テニス メンタル

メンタル

独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

「将来プロ選手になりたいんです」

「プロコーチとして、海外で活躍したい」

というような声を、何通か頂く機会がありました。

大変素晴らしいことでぜひ頑張って欲しいのですが、私自身、今までたくさん夢半ばで引退した選手、プロになれなかった選手を観てきました。

そもそも、日本ではプロテニス選手という肩書きで活動出来る選手は、少ない。

実力さえあれば、大丈夫?

そうでも無いと思いますよ。

 

独創的で自分勝手でも、「テニス選手としてなら生きていける」は大きな勘違い

 


 

■何度も書いてきましたが・・・

テニスは個人競技。

ですが、自分一人で上達出来る競技ではありません。

練習相手も必要ですし、今のテニス界は情報戦。

どんな試合に出て、次にどこで遠征、泊まる宿や交通手段は・・・?全て自分自身で競技と並行しながら工面していかないといけません。

アナタ自身、プロ選手を目指すならテニスの実力よりも、むしろこういった生活推進力、です。

 

■部活やチームに慣れた選手は、一人立ち出来ない

また、学生時代に目覚ましい活躍をした選手が、プロになって活躍出来ないケースも日本では多い。

いつでも練習出来る環境が整備されて、仲間がいてサポートが受けられる。

団体戦では応援してくれる・・・みたいな部活の環境に慣れてしまうと、急に巣立てと言っても無理な話。

「やっと自分の自由に出来る!」と思って、羽目を外す選手は論外。

部活の中でありながら、自立心をしっかり養っていかないとテニスというスポーツでは強くなれない。

ですがその自立心には、必ず周囲の支えが必要。

ただ結果を出せば良い、だから独創的で周りに迷惑をかけても良い、というのは間違いです。

 

■「感謝」しているなら、必ず形にしていこう

大会後に優勝選手のスピーチで、「運営の皆さん、本当にありがとう御座いました」という言葉を聞く機会が多い。

ですがその選手、実際に試合会場を去るときには誰にも挨拶しないし、御礼も言わない。

こういった選手が、プロとして活躍していくのは難しい。

感謝しているなら、しっかりと形にしていく。

一人一人と、時間をかけてしっかり話す機会を設けて、伝えていくという努力は必要です。

口だけなら、誰でも言えるし簡単。

でも上辺だけじゃない、しっかり感謝を形に現してこそ、応援される選手になっていく。

このことは、もしプロ選手やテニスの仕事に携わりたいと考えている人がいれば、ぜひ覚えておいて欲しいと思っています。

 

独創的で自分勝手、が決して悪いとは言いません。

むしろテニスでは必要なケースも多い。

ぜひ、それはアナタ自身のテニスのプレーで魅せて下さい。

コートを離れれば、どんなにテニスが上手かろうが結果を出そうが、一人の社会人であり学生。

プロ選手を目指すなら、人に観られるのが仕事、になりますからね。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. メンタル

    大きな声でカウントコール、迷いは消える

    試合で緊張したら、何をすれば良いのか。私は、大きな声でカウント…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

  3. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている

    往年の名選手、マルチナ・ナブラチロワ選手の言葉。有名な言葉です…

  4. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    勝つ為、ではなく自分を磨く為

    「自分は、何のために試合をやるのか」この問いかけを、みなさん最…

特集記事

  1. テニス シューズ

    戦術

    迷ったら強気、と試合前に決めておくこと
  2. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーで攻撃されてもブロックでしのぐ」ことが一球できるだけで、試…
  3. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大
  4. その他

    【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. ストローク

    ボレーヤーに向かってストロークを打ち込む、ことを恐れてはいけない
PAGE TOP