テニス 指導

練習メニュー

テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

試合に出て勝ちたい、でもどんな練習をすれば良いのか分からない・・・。

という方やチームに、オススメの練習メニューをまとめてみました。

文章だけで伝わり辛い部分もあるかと思いますが、ぜひイメージしながら読んでみて下さい。

ダラダラとラリー練習、決まった球出しだけの練習では、なかなか試合に勝てないですよ。

 

テニスの実戦力を養う為の、練習メニュー5選

 


 

1.浅いボールの球出しからクロスラリー

ストロークでのクロスラリーを、少し異色の形からスタートします。

浅いボールを拾ったところ、からスタートする。

浅いボールはチャンス、というよりはかなりギリギリでキャッチするところからスタート。

そのまま前でボレーに入る、ような形でイメージしてラリーしていきましょう。

相手側は、当然ロブを使ってもOK。

ストローク同士のラリーより、実戦では「浅くなったボールをどう処理するのか」が大事ですからね。

横から球出し役の人がどんどんボールを出して、浅いボールを走って拾う側は交代しながら進めてみて下さい。

 

2.ノーバウンドボレスト

通常のボレー対ストロークを、ボレー側はノーバウンド限定で行う。

ですので、かなり難しい練習になります。

ロブも落としてはダメ、前もハーフボレーNG、難しければハーフボレーまではOKにしてやってみましょう。

ロブを落とさない、ことを約束しているので、かなり相手のロブを警戒しながらのラリーになるはず。

実戦では、ロブを落としていてはなかなか勝てない。

多少無理にでも、スマッシュを打ちにいく良い練習になります。

ボレー側のポジショニング、ぜひ考えながらやってみて下さい。

 

3.コート移動型チャンピオンゲーム

もしテニス部でコートが3面くらい使える時には、チャンピオンゲームも工夫しましょう。

1番コートが頂点、その次が2番コート、3番コート。

時間制マッチで、勝てば番号が少ないコートに昇格、負ければ降格、という感じでルールを決める。

1番コートから降格したら、2番コートのチャンピオンの控えに入る。

人数が多い場合には、こうやって控えの選手やペアを作って調整しましょう。

最後に3番コートにいる人は罰ゲーム、のような形で行うと良い緊張感が生まれると思いますよ!

 

4.セカンドサーブ対リターンダッシュ

ネットプレーを身に付けたい、チームで練習したい。

こう考えている方は、結構多いと思います。

だったら、まず相手のセカンドサーブを攻略して前に出る、ことを練習から養っておきたい。

サーブ&リターンの練習を、セカンドサーブに限定してリターン側はリターンから前に出る、ことを徹底してみましょう。

サーブ側もサーブのコースをより慎重に選ぶようになりますし、リターン側も前に出ることを決めているのでポジションを前で練習出来る。

自然と、試合でも相手にプレッシャーをかけていけると思いますよ。

 

5.テニスノートタイム

練習後に5分で良いと思います。

テニスノートに記録する時間を、チームで設けてしまう。

これも、立派な練習メニューです。

記録して残す、ことで自分の自信になるし、試合での助けになってくれる。

どんなに良い練習をしても、その積み重ねが可視化されないと自信になるのは難しいです。

実戦の前、試合会場で読み返せるようなノート、チームで作ってみませんか?

 

テニスの実力に関係なく、どれか一つでも取り入れてみて下さい。

やってみてカスタマイズ出来るアイデアも湧いて来ますし、実際に考える力が養える。

何となく与えられた練習をしているだけ、のチームが8割でしょうから。

みなさんは、工夫して考えて差を付ける。

チームT-PRESSとして、頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める

    私は何度も、「人の真似こそ大事」と書いてきました。それは、なぜ…

  2. 練習メニュー

    テニスの試合では、ミスの質を高めよう

    テニスの試合で緊張してしまう人は、ミスを減らそうと必死。もち…

  3. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  4. テニス 試合

    練習メニュー

    意図のあるミス、を出来ない人に成長無し

    テニスの練習を見ていて、良いチームはすぐに分かる。ミスが少ない…

  5. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  6. 練習メニュー

    「強豪と対戦する日のためにも」日々のテニスの練習で意識しておきたいポイント

    明日、試合がある。そういう人は、明日の試合の事を想定して、今現…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ボレー

    ネットに詰めたら、上段の構えが基本
  2. テニス ダブルス

    ロブ

    腕だけで合わせるロブ、を変えていく方法とは?
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう
  4. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK
  5. テニス メンタル

    サーブ

    試合で効果的なボディへのサーブは、「自分のサーブの曲がり具合」を見てコースを逆算…
PAGE TOP