ストローク

フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

回り込み=少し下がって後ろから回りながら入っていく、というイメージを持っていませんか?

それだと結局打点が下がってしまい、早いタイミングで打つことができない。

必要なのは、あくまで最短距離を動くイメージです。

 

フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理由について

 


 

■テニスにおいて、「打点が低くなる」ということはマイナス

アナタが想像している以上に、テニスというスポーツでは打点を落とすという行為は致命的です。

せっかく回り込めるチャンスが来ているのに、一度下がって打つという考え方がおかしい。

どんどん前に入って、できればライジングで打ち込んでいきたいところ。

「打点を高くする」には、早い判断と効率的なフットワークが不可欠です。

 

■直線的に動くから前に入りやすい、ネットプレーにもつなげやすい

回り込んでフォアハンドで攻撃できるときは、その前からネットプレーへ繋げていくイメージを持ちましょう。

後ろから攻撃し続けるのは、リスクが伴います。

また回り込んでいる訳ですから、アナタのフォアサイド側はオープンスペースになっている可能性も高い。

であればネットに出てしっかり塞いだほうが、効率的かも知れません。

 

■回り込みフォアハンドを打てなければ、上のレベルでは戦えない

断言します。

上のレベルで、フォアハンドの回り込みをしっかり打てなければかなり苦しい。

ここぞというポイントでコートを広く使えません。

「バックハンドで攻撃できるから、俺は大丈夫!」という方もいるかも知れません。

だったら尚更、そのバックハンドも活かしつつ、フォアハンドの回り込みも活かしていければもっと勝てると思います。

しっかり練習から意識して多用して、磨いていきましょう。

 

バックハンド側に来たボールは、バックハンドで打ちましょうと最初は習います。

でなければ、バックハンドのショットが身に付きませんので、テニスを始めた当初は当然ですね。

しかし試合に出るようになれば、話は別です。

アナタ自身の武器で、積極的に勝負していくのがベスト。

しっかり自分の武器にしていくイメージを持って、育てていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう

    ダブルスの試合で、相手が並行陣になると急に手詰まり、になってしまう方。…

  2. テニス ストローク
  3. テニス リターン

    ストローク

    「繋ぎショットをマスターせよ!」テニスの試合に必須の技術のポイントは3つ

    繋ぐショットを練習してるか?自分より強い相手と戦って、勝利を得…

  4. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう

    試合で上手く、ドロップショットを使っていきたい方へ。私は何度も…

  5. ストローク

    「フルスウィングでゆっくりね」しっかり振り切ることでテニスの試合で使えるストロークに

    強さを求めているとどうしても「速さが欲しい!」「パワーショット打ちたい…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    いつもストロークで「何となくスライス回転になっているショット」を、今年は卒業したい方へ

    女性の社会人、ベテランプレイヤーの方にはストロークをスライス気味に打つ…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ポイント間の数秒で意志を確認し、決断し、伝える
  3. 戦術

    その練習を、疑おう
  4. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?
  5. サーブ

    ダブルスでサーブを打つ順番って、意外と大事
PAGE TOP