テニス サーブ

ダブルス

「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

ダブルスでペアを組んでいる選手同士、は様々な人間関係がベースになっている。

ライバル同士もあれば夫婦やカップル、親子や兄弟・・・。

でも一番多いのは、「仲の良いテニス仲間」じゃないでしょうか。

仲が良い・・・って、実は危ない関係だと私は思います。

 

「上辺だけの仲良しペアのダブルス」が試合に勝てない、その理由について考えてみる

 


 

■仲が良いペアは、その関係性を守ろうとする

上辺だけの仲良しペアって、どんな感じでしょう。

端的に言えば、本音で話し合うことが出来ない、相手に遠慮しているような関係性。

普段の生活であれば、全然問題ないですしむしろ大事な要素。

空気が読めない、本音だけで生きている人って、ほとんどいないですからね。

ですが、テニスの試合となると・・・ちょっと求められるものが変わってくる。

誰だって負けたくは無い、だけど「これを伝えないと負けてしまう・・・」という場面で、どこか相手に気を遣ってしまうのが上辺だけの仲良しカップル。

試合に勝つことよりも、ペアとしての関係性を維持する方向で動いてしまうのです。

悲しいですが、これがほとんどのペアの現実です。

 

■「テニスについて否定」されても、人として否定された訳では無い

本音で話そうと思って接して、相手が激高する、感情的になる。

そういう人って、テニスについて言われたことを全て、自分の人間性が否定されたと考えてしまうんですよね。

そんなペアには、本音で何かを伝える、勝つために作戦を考えることが難しい。

アナタ自身、しっかり自分のテニスと人格については分けて考えておきましょう。

テニスについての意見や違いは、いつでも受け入れるオープンマインドな感覚、大事です。

 

■「試合に勝ちたい」と思えば、手段を選んではいられない

すごく極端な話ですが、「この試合に負けたら100万円の罰金」がリアルにあるとします。

そうすると、アナタとペアの会話は何が変化するでしょう?

もう、絶対に負けられない。

負けたら明日から、今の仕事+アルバイトでもしないといけない・・・みたいな試合、が目の前にあれば人は思考が変わります。

思考が変われば、行動が変わる。

本気で勝ちたいと思えば、相手のプライドや細かい気遣いなんて考えていられない。

極端な例でしたが、一度こんな気持ちでペアと話し合っても面白いかと思います。

 

「本気で、本音でテニスをする」ことは、結構しんどいですか?

確かに、責任は自分にかかりますし、本気を出し切るってしんどい。

でも私は、周りに気を遣いながら、試合に負けても「アハハ・・・」として過ごす方が、正直しんどい。

負けて本気で悔しがる、勝って喜び合うペアになっていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. ダブルス

    安定感のある並行陣、2段構えが欠かせない

    並行陣で、簡単に攻撃されているペアは試合で勝てない。特に、セン…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    前衛が攻めて後衛が守る、だけがダブルスじゃない

    ダブルスの試合で強いペアって、守備と攻撃の切り替えが上手い。出…

  3. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫ですか?

    テニスを最初に始めたときに、4人でコートに立つとみんなでボールを回して…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス 環境

    ダブルス

    「ダブルスを極めたい」ならぜひチェックしておきたい、テニスのベストマッチ動画5選

    テニスの試合、プロ選手のプレーを動画でチェックすることは効果的なイメー…

  6. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それは「虚栄心」です
  2. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスの試合、例えば「4-4 30-30」のように絶対に獲りたいポイントのと…
  4. テニス スマッシュ

    ストローク

    ワイパースウィングの時は、下のエッジに引っ掛けるイメージで
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多…
PAGE TOP