ストローク

「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

テニスの中で重要なことは、相手が取れないくらい凄いショットより、相手が攻撃出来ないディフェンスショットを持っているかどうかなんだよね。

もちろん超攻撃的ショットも欲しいんだけど、まずはしっかりとしたディフェンスショットが無いと攻撃するチャンスも巡って来ない。

しかし当然相手も同じようにこちらに攻撃させないショットを打って来るんだけど、その代表は高く弾むストロークショットかな。

 

「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?

 


 

下がりながら打たないといけないくらい、しっかり弾まされるとちょっと攻撃出来ないどころか、自分のショットも浅く返球してしまい
ピンチに陥ってしまう。

高いショットの対処はしっかりやっておかないと。

まず普通のショットと何が違うのだろうか。

一番違う所はまず打点の高さである。

いつもの打ちやすい打点よりも高い打点で処理しないといけないってことは、スウィングを後ろから前に振ることが難しい

ラケットダウンさせた状態から、高い打点に向かって一気にラケットを持ち上げてスウィングするため、完全に上下動になるよね。

よく「力が伝わりにくいから・・・」と苦手な人は、目いっぱい後ろに反動付けてテイクバックを大きく取ろうとするんだけど、そうなると
変に前後の要素が混じってしまって逆効果だ。

慌てずしっかり下からそのまま真上に振り抜くつもりで対処しよう。
 



 

その「上下動スウィング」する時なんだけど、軸足は後ろ足(右利きの人のフォアの場合は右足)がいいよ

前足はしっかり踏み込んでから、前に振り抜きやすいので、攻撃的なショットを打つ時には効果的なんだけど、後ろ足は逆に持ち上げてボールに回転を加えることに適している。

なので、大きくバウンドする厄介なショットが相手から飛んできたら、まずは身体の向きをターンさせて、後ろ足メインでボールの距離を調整してもらいたい。

その時慌てず、後ろにひかないこと。

それよりもしっかりラケットダウンさせて、一気にラケットを上に振り抜くキッカケを待っていよう。

そして丁度打つタイミングになったら、全体重をしっかりと後ろ足に乗っけて、その後ろ足で上に蹴るパワーをキッカケに、上下動のスウィングを行い、上に振り抜こう。

もちろんこれも攻撃というより、凌ぐショットなので、弾道も高く上げて回転量も出来る限りかけてあげることを忘れずに。

キーポイントの後ろ足に頼ることと、上下動のスウィング

しっかりと持ち上げて、相手にも攻めさせないようにしながら凌げるようになれば大丈夫。

試合の中でもけっこうこれを使う場面があるので、皆普段から練習しておこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. ストローク

    「トップスピン系ストローク、ここに気を付けろ」テニスではボール起動とその頂点をイメージすること

    テニスのショットが上手くなるという事は、スピードが速くなるだけじゃない…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    相手のアングルショットを予測することは、ナイスカウンターへの第一歩

    「こっちが攻撃しているのに、なぜか相手から反撃されてしまう・・・」と、…

  3. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?

    みんな当たり前のように理解出来ていそうで、実は怪しい部分。スト…

  4. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

    攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。これは、学生選手だ…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークでミスが多い人は、「ほとんど横振りで打点がぶれている」ことに気付かないと

    テニスのストロークのときに、「身体が開いているよ!」と周りから指摘され…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    試合でミスを減らす為に、「シンプルに両手バックハンドストロークを安定させる」為のポイント4つ

    両手バックハンドストロークに悩んでいる方、この冬にしっかり練習して来年…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように…
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう
  3. テニス ハードコート

    メンタル

    試合でどうしようもなく緊張するときには、「結果は既に、決まっているもの」と考えて…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形
  5. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかな…
PAGE TOP