テニス トレーニング

日々の雑記

先頭を切るアナタの背中を、見ている人は必ずいる

何事も、新しいことって否定されがち。

テニスもそうですけど、仕事でもプライベートでもそうですよね。

でも、最近私が感じること…について、少しだけ書かせて下さい。

それは、「見ている人は、見てくれている」ということ。

きっと、みなさんご自身がそうだと思うんですよね。

 
 

新しいことを始める、ということはどういうことか。

テニスでも、何か新しいペアと組んだり、練習を変えたり、環境を変えたり。

まぁ、まず間違いなく色々影で言われます。

私も、そうでした。

最初はそれがすごく怖くて、周りの目を気にしながらコソコソしていたのを覚えています。

でも、今はこう考えるようになりました。

「全員が評価してくれることは、全員から評価されないということ」

当たり前のと言えば、当たり前ですよね。

私のこのブログも、いつも気を付けていることがあります。

「摩擦を恐れない」ということ。

普通の教本に書いてあるようなことは、そっちで読んで下さいと。

全員が納得するような技術、戦術は、試合で使えない。

でも、つい一般的なことを書きたくなってしまうんです、怖くて。

そんな自分に、今一度喝を入れたいなと。

先陣を切って、その背中を見て頂いている方の為にも、という想いが強くなりました。



みなさんも、考えること、落ち込むこと、傷つくことはあると思います。

テニス界って、狭い人間関係ですから。

でも、良いんです。

影で何かを言う人には、言わせておけば。

それって、アナタ自身の付き合う人のフィルター、にもなるはずです。

付き合うべきは、アナタ自身の背中をしっかりと見てくれる人。

先頭を走って、こけてもまた立ち上がり、走り続けるアナタ自身を見ている人は必ずいます。

少なくとも、自分自身はその1人でありたいですよね。

   

という訳で、先陣を切りましょう、先頭を走りましょう。

練習の時には先頭に並び、ランニングは先頭を走る、練習メニューは自分で考えて提案する。

新しい試合にも出る、環境も変えてチャレンジする、小さいことでも挑戦を止めない。

慣れてくると、逆に後ろにいることが不安になりますから。

そうなれば、自然とテニスも強くなっていくでしょう。

人生は、誰しも1度きり。

だった思いっきり、黄色いボールを追いかけて燃え尽きましょうよ。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも

    気が付けば、もうあっという間に2月・・・。大雪に見舞われて大変…

  2. テニス 雪

    日々の雑記

    自分の未来から、タイムスリップして戻って来た、って考えてみない?

    やっと暖かい日が増えてきましたね・・・。それでも関東は昨日、今…

  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    甲子園での球数制限、について思うこと

    暑い夏が、もうすぐ終わる・・・と思ったら、また暑くなりましたね。。…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    「記事のネタは、いつもどこから?」のご質問について

    いつもT-PRESSを読んで頂きまして、ありがとう御座います!…

  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ

    最近みなさんは、「知ったこと」ありますか?私は、たくさんありま…

  6. テニス 部活

    日々の雑記

    なんで一番ストレスが多い時期に、新一年生の仕事を増やすのか?

    今日は有明テニスの森公園に行く機会があり、関東学生テニストーナメントを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術
  2. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しない人は、ほぼ100%大成しない
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    ノーアドバンテージ形式の試合は、とにかく「先行型」が大前提
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣をロブでチェンジなら、後衛は早く打点に入らないと
  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーのコースが安定しない人は、「自分の肩が回転していないか」をチェックしてみよ…
PAGE TOP