の高い並行陣になると思いますよ。

 

2.とにかくロブに弱い

とにかく上に強く無いと、並行陣は脆い。

ロブを上げられて、簡単に前衛が後衛に任せているようでは、並行陣としては戦えないでしょう。

ロブを使って来る相手なら、少し下がり目の並行陣で対抗する。

ロブを誘って、自分で仕留めるような意識が大事になります。

上に弱いことに対しては、徹底して危機感を持って練習しましょう。

 

3.深いボレーだけしか武器が無い

これも、辛いです。

並行陣、2人で前に出てひたすら深くボレー、だけだと決まらない。

相手もストロークが得意なペアが多いですからね、最近は。

深く打ったら、前を使うドロップボレーが打てないと。

常に相手の前を狙う、それはネットプレイヤーの基本です。

並行陣で勝ちたいなら、相手雁行陣からドロップボレーで得点するパターンをしっかり練習しましょう。

 

4.リターンゲームでは、なぜか雁行陣

私は、サービスゲームよりもリターンゲームの方がチャンスがあると思っています。

最初から前に入りやすいし、並行陣初心者の方でもポジショニングが楽に出来る。

でも、リターンゲームから前に出るようなペアが、まだまだ少ないような気がするのは私だけでしょうか。

試合の中で、半分はリターンゲーム。

ここでも並行陣にトライしていかないと、上達は遅いですよ。

 

5.出来ないのは、いつまでもペアや相手のせい

実は、何かが上手くいかないときに、大きな要因はこれです。

どこか、人のせいにしている。

「今のは、相手が上手かった」

「ペアのポジショニングが違うから、上手くいかない」

こういう事実、が確かにある時もあるでしょう。

でも、そればかりに要因を求めている人は、絶対に新しい技術なんて身に付かない。

ましてや、並行陣やネットプレーはテニスにおける最初のステップアップの壁、のようなものですから。

障害を目の前にした時に、どういうスタンスで臨むのか。

そこでアナタ自身のその後の成長、の度合いが決まってしまうでしょう。

 

並行陣が上手くいかない、だから試合で使わない。

それではずっと、練習でも上手くなりません。

試合で使ってどんどんボロを出して、恥をかいて練習していく。

何より、自分自身で悔しさを感じることが大事です。

そういう人は、必ず試合で使って勝てるようになるはず。

ぜひ、ダブルスで勝ちたいと考えているみなさんは、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス シングルス
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサインプレーの仕掛け所は、相手が落ち込んでいるタイミングが一番効果的

    ダブルスの試合で、サインプレーをどこで入れていくのか。サーブを…

  3. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解できてますか?

    硬式テニスのダブルスで、大きく分けて2つある陣形。それが雁行陣…

  4. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  6. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スライス

    ストローク

    「ベースラインからドロップショットを打ってみたい!」人は、技術よりも大切な「間」…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの上達に最も必要なのは、「自分で感じて、盗む力」です
  3. テニス 風

    ストローク

    風下からは強めに打つ!だけで、テニスの試合運びは楽になる
  4. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
PAGE TOP