メンタル

精神的に強くなるとテニスも楽になる

先日ラジオで放送させて頂きました、このテーマ。

あれから私自身も、もう一度じっくり考えてみました。

自分が精神的に強いかどうかはさておき、しっかりと考えておくと今後の人生にも活かせるんじゃないかなと。

精神的に強くなるってことは、どういうことなのか。

ぜひみなさんも、この機会に一緒に考えて欲しいテーマです。

自分から掴む経験こそ大事

放送の中でもお話しさせて頂きましたが、私は「身の程知らずな経験」をたくさんしてきた気がします。

英語が喋れないのに国際大会の審判員をしたり、テニスコーチもなりたてなのに上級クラスを担当したり。

その時、その時は本当に不安な気持ちでいっぱいでしたし、逃げたくもなりました。

でも、これって結局「自分がやりたいと言い出したこと」なんですよね。

誰かに頼まれた訳でもなく、当時の自分が「やります!できます!」と言って始めたこと。

だから誰にも言い訳できないし、失敗すれば自分で責任をとるだけのこと。

ただ精神的に強くなれたのは、間違いなくこの自分から掴みにいった経験が効いているように思います。

悔しいからその後勉強もするし、なんとか恥ずかしくないような自分でいたいともがいていく。

このもがいてもがいて、苦しんだ結果が今なんだと思います。

頑張る人をバカにする人は実は少ない

「でもそんなの、怖いし失敗したらどうしよう…」と思いますよね。

私も怖かったですし、今でも失敗は怖いですよ。

でも、一つ気づいたことがあるんです。

それは、意外と日本人が意識する以上に「頑張っている人をバカにする人は少ない」ということ。

「いや、多いですよ」という人もいるでしょう。

きっとそういう人が、ネットでもリアルでも目立つだけです。

人間、必死で頑張っている人は応援したくなるものだと思いますよ。

これも、私が精神的に強くなれた一つのきっかけのように思います。

困っていたら、自分が本気なら、きっと誰かが助けてくれる。

それでもバカにしてくるような人は、放っておくしかないんです。

そこに付き合っていたらキリがないですからね。

テニスの試合…楽じゃないか!

私は、こういう経験をしてきた結果「試合は楽だなぁ」と感じるようになりました。

だって、突き詰めてもゲームですから。

賞金を稼いでいるプロ選手ではない、楽しんでやればそれで良い。

精神的に強くなった自分を感じて、試合で楽しめる自分を感じる。

こういうのって、みなさんご自身でもきっと気づくことがあると思います。

「仕事に比べたら…」という感じですかね。

でもその仕事って、自分から掴みに動いている仕事、ですか?

与えられているだけ、目の前のルーティーンの繰り返しだけだと、試合でも主体性がなくなるのは当然のこと。

精神的に弱い人って、最後に自分から動けない、リスクを選択できない。

テニスの試合に強くなるって、きっとそういう意識のところでかなり変わってくると思います。

ぜひ、これからもラジオを聴いて頂きつつ、一緒に歩んでいきましょう。

放送はコチラ

ピックアップ記事

  1. 【YouTubeコラボ企画✨】元埼玉県代表ペア 佐藤・松尾に挑戦!…
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い

    テニスに向いている、向いていない。そんなことで悩んだことはあり…

  2. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    駆け引きで負けても、喰らい付くことの重要性

    例えば、ダブルスでリターンをクロスに打つ。そこに、相手の前衛が…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいて、能動的か受動的かは大きな実力差になる

    テニスというスポーツは、上達に個人差が大きい。色々なスポーツ、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  2. テニス ダブルス

    戦術

    「普通の選手なら、やらないプレー」だけど、アナタなら出来ることはありますか?
  3. テニス メンタル

    その他

    「なぜ日本でテニスがプロスポーツに成り得ないのか?」 テニス選手のコート外での意…
  4. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせ…
PAGE TOP