テニス 準備

メンタル

テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

試合で誰もが考えること。

それは、まず相手をリードして、その後に引き離していくという展開。

ウィンブルドンの試合を観ていても、いかにテニスは流れが重要かを考えさせられます。

1セットマッチの試合、草トーナメントの試合であれば6ゲーム先取・ノーアドバンテージ形式も多いでしょう。

そんな戦いを上手く勝ち上がるには、リードを拡げるための意識と作戦が必要です。

 

テニスの試合で、「一度リードして、さらに相手を引き離す」ために必要な考え方とは?

 


 

■リードして安心してしまう人、勝ちきれない人に多数存在

勝ちきれない、どうしても相手にまくられてしまう人は、まずリードした状態で安心している。

「このまま終わってくれれば・・・」という淡い期待、相手にも見透かされています。

一度リードしたら、急に消極的になる人が多いのが、テニスというスポーツの特徴。

むしろリードしたのであれば、「相手の出方」をしっかり確認しながら、次へと頭を切り替えましょう。

 

■リードされた相手は、「何を考えてくる」タイプの選手だろう?

対戦相手にも色々、です。

リードされた相手は、どんなことを考えてくるのか。

いきなりボールスピードを上げる?粘りを増す?どんな変化を付けてくるのか、予想しないといけませんよね。

そのカギは、リードを奪ったそこまでの展開に隠されています。

強い相手は、しっかり今までの試合の中でのポイントを分析してくる。

アナタ自身、相手よりもしっかり、この「リードを奪うまでの展開」の分析をしっかり行っておかないといけません。

 

■ミスが多ければ減らす、という修正をしてくる相手が多い!

まず、一番多いケースは「ミスを減らそう」と冷静になってくる相手。

こういう相手は、試合で強い。

いくらリードしても、油断なりません。

アナタが試合でリードしている背景に、「相手のミスが多くて、助けられたな・・・」と思うのであれば、相手は当然修正してくる。

そんなときに、アナタはどう出ますか?

私なら、相手は安全策で来ると読んで、サーブ&ボレーやリターンダッシュを入れます。

ネットミスを絶対に減らしたいはずなので、必然的にストロークの軌道は高くなる。

そこを狙っていくには、前に出るのが一番。

きっと相手は、手詰まりになって攻めるも守るも、やりにくくなるはずです。

 

リードを奪ったら、あえて相手の出方に合わせて作戦を変えてみる、というのも手です。

強い選手は、試合の中でどんどん変化を付けてくる。

その先手が打てる、リードしている側が実行出来ると強い。

難しく考える必要は無く、テニスの試合では負けている方がギャンブル的な攻撃はし辛い。

だからこそ、安全策をふさいで手詰まりにしたい、というだけのこと。

頭の片隅に置いて、試合に臨んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. + POWER CUP について
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    「絶体絶命の場面」をしっかり乗り切れるテニス選手は、頭の中でこう考えている

    テニスの試合の中では、絶体絶命のピンチがある。ブレークポイント…

  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  3. メンタル

    試合でミスを続けない人は、何を考えているのか?

    試合で強い人は、ミスを続けない。切り替えが上手い、ように見えま…

  4. メンタル

    「いつも、何と無く」で、テニスの試合に入るのを止めてみよう

    テニスの試合、みなさん「序盤」ってどうですか?一番難しい・・・…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    強い選手が勝つのではなく、勝った選手が強い

    最初に口にした人は、諸説あると言われています。サッカーの名選手…

  6. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ

    試合の中で、「緊張して緊張して、自分のプレーが出来ない・・・」ような人…

特集記事

  1. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ
  3. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが…
  5. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い
PAGE TOP