テニス フットワーク

練習メニュー

ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

練習の後半、試合形式でのポイント練習。

私は学生時代、すごくこれが楽しみでした。

ほぼ試合、のような形でチャンピオン形式、でやったりしますよね。

でも、試合形式なのでテンポよく進めないと、打っている時間は短いし参加出来る人は少ない。

だからこそ、このやり方でいきませんか?という提案です。

 

ポイント練習を、飛躍的に効率化する方法とは?

 


 

1.セカンドサーブ限定が効率的

ポイント形式ですので、サーブから試合形式。

時間が無くて人数が多いなら、セカンドサーブ限定、の形でどうでしょうか。

シングルスもダブルスも、ファーストサーブは使わない。

使う時間帯、を作っても良いと思いますが、セカンドサーブに限定するとすごく実戦的です。

まず、サーバー側のプレッシャーが凄いですしね。

それに、よりラリーが続くし、良い練習が出来る。

そう思いませんか?

 

2.ファーストサーブは、淡泊になりがち

まず、あまりラリーにならないんですよね。

良いサーブならリターンが返らないし、そもそも入らないことも多い。

淡泊なポイント、が増えると思います。

これって、時間のムダになりがち。

もちろん、ファーストサーブ自体の練習は必要ですし、入れにいくだけのサーブになっては問題です。

ですが、セカンドサーブ限定でポイント練習をすることで、ラリーに持ち込めるケースは増えるはず。

これこそ、私は試合で大事な部分だと思います。

 

3.サーブからのラリー、が短過ぎ

試合でイマイチ勝てない選手、学校、チームのポイント練習を見ていると、こうなんです。

ラリーにならない、続かない。

サーブで終わるか、リターンで終わるか、なんだかよく分からない感じで終わる。

3往復くらい続く、ことが少ないんですよね。

ダブルスも、前衛が駆け引きで動いて短いポイントで終わる、とかなら良いんですが、そうじゃない。

ファーストをドッカン、リターンをドッカン、で終わるだけ。

これを脱却していく為にも、セカンドサーブ限定のポイント練習、私はお勧めです。

 

4.ラリーに慣れると、自信が出て来る

試合に強い人って、ラリーを恐れない。

サーブから始まる展開、長いラリーも普段から慣れている。

ポイント練習でも、しっかりラリー出来てますからね。

これが、ファーストサーブが有りだとなかなか経験として積めないんです。

ラリーに慣れる、しっかり相手と打ち合うこと、を練習で意識しないと。

それが出来れば、「自分はセカンドからでも、ポイントが取れるんだ」という自信にもなる。

ぜひ、普段の練習で意識してみて下さい。

 

良いセカンドサーブ、は身に付けばテニスは強い。

それを少し、強く直線的にしたサーブがファーストサーブ、です。

セカンドに自信があれば、ファーストサーブだって伸びていく。

その為に、ポイント練習はセカンドサーブから、でどうでしょう。

一度やってみて、損は無いと思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う

    読者の皆さんは、色々な環境でテニスを頑張って練習しているかと思います。…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    「コードボールはアンラッキー?」テニスの上級者が準備している練習メニューとは?

    試合中に1度あるか無いかのコードボールのポイント。この準備こそ…

  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    テニス選手として試合に出るなら、必要な練習からの意識7つ

    テニス選手として、試合に出ること。これをしっかりと目指す、まし…

  4. テニス イベント

    練習メニュー

    「毎日のテニスの練習が楽しい」と思えたら、それは危険なサインだと自覚しよう

    「苦しいことを強要する」つもりは、毛頭ありません。ですが、アナ…

  5. テニス 部活

    練習メニュー

    「自分達が味わってきた辛いこと」を強制するのは、無意味です

    テニス部の話、だけではないでしょう。新入生が増える今の時期だか…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合で出し切った選手じゃないと、練習で新しいことは身に付かない

    練習に対して意識が低い人。それは、試合の中でどこか出し惜しみし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合で不安になればなるほど、〇〇なことに気付こう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールをしっかりスピン回転で攻撃するストローク、に必要なコツ4つ
  3. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
  4. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?
  5. テニス ボレー

    サーブ

    サーブ&ボレー習得に、必要な根気について
PAGE TOP