テニス グッズ

メンタル

「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身客観視すること、その為に必要なものは?

自分のテニスを上達させて、試合に勝つこと。

長く苦しいこの道のりですが、このT-PRESSの多くの記事にて、その為に必要なことを多く書いて参りました。

その中でも最も大切な要素の一つは、「自分自身を客観視すること」です。

その為に、必要なことは何か。

そう、客観的な「情報」です。

情報を集めるためには何が必要かと考えたときに、やはり電子機器は欠かせません。

もちろん、試合や練習は長い時間行われるケースもありますので、モバイルバッテリーの電源も必要です。

改めて、試合に勝つ為に情報を集める術を挙げてみます。(PR)

「テニスの試合に勝ちたい」と考えるなら自分自身を客観視すること、その為に必要なものは?

 


 

1.自分の試合を「動画で撮影」する

最近ではスマートフォンの性能も上がり、動画を撮影できる時間も長くなりました。

ネットに固定する器具も発売されたりしてますので、お好みのものを探しておけば試合の撮影も楽しくなりますね。

もしかすると相手の方が気になるケースもありますので、「動画を撮影しても良いですか?」と一言聞けると、とてもスマートです。

そして試合後は相手の方とも仲良くなって、輪が拡がるきっかけになるかも知れませんね。

試合時間は長く、何試合もやる大会もありますので、モバイルバッテリーは必携です。

2.「Facebook」などSNSで同じ大会に出ている人を探してみる

もし会場にいれば、あなたの試合を見て何かアドバイスがもらえるかも知れません。

また逆もしかりで、あなたが誰かの試合を観るケースもあるでしょう。

アドバイスはできなくても、応援して試合後にねぎらうだけで、嬉しい気持ちになりますよね。

携帯電源が切れてしまうと会場で孤独感を感じてしまい試合にも影響することも・・・。

ですので、注意が必要です。

3.対戦相手を「インターネット」で調査する

一昔前では考えられなかったですが、今では多くの大会結果がネット上で公開されています。

戦績や写真くらいしか情報はありませんが、あなどることはできません。

どういうスコアで勝ち上がっているのか、どんなウェアを着ているのか、ラケットは厚ラケか・・・なので、だいたいのプレースタイルの想定も立てられます。

想定が誤りであっても良いんです。

違ったら違ったで、作戦を練りなおせばOK。

漠然と試合に入って訳も分からないまま終わる・・・ということは無いようにしましょう。

という訳で、せっかくですのでお勧めのモバイルバッテリーをいくつかご紹介。

 

■Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー

私も使用しています。

大容量で2ポートですので、ダブルスのペアの端末やその他機器も一緒に充電可能。

その充電スピードはPCのポートよりも全然早いです。

 

 

■ cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD

カワイイ段ボールデザインのモバイルバッテリー。

テニス後のオフコートやおしゃれなカフェでも見せたいデザインで、女性にお勧めです。

 

■Anker Astro Mini 3200mAh 超小型・スティックタイプ モバイルバッテリー

小型で安価なタイプ。

1日持ち歩いて充電をキープする分には、十分でしょう。

女性でも持ちやすいサイズですので、持ち歩くミニバッグにも収まり便利です。

 

 

ぜひ皆さんも、お気に入りの1本を見つけてテニス&デジタルライフで、試合に勝てるテニスを磨いて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. メンタル

    自分の本棚が、違って見える?

    みなさんは、ご自宅に本棚はお持ちですか?私は、あります。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では「ミスの後のアクション」こそ、勝つ為には大事

    テニスの試合、選手としての強さ、たくましさで差が出る場面。それ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会は、「個人戦こそ、団体戦である」と心得よう

    今年も始まりました、全豪オープン!遠くオーストラリアの地から、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    試合に強くなる、ということは、外の世界を知るということ

    テニスの試合に勝ちたい。でもそれは、負けるリスクも覚悟のうえで…

  5. テニス シングルス

    メンタル

    試合でどうにもミスが続くときには、ミスという言葉を使わないこと

    どんなに準備しても、ミスが止まらないときはある。特に試合の序盤…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ちに徹するテニスが、楽しいと思えない」のは、自分が本気になるのが怖いから

    今回アンケートを実施させて頂く中で、厳しいご意見もたくさん頂きました。…

特集記事

  1. 戦術

    ラリーが続くと力んでくる、のはまだまだ試合中級者
  2. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って…
  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のフォアハンドストロークこそ、サイドスピンをかけて相手をコートから追い出…
  5. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
PAGE TOP