テニス メンタル

メンタル

一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

成功体験、大事です。

ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人も多い。

私は、テニス界にはそういう人が多いと思っています。

だからこそ、相手にしたときにはチャンスなんですけどね。

アナタ自身が、そうなってしまうのは怖いしもったいない。

自分の成功体験、とは上手く付き合ってきましょうね。

 

一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

 

1.成功体験の背景、を考えておこう

アナタ自身、上手くいったこと、試合で勝てた事、たくさん財産としてあると思います。

これは、まず大事にしましょう。

しっかりした事実ですし、アナタの努力の証です。

ですが、その体験に対する客観的な視点も大事。

もし、自分の力で100%成し遂げた、と思っているのならそれは危険です。

自分が頑張りさえすれば、また同じように勝てる、上手くいく、と思い込んでしまいますからね。

成功体験は、「なぜ成功したのか?」を考えないと。

そして、その体験を勘違いしない、自分を戒めるという姿勢も大事なんです。

 

2.勝利で得る自信は、非情に脆いもの

よく選手の中でも、「この試合に勝てたことが、自信になった」という言葉を聞きます。

もちろん、間違いでは無いでしょう。

でも、試合結果で得た自信というのは、また試合結果で覆される。

結局は、相手ありきのこと、テニスはそういうスポーツですからね。

成功体験として持っておくのは良いですが、簡単に崩れていく可能性も高いもの、と自覚しておきましょう。

本当の成功体験とは、何でしょう。

それは、地味ですが地道に続けてきた、アナタの習慣そのものだと思いますよ。

 

3.地道な練習、習慣こそが、本当の成功体験である

私自身も、たくさんのことを始めては止め、を繰り返してきました。

テニスもそうですし、仕事や勉強、プライベートだってそうです。

その結果、も大事ですが、やはり過程が一番の自信になる。

「これだけやって来たんだから」と思えることが、自分の成功につながると信じられる。

一つの結果、上手くいった事象、だけに固執しても、良いことは無いですよ。

むしろ、危険。

変わらない人、自分を変えることが出来ない人は、自分の一つの成功体験に固執する人、でしょう。

 

4.何かにしがみつかないと、不安ですか?

私は、そうでも無いと思いますよ。

だって言ってしまえば、全ては過去の話です。

過去にどれだけ凄くても、私は今、明日、未来でどんなテニスが出来るのかが大事、じゃないですか?

過去は過去、何も新たに生むことは無い。

そこが凄い人が、これから先も成功する訳ではありません。

むしろ、その逆でしょう。

過去に大きく見せた自分を、小さく見せたくない。

だから必死に、取り繕う。

成功体験にしがみついている人って、結局臆病なだけ。

アナタの周りにも、そんな人はいませんか?

 

自分で自分を苦しめてしまう、典型例でしょう。

偉そうに書いてますが、私だってそんな時期はありました。

今でも、そうかも知れません・・・ちょっと上手くいくと、良い気になって固執する。

こういうことがまずいんだと、損するんだよ、ということをテニスから教わっているような気がします。

きっと、テニスだけじゃない、全てに通じることですよね。

さぁ、大事なのは、アナタ自身がこれからどう生きていくかです。

ピックアップ記事

  1. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    「ミスした後の注意点」を理解すると、テニスの試合は気持ちがすごく楽になる!

    テニスはミスが多い方が負け。いつもそう言っているけど、かと言っ…

  2. テニス 試合

    メンタル

    どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

    テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。第1シ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗して作戦を止める」ことを、テニスでは失敗と言います

    「メンタルが弱い人って、どういう人でしょう?」「私はメンタルが…

  4. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損

    プロ選手でもよくやる、ポイント間のルーティーン。これって、実は…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「もう駄目かも‥」と思うときは逆にチャンス!と認識して諦めないこと

    テニスの試合は、1セットマッチであればあっという間に終わる。3…

  6. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ

    一昨日は広島カープがセリーグでの優勝を決め、一つの節目の日となりました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です
  2. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味…
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ストレート展開の基本について
  4. テニス スライス

    ストローク

    ストロークのオープンスタンスとクローズドスタンス、打点の違いを理解出来てる?
  5. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
PAGE TOP