テニス ダブルス

その他

「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

強いテニス部には、強烈なリーダーシップを持って実力のあるキャプテンがいる。

みんなを引っ張って県大会を勝ち抜いていく・・・というチームももちろんありますが、ほとんどのチームはそんな漫画のようなストーリーは描けません。

それでも、雰囲気の良いチームには必ず良いキャプテン、部長がいてチームから信頼されている。

今回はテニス部の中で頼れるキャプテンがいるチームについて、後輩とどんなコミュニケーションを取っているのか・・・を、私の聞いた話や経験から書いてみたいと思います。

 

「頼りにされるテニス部のキャプテン、は何が違うのか?」について、後輩への声掛けから考えてみる

 


 

■後輩テニス部員とのコミュニケーション、しっかり取れていますか?

テニスは個人スポーツ。

言うなれば、チームメイトであっても県大会の上位を目指すライバルでもある。

とは言え、チーム全体で実力が向上していくことが、やはりアナタ自身の大きな成長になるのは間違いありません。

優れたキャプテン、リーダーは、このことをよく理解しています。

個人の成長には、チームの成長が欠かせない。

だからこそ実力で劣る、後輩としっかりコミュニケーションを取って全体の底上げを図っている。

「今の練習、目的理解できてる?」

「ラリーが途切れがちだったけど、技術的に無理してない?」

といった、細かい部分でフォローを入れるだけで、全員が雰囲気良くプレーできるはず。

こういった「人を観察する眼」は、自分がプレーしながらでも常に意識しておくと試合でも活かされます。

 

■声掛け一つで、部活の雰囲気はガラリと変わる

例えば何か指導したり、声掛けするときに、しっかり理由を説明できていますか?

「部室は綺麗にしておかないといけないんだ、なぜなら・・・」という感じで、アナタ自身の言葉で説明できれば、きっとしっかりと聞いてくれるでしょう。

これが出来ずに、「説明不足」になるから信頼を得られないキャプテンが多い。

「プレーと成績で引っ張る」というと聞こえが良いですが、結局は面倒なだけじゃないかなと、たくさんのテニス部を見てきて思います。

キャプテンであり中心選手が声をかけていれば、同学年の選手にも波及して学年を超えたコミュニケーションが生まれてきます。

それも上から押し付けるのではなく、「バックハンドに集められると厳しいよね?俺も昔そうだったけど、その時はこうやって解決して・・・」という感じで、自分が相手の立場まで降りていくことも大事。

何より、テニスを強くなって欲しいという想いは、不器用な言葉でも必ず伝わるのです。

 

■高校時代に養った力は、生涯アナタの宝になります

「なんで部活でそんなに気を遣わないといけないんだ・・・ただ、テニスを楽しくやりたいだけなのに。。」

と考える方、上級生も多いでしょう。

私自身もそうでしたし、後輩の指導や球出しすらも面倒に思う時期がありました。

ですがアナタ自身大学に進学し、サークルや体育会でテニスをしたり、また就職すればチームで成果を求められる立場になっていきます。

大事なことは、「仲間の力を引き出して、チームとして成果を上げる」ことに変わりは無いということ。

そしてそのためには、アナタの力になってくれる「後輩」の力が確実に必要になるということです。

キャプテンでなくとも、リーダーの自覚が無い人でも、この機会に見直してみて損は無いでしょう。

 

個人スポーツは、どちらかと言うと人と話すのを苦手にしている人が多い。

テニススクールを覗いてみても、男性の生徒さんは大人の方でも寡黙に、黙々とテニスに打ち込んでいる。

とても素敵ですが、良いコミュニケーションは、きっとアナタのテニスをもっともっと、上のステージに上げてくれる。

その為に、まずは身近な仲間、特に後輩に対してどう接することがベストなのか・・・を考えてみましょう。

私自身、思い出せば反省ばかり。

だからこそ、今テニスをやるときの声掛けにはネタに困りません。

「○○は難しいね。自分なんて・・・」という話は、お陰様でたくさんできる自信があります。

アナタは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. その他

    自分にとって、一番大切なモノ

    今だからこそ、考えてみたいこと。私は、高校時代に授業で経験し…

  2. その他

    昔体育の授業が苦手だったらかと言って、テニスも苦手とは限らない

    みなさんは昔、体育の授業ってどんな感じでしたか?大体小学校時代…

  3. テニス 客観視

    その他

    30歳からのテニスは、「衰えを受け入れてこそ」試合に勝てる技術が身に付いていく

    私自身、最近感じることがあります。テニスを始めた頃は、速いボー…

  4. テニス サーブ
  5. その他

    最近考えていることを、お伝えします

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います。また、…

  6. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選

    団体戦の醍醐味、それは何と言ってもチームの重みを感じながら戦えること。…

特集記事

  1. テニス

    テニス知識

    夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス フットワーク

    スマッシュ

    スマッシュは無理なくバックハンド狙い、でちょうど良い
  3. テニス チャンス

    練習メニュー

    大事だと分かっていても、練習出来ない技術5つ
  4. テニス 楽天

    メンタル

    本物の気迫は、試合の現場で相手の判断を誤らせる
  5. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です
PAGE TOP