ボレー

スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

強い相手になってくると、ストロークも本当に重く、深い。

バウンド後も伸びが凄いし、だんだん押されてコートの後方に下げられる・・・ような経験、みなさんも多いんじゃないでしょうか。

こういう相手に、対抗していくにはどうすれば良いのか。

手段を持たないままに試合に入ると、特にハードコートでは取り返しがつかない。

それくらい、ストロークが強力な相手にはそれなりの準備、が大事なんです。

 

スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番

 

1.ストロークに押されると、気持ちまで引いてしまう

相手に押されて、ずるずると下がってしまう。

こうなると、もうサーブやリターンにも、集中出来ないのが試合、じゃないでしょうか。

ストロークで押されてしまうから、ラリーを開始するサーブやリターン、もテンションが上がらなくなる。

「どうせ返しても、深く打たれて厳しいしな・・・」と、投げやりな感じになってしまう人、試合会場ですごく多い。

これって、実力差というよりは準備不足。

ストロークが強力な相手、に気持ち良く打たせていたらそりゃ厳しいですよ。

極論、から入って良いと思います。

スライスやフラット、のような重たい軌道のボールは・・・やっぱり後ろで処理するのが厳しいはずですから。

 

2.バウンドさせない手段、がテニスにはある

テニスには、ボレーという手段があります。

相手の打ったボールを、ノーバウンドで返球してもOK。

バウンド後の伸びが凄いなら、バウンドする前に触ってボレーしていく。

この姿勢、が大事だと思います。

「いやいや、速いボールだからボレーする方が難しいよ」という声が、聞こえてきそうですね。

でも、本当にそうですか?

私は、深い位置にバウンドさせたボールを返す、方がよっぽど難しいと思いますよ。

 

3.対ネットプレーのストローク、に相手を切り返させる

実は、目的はここにあります。

ボレーの方が打ちやすい、というのもありますが、何より前に出れば相手は意識が変わる。

ネットプレーを気にして、ストロークが変わるはずなんですよね。

パッシングショットを打とうと思ったら、ボールの軌道は直線的になる。

焦ってミス、が増えると考えるのが自然でしょう。

それくらい、対ネットプレイヤーのストロークって、違うんですよ。

普通の気持ち良いストローク、を打っていた人が、崩れていく光景がイメージ出来ませんか?

 

4.ストローク同士の打ち合い、が大好きな人は多い

学生さんや、本格派のプレイヤーのみなさんですね。

ストローク同士の打ち合い、フォアハンドの回り込みに絶対の自信を持っている。

こういう人を相手に、後ろで打ち合う必要はありません。

何度も書いて来ましたが、テニスは戦う場を選べる。

特にスライスやフラット、の重たいストロークは、ボレーの方が断然対抗しやすいはず。

バウンドさせない、相手にプレッシャーをかける。

これが出来る選手が、格上相手にも勝っていくんだと私は思いますよ。

 

ベテランの選手の方でも、すごく重たいスライス、を打ってくる選手の方はいますからね。

後ろで打ち合う、しかも風下なんてなったら・・・もうこれは、無理ゲーです。

だからこそ、ネットに出るという選択肢を準備しておく。

これは攻撃、のようで実は守りでもある。

テニスって、そういう競技なんですよね。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てるようになる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  6. ボレー

    ダブルスの試合、来た方に返すボレーでちょうど良い

    ダブルスの試合でラリーになると、どこに返球すれば良いのか分からなくなる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について
  2. テニス 準備

    戦術

    テニスにおいても、「目に見えないもの」は軽んじられやすい
  3. テニス メンタル

    日々の雑記

    自分が主語のテニスを、いかに楽しめるか
  4. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
  5. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
PAGE TOP