テニス ダブルス

ダブルス

ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

女子ダブルスの試合、特にベテランや女子連の方の試合を観ていて感じること。

無難な、少し下がり目の並行陣が癖になってはいませんか?

確かにロブは怖いです、実際。

でも、この下がった並行陣を卒業していかないと、相手の脅威にはなり得ないですよ。

 

ずるずる下がる並行陣、どうやって強くしていく?

 


 

1.下がった並行陣、脆さを見せているのと同じ

私がもし対戦相手なら、こう感じます。

「あ、ロブが怖いんだな」と。

実際に女性でベテラン、シニアになっていくと、脚力も衰えるので下がってロブを返すのが難しい。

それは理解出来ます、ですが・・・です。

サービスライン上に2人、またはそれより少し下がり目、だと「ロブが怖いです」と自白しているようなのもの。

実際このポジションにいて、ロブを打たれたらどうでしょう?

触れるけど、苦しいはず。

何かを変えないと、結局安定感はあるけど強さも無い、やりやすい並行陣ダブルスになってしまいますよ。

 

2.相手のボール、全てに対応しようとしていない?

女子ダブルスの試合で、感じること。

それはバランスを重視し過ぎて、相手の打つボール全てに対応しようとしているペアが多いなということです。

下がり目の並行陣、はまさにその典型例。

前も拾えるし、後ろもカバー出来る。

足下に打たれたら、なんとか返す・・・だけ、じゃないですかね?

こういうペアって、前衛の動きも乏しい。

ポーチに出たり、ストレートに誘ったりとか、ほとんど無いと思います。

動きが無い、停滞したダブルスは相手からするとすごくやりやすい。

この事実に、まずしっかり向き合うことが大事です。

 

3.試合では、ストロークを打って来る相手も多い

下がり目の並行陣で、まず問題なのが「スピンで沈めて来る相手」でしょう。

若手のペアや、ストロークでグリップが厚い選手に、どう対抗していくのか。

これには、並行陣のポジションを上げていくこと、が大事になります。

ロブを打って来ない相手、もいますからね。

下がり目の並行陣だけでは、勝つのが難しくなるはず。

サービスラインより前に入って、出来るだけノーバウンドでのボレーを打つ。

こういう姿勢が大事な相手もいます。

並行陣だって、一つじゃない。

ポジションを微調整するだけで、かなり変わって来ると思いますよ。

 

4.大事なのは、センターを狭めて前に出ること

並行陣でも、攻撃的にいく。

この意識は、試合では大事です。

攻撃的と言っても、バンバン打つ、ド詰めする必要はありません。

しっかり2人の距離を狭めて、センターを守る。

そして、並行陣の後衛がサービスラインより前に出る。

これだけでも、充分に攻撃的なポジションになり、相手にプレッシャーがかかります。

ずるずる下がる、だけではなく前に入る場面も増やす。

ロブが増えて来たら、意図的に下がり目の並行陣に戻す。

こういう出し入れ、を出来るペアになっていきましょう!

 

ずっと同じ陣形、で勝てると思ったら大間違い。

バランスを重視していると、結果的に強いペアには勝てません。

ロブで抜かれる、のも捨てたのなら有りでしょう。

並行陣のポジションは、基本もう少し上げても良い。

女子ダブルスを頑張るみなさん、やれば世界が変わります。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルス改革、パートナーと一緒にやる?やらない?

    そろそろ、本気でダブルスを改革したい!と、考えているみなさん。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「そんなに強そうに見えないのに、負けないダブルスペア」に共通する隠れた秘密4つ

    ダブルスペアは、実力が図り辛い。パッと見でそんなに強く無さそう…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    相手の前衛が消極的なら、雁行陣からでもどんどんセンター狙いでいこう!

    ダブルスの試合、実際は結構雁行陣での戦い、が多いですよね。学生…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

    ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について
  2. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「バックハンドストロークがしっかり当たらない・・・」人が見直したい4つのポイント…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ダブルスの試合、「雁行陣で前衛が抜かれてチェンジ」するなら、後衛はできるだけ回り…
  5. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為…
PAGE TOP