テニス ボレー

ストローク

「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

最近スライスショットをよく使うようになった。

理由は簡単。

楽なんだもん。

楽チンショットのスライスは試合中本当に便利である。

 

「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

 


 

でも、楽をしたいからスライスを使う・・・というより、ちゃんとポジションに入れないくらい厳しい状態だから、スライスしか使えない状況が多くなった・・・言った方が良いかな。

足をちゃんと動かしていた現役時代の頃は、相手の厳しい振り回しでも、きっちりポジションに入れていたのが、段々体力や脚力が落ちて行き、今はボールには追い付くけど、触るのが精いっぱいでしっかりラケットを振り抜くまではいかなくなって来たからね。

そうなるとスライスが必要不可欠になる。

なので、スライスショットマスターしたい人は、まずあまり自分の力を使わないで楽チンに打ちたい・・・という感じの労力ケチケチ人間になってもらいたい

「労力は惜しみません!」という鼻息荒い人は、あまり向いてないのだ。

そもそもスライスは、ラケット面が上向きの状態でボールを捕らえることが多いので楽に飛ばしやすいショットだ。

でも「面が上向き」ということだけじゃなくて、他にもボールを楽に飛ばすための要素は色々とあるので、その部分をしっかりと覚えておいてもらいたい。

まず、スライスは出来るだけライジングで打とう

ボールの上から下に捕らえてスウィングするスライスショットは、地面から上向きに弾むライジングのバウンドとマッチすると、かなり伸びのある攻撃的スライスになりやすい。

しっかりとバウンドする場所に踏み込んで行って、バウンド直後のライジングのボールに対してしっかりと上から押さえつけるように、トライしてみよう。

驚くほどコンパクトなスウィングで、しかも伸びのあるショットが生まれるのだ。
 



 

注意点はしっかり横向きを作ること

横向き足りない状態でスライスを打つと、横振りになってボールを切る感じになり、フワッと上に浮くような感じでしかも伸びのないショットになる。

ま、それをあえて利用してネット際にドロップショットとして使うこともあるけどね。

まだまだ脚力が伸びている若者は、楽をするためにスライスを打つ必要は無いけれど、緩急を付けるためだったりアプローチなんかでスライスは必ず必要。

その時はトップスピンほどフルスウィングしようとしないで、踏み込んでライジングのスライスを打てるように、普段からしっかり練習しておこう。

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

  2. テニス ストローク
  3. ストローク

    人は試合で不安になると、「回転量を増やしたくなって」おかしくなる

    試合でこんな経験、みなさんはありませんか?「どうしても、入れた…

  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  5. ストローク

    テニスの試合、「ストロークでフォアハンドのスライスは使わない・・・?」という発想は、もったいない

    ストロークでのスライスショット・・・と聞くと、片手バックハンドをイメー…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる

    ボールをよく見る、ことはみんな意識していること。ですが、試合の…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットギリギリに落ちそうなボール、「バウンド後のボールの軌道」を考えてポジショニ…
  3. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
  5. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない
PAGE TOP