テニス 居場所

メンタル

テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

毎日テニスの練習、楽しんで出来ていますか?

「本当に楽しい!」と言える方・・・少し、危険かも知れません。

年齢問わず、人はどうしても楽しい場所、楽な場所をどこかで求めている。

テニスもそう。

練習環境も試合も、自分が立っているポジションでさえ、自分が居心地が良い場所に居座ってしまう。

そう、無意識にテニスをしていると・・・つい、そうなってしまう。

という危機感が、アナタにはありますか?

 

テニスの練習も試合も、「居心地の良い場所にいる癖」が付くとテニスの上達は止まる

 


 

■何度でも言いますが・・・「試合に勝ちたい」んですよね?

何度か書いてお伝えしてきましたが、テニスの試合で勝ちたい方には伝えたい。

自分が今いる場所、どこか居心地が良くなってはいませんか?

部活やサークルも、大事なアナタの居場所、ということは理解しています。

でも・・・例えばチーム内でNo.1の選手でも、外の強豪チームの中に入れば歯が立たないかも知れない。

ストロークが得意な選手は、ネットに出るのも相当勇気が要る。

そう、自分が「そこに居るだけで、不安になる」ような場所は、自分から飛び込んでいかないと得られないのです。

 

■格上相手を倒したければ、向かっていく闘争心が絶対に必要

闘争心、を養うには環境の変化が大事。

それも、自分がそこに居るだけで辛い、神経を使う、ような場所で鍛えるしか無いのです。

人は、何かの必要性を感じたときに成長出来る。

成長しようと、必死で工夫することが出来るのです。

そうやって見つけた自分のテニス、開拓した技は、絶対にアナタの宝になります。

いつまでも居心地が良い場所、にだけ居ては強くなることは出来ません。

 

■習慣はすべて、その人のテニスに現れる

「メンタルが弱い、粘れない・・・」という人。

きっとテニス以外でも、執着心や継続力が足りないんだと思います。

厳しいようですが、テニスと私生活って密接に関わっているし、連携していることを忘れてはいけません。

つまりは、習慣を変えていかないと試合にも勝てない。

自分から普段、全く新しいことにチャレンジしないような人が、いざ試合でシード選手相手に向かっていけると思いますか?

いけませんよね。

ぜひ、自分のことだと考えて、振り返ってみて下さい。

 

偉そうに書いていますが、私も思い当たる節がたくさんあります。

人見知りで億劫だった私は、いつも居心地の良い場所に居続けました。

だからこそ、試合で結果が残せなかった、強い相手に対して心から向かっていくことが出来なかったんだと思います。

この文章を書きながら、もっと自分も頑張ろうと、決めました。

一緒に新しい環境で、頑張ってみませんか?

年齢は関係ありません。

思い立った日が、一番「若い」のですから!

ピックアップ記事

  1. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合会場にいる「自分のテニスをひけらかしたい人」に、絶対負けてはいけません

    本人はいたって無意識でも、テニスの試合会場には「とにかく俺のテニスを見…

  2. メンタル

    ハッキリとした負け、でしか見えてこないものがある

    みなさんにとって、必要なもの。厳しく苦しいですが、意外とテニス…

  3. テニス 人脈

    メンタル

    試合で緊張する場面で、「いつも通りのプレーに戻す」具体的な方法5つ

    試合の中で、「緊張して緊張して、自分のプレーが出来ない・・・」ような人…

  4. テニス 環境

    メンタル

    「人に言われてウザい」と思うことは、大抵が図星

    耳が痛い言葉・・・言われるとムカッと来ること、ありますよね。私…

  5. メンタル

    「すごーく強い相手と対戦するとします」テニスの試合で相手の強さを受け止めて勝つ為に必要な意識

    すごーい強い相手と1ヶ月後に対戦する・・・って決まっていたら、どういう…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす

    テニスの試合、つい焦ってしまう場面。それって、デュースが何回も…

特集記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    粋な前衛は、ファインプレーをファインプレーに見せない
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスでも型を覚えた人から、型破りなテニスに進化出来る
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる
  4. その他

    もしアナタが「大事なテニスの試合で審判を一人で」やることになったら・・・
  5. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?
PAGE TOP