メンタル

テニスのセオリー病を脱却しよう

テニスにおける、セオリーとなる戦術。

セオリーって、日本語だと何て言うんでしょうね。

定石通りの作戦、常識、とでも言うんでしょうか…。

T-PRESSでは動画の中でも、たくさんこのセオリーについてお伝えしてきました。

同時に、土居コーチも仰るようにセオリーは万能ではない、というのもまた事実です。

でも、改めて最近感じるのは「セオリー病にかかっている人は、多いな」ということ。

セオリー病とは何か、テニスの上達を妨げているものは、何か。

これを考える時には、覚悟が必要です。

恐らく、皆さんご自身の中での大きな割合を占めている常識、それこそセオリーを否定することに他ならないからです。

セオリー病とは、何か?

勝手に私自身が定義している言葉、として書かせて頂きます。

セオリー病とは、シンプルです。

それは「セオリーをやっておけば自分に責任はない」と考える、根深い病です。

テニスの試合だけでなく、これって仕事でも何でも言えることだと思います。

「常識的なことをやってダメなら、しょうがないじゃない」と考える人、これが普通だと思います。

私も、日常の多くの場面ではこれに同意します。

ですが、テニスの試合となるとどうでしょう?

「常識的なことをやってくる」ことは、相手は百も承知のはず。

その上で、それでもセオリーにこだわるのか?という話です。

皆さんも、ご自身の試合を思い出してみて下さい。

自分が相手にやられて嫌のは、セオリー通りの戦術ですか?

もちろん、それも嫌だと思います。

でも、ずっと試合をそれで通されると、どうでしょうか?

すごく楽だし怖くない、そう感じるのが自然ですよね。

要は逃げているだけ

偉そうに書いてますが、私もそうなんですよね。

強敵相手に、セオリー通りで勝てないのは分かっているけど、やっぱり奇抜なことことはできない。

と言いますか、セオリーに逃げたくなるんです。

「いつも通りやっている感じを出す」ことに、精一杯になる。

試合を進めながら、言い訳を準備しているようなもの。

セオリー通りやってダメならしょうがない?

これは都合の良い言い訳にしかなりません。

普段から、セオリー通りのことしか練習していなかった。

緊張する場面で相手の逆を突くような準備を、出来ていなかっただけなんです。

セオリーを学んで理解することは大事。

それ以上に大事なのは、そのセオリーで相手が本当に倒せるのか、効果があるのかを現場で考えることです。

ここから逃げていては、ずっと試合で壁を破れないのがテニスです。

嫌がられることを、恐れるな

T-PRESSで繰り返し書いてきたことですが、これに尽きます。

セオリーから外れる、相手の逆を突くということは、相手から嫌がられるということ。

「そんなの試合だから、当たり前じゃないか」と思いますか?

練習から、気の知れた仲間同士でも、しっかりとセオリーから外れること、出来てますか?

なかなか難しいんですよ、これが。

「試合や練習が終わったら、何て言われるか…」を、気にしない人はいないと思います。

実力が上の相手なら、生意気に思われてしまうかも知れない。

もう、正直そんな考え方自体が無駄なんですよね。

それで離れていくような方であれば、いずれ離れてしまう。

テニスの試合はゲームですから、相手が嫌がることをするのが当たり前。

セオリー病に罹っている人は、そこを怖がってしまっている。

まずは自分を客観視して気づくこと、そして乗り越えること。

改めて、皆さんご自身の中で考えてみて下さい。

T-PRESSとしても、私としても、今年はどんどんセオリーから外れていきます。

例えなんと思われても、笑われても、良いんです。

セオリーは大切、ですが万能ではない、わけですから。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 【女子ダブルス 土居コーチ レッスン&ゲーム会】3/1(水) in S…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス

    メンタル

    「嘘情報を流してみよう」テニスに必要な相手との駆け引きとは?

    相手と向き合い、相手と戦うのがテニスというスポーツ。自分自身と…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  4. テニス コントロール

    メンタル

    強い相手との対戦こそ、まず自分をコントロールしないと試合にならない

    何度か、私自身「格上相手との戦い方」について書いて来ました。で…

  5. テニス トレーニング

    メンタル

    どんなに良いテニスをしていても、「試合に勝利」という結果が出ないと自信もプライドも身に付かない

    「勝てなかったけど、良い試合」という経験、皆さんもあると思います。…

  6. メンタル

    「宇宙人から見たら、僕らだって宇宙人だということ」は、テニスにだって言える

    いつの時代も、子供の視点ってすごい。すごいというか、的を得てい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスのネットプレーで必要な、「速いストロークのボールに対しては、上半身のひねり…
  3. テニス ラケット

    サーブ

    サーブ前にラケットでボールを打つ、ことがなぜ必要なのか?
  4. テニス 部活

    その他

    個人競技であるテニスにおいて、「チームの中で自分が何で貢献できるか?」を考えてい…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    右利きの方は「ボールの少し右を捕らえるだけ」で、スライスサーブは簡単に打てます
PAGE TOP