テニス メンタル

メンタル

一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

成功体験、大事です。

ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人も多い。

私は、テニス界にはそういう人が多いと思っています。

だからこそ、相手にしたときにはチャンスなんですけどね。

アナタ自身が、そうなってしまうのは怖いしもったいない。

自分の成功体験、とは上手く付き合ってきましょうね。

 

一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

 

1.成功体験の背景、を考えておこう

アナタ自身、上手くいったこと、試合で勝てた事、たくさん財産としてあると思います。

これは、まず大事にしましょう。

しっかりした事実ですし、アナタの努力の証です。

ですが、その体験に対する客観的な視点も大事。

もし、自分の力で100%成し遂げた、と思っているのならそれは危険です。

自分が頑張りさえすれば、また同じように勝てる、上手くいく、と思い込んでしまいますからね。

成功体験は、「なぜ成功したのか?」を考えないと。

そして、その体験を勘違いしない、自分を戒めるという姿勢も大事なんです。

 

2.勝利で得る自信は、非情に脆いもの

よく選手の中でも、「この試合に勝てたことが、自信になった」という言葉を聞きます。

もちろん、間違いでは無いでしょう。

でも、試合結果で得た自信というのは、また試合結果で覆される。

結局は、相手ありきのこと、テニスはそういうスポーツですからね。

成功体験として持っておくのは良いですが、簡単に崩れていく可能性も高いもの、と自覚しておきましょう。

本当の成功体験とは、何でしょう。

それは、地味ですが地道に続けてきた、アナタの習慣そのものだと思いますよ。

 

3.地道な練習、習慣こそが、本当の成功体験である

私自身も、たくさんのことを始めては止め、を繰り返してきました。

テニスもそうですし、仕事や勉強、プライベートだってそうです。

その結果、も大事ですが、やはり過程が一番の自信になる。

「これだけやって来たんだから」と思えることが、自分の成功につながると信じられる。

一つの結果、上手くいった事象、だけに固執しても、良いことは無いですよ。

むしろ、危険。

変わらない人、自分を変えることが出来ない人は、自分の一つの成功体験に固執する人、でしょう。

 

4.何かにしがみつかないと、不安ですか?

私は、そうでも無いと思いますよ。

だって言ってしまえば、全ては過去の話です。

過去にどれだけ凄くても、私は今、明日、未来でどんなテニスが出来るのかが大事、じゃないですか?

過去は過去、何も新たに生むことは無い。

そこが凄い人が、これから先も成功する訳ではありません。

むしろ、その逆でしょう。

過去に大きく見せた自分を、小さく見せたくない。

だから必死に、取り繕う。

成功体験にしがみついている人って、結局臆病なだけ。

アナタの周りにも、そんな人はいませんか?

 

自分で自分を苦しめてしまう、典型例でしょう。

偉そうに書いてますが、私だってそんな時期はありました。

今でも、そうかも知れません・・・ちょっと上手くいくと、良い気になって固執する。

こういうことがまずいんだと、損するんだよ、ということをテニスから教わっているような気がします。

きっと、テニスだけじゃない、全てに通じることですよね。

さぁ、大事なのは、アナタ自身がこれからどう生きていくかです。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」が勝負

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「チャンスをチャンスと思えるか」ポイントに繋げる為の、心の準備について

    テニスはディフェンスが重要。ある程度試合に出ていると、誰もがそ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    駆け引きで負けても、喰らい付くことの重要性

    例えば、ダブルスでリターンをクロスに打つ。そこに、相手の前衛が…

  5. メンタル

    褒められて伸びる、それは一時凌ぎに過ぎない

    今、時間があるので自分のYouTubeの動画を見直しています。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合、ここぞの場面で強い選手になるには「プレッシャーの中での自分のプレー…
  2. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について
  3. ダブルス

    ダブルスのリターン側の前衛も、相手のファーストとセカンドに合わせてポジションを変…
  4. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!
  5. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
PAGE TOP