テニス ダブルス

ダブルス

ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること。

無難な、少し下がり目の並行陣が癖になってはいませんか?

確かにロブは怖いです、実際。

でも、この下がった並行陣を卒業していかないと、相手の脅威にはなり得ないですよ。

 

ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

 


 

1.下がった並行陣、脆さを見せているのと同じ

私がもし対戦相手なら、こう感じます。

「あ、ロブが怖いんだな」と。

実際に女性でベテラン、シニアになっていくと、脚力も衰えるので下がってロブを返すのが難しい。

それは理解出来ます、ですが・・・です。

サービスライン上に2人、またはそれより少し下がり目、だと「ロブが怖いです」と自白しているようなのもの。

実際このポジションにいて、ロブを打たれたらどうでしょう?

触れるけど、苦しいはず。

何かを変えないと、結局安定感はあるけど強さも無い、やりやすい並行陣ダブルスになってしまいますよ。

 

2.相手のボール、全てに対応しようとしていない?

女子ダブルスの試合で、感じること。

それはバランスを重視し過ぎて、相手の打つボール全てに対応しようとしているペアが多いなということです。

下がり目の並行陣、はまさにその典型例。

前も拾えるし、後ろもカバー出来る。

足下に打たれたら、なんとか返す・・・だけ、じゃないですかね?

こういうペアって、前衛の動きも乏しい。

ポーチに出たり、ストレートに誘ったりとか、ほとんど無いと思います。

動きが無い、停滞したダブルスは相手からするとすごくやりやすい。

この事実に、まずしっかり向き合うことが大事です。

 

3.試合では、ストロークを打って来る相手も多い

下がり目の並行陣で、まず問題なのが「スピンで沈めて来る相手」でしょう。

若手のペアや、ストロークでグリップが厚い選手に、どう対抗していくのか。

これには、並行陣のポジションを上げていくこと、が大事になります。

ロブを打って来ない相手、もいますからね。

下がり目の並行陣だけでは、勝つのが難しくなるはず。

サービスラインより前に入って、出来るだけノーバウンドでのボレーを打つ。

こういう姿勢が大事な相手もいます。

並行陣だって、一つじゃない。

ポジションを微調整するだけで、かなり変わって来ると思いますよ。

 

4.大事なのは、センターを狭めて前に出ること

並行陣でも、攻撃的にいく。

この意識は、試合では大事です。

攻撃的と言っても、バンバン打つ、ド詰めする必要はありません。

しっかり2人の距離を狭めて、センターを守る。

そして、並行陣の後衛がサービスラインより前に出る。

これだけでも、充分に攻撃的なポジションになり、相手にプレッシャーがかかります。

ずるずる下がる、だけではなく前に入る場面も増やす。

ロブが増えて来たら、意図的に下がり目の並行陣に戻す。

こういう出し入れ、を出来るペアになっていきましょう!

 

ずっと同じ陣形、で勝てると思ったら大間違い。

バランスを重視していると、結果的に強いペアには勝てません。

ロブで抜かれる、のも捨てたのなら有りでしょう。

並行陣のポジションは、基本もう少し上げても良い。

女子ダブルスを頑張るみなさん、やれば世界が変わります。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  2. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  3. テニス 雪

    ダブルス

    良い夫婦の日に考えたい、夫婦で挑むミックスダブルスについて

    今日は、11月22日。読んで字のごとく、良い夫婦の日だそうです…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    相手ペアの男女の仲を切り裂く、ミックスダブルス必勝法は「特殊なセンターセオリー」から

    ミックスダブルス、ご夫婦やカップルで組んで出場している方も多いはず。…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    どんなスマッシュでも、回転をかけるから安定するという事実
  2. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る
  3. テニス ダブルス

    サーブ

    ミックスダブルスを戦う女性の皆さん、大事なのはサーブを打った後です
  4. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ
  5. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さで
PAGE TOP