テニス 練習

ストローク

「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

「壁打ち」と言えば、テニス独特の個人練習方法。

一度は皆さんもやったことがあるのではないでしょうか。

近くにできる場所はあるんだけど、どうも緊張感が持てない、ダラダラやるだけになってしまう・・・という方、必見です。

今回は、改めてこの「壁打ち」の練習でストローク力を磨いて試合に勝てるようになる!に、着目します。

 

「壁打ちでストロークを磨く」テニス独特の練習法を有効にする4つのコツ

 


 

1.フォアとバックを意識して「しっかり両方」使って練習する

壁打ちではつい、フォアだけでダラダラ打ち続ける・・・という風になってしまいがちです。

ここで大事なのは、常に試合をイメージすること。

強い相手であれば、バック側を狙われるのはもちろん、空いたフォア側には厳しいコースでボールが飛んできます。

そういう場面も意識しながら、交互に打つ、またがバック7割、フォアハンド3割、というように相手の配球の割合をイメージして

ボールを散らして練習するのが有効でしょう。

 

2.「壁の同じ箇所」に狙いを定めてボールを集める

壁打ちでは、「どこを狙うか」という意識が希薄になりがちです。

テニスは「しっかり狙って、ボールを運ぶ」スポーツですので、無意識に広いターゲットを目標にするのでは意味がありません。

せめて30cm×30cm くらいの狙う範囲を決めて、フォア・バックの両ストロークから正確に打てるように練習しましょう。

これはネットプレーが得意な相手にパッシングショットを打つ、最高の練習になります。

しっかり狙うという意識の醸成は、壁打ちにこそあるのです。

 

3.「スライスとスピンの両回転」を使い分け、壁のはね返り方を理解する

スライスを壁に打てば、当たった箇所から少し下方向にボールは飛びます。

スピンであればその逆で、上に向かってはね返ってくるでしょう。

この感覚を壁打ちで養うと、試合でボレーヤーを相手にしたときにも非常に参考になります。

回転系のショットを使って相手のタイミングを外す、というのが、実際のボレーヤーに相対したときにも感覚として分かるようになります。

グランドストロークにしても、スライスであればよりゆったりラリーできますし、スピンであればテンポが速くなり早い準備が必要です。

この時間の感覚も、壁打ちのストローク練習では身に付けることが可能です!

 

4.壁打ちでも「ストロークを打ちきる」練習はしておきましょう!

テニスでよく、「壁は最強」と言われます。

もちろん実際の壁打ちの壁を打ち破ることはできませんので、一理あります。

それでも、実際のテニスの試合ではストロークは相手のいない場所に打って、エースを狙うという意識も必要。

そこで、何球目かには相手のいる場所をイメージしつつ、打ち切って壁打ちのラリーを終わる、という練習もしておきましょう。

相手をしっかり左右振って、浅いボールは高い打点で打切る!

そのボールは、一旦打ち続けるのは終えて一区切り。

こういう練習のメリハリは、個人練習には必ず必要です。

 

プロ選手の中にも、話を聞いていると壁打ちをしっかり経験してきた選手は多くいます。

今回紹介させて頂いたコツ以外にも、壁打ちは自分と向き合いながらできる練習ですので、自分で考える機会が増えます。

あなたも普段のサークルや仲間との練習だけではなく、こういった個人練習も積極的に行うようにしましょう。

試合では、自分の日々の積み重ねが自信になり、大事なポイントで身を結びます。

さぁ、まずは近場の「壁」で練習できる場所を探すとことから、始めましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「フォアハンドの速いストロークで攻撃していく」スタイルが危ない、その理由とは?

    高校生の皆さん、大学生の皆さんの中には、「シングルスで結果を出したい!…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「ストロークを打つときに伸び上がる人」は、いつまで経っても打点がブレるので安定しません

    ストロークを飛ばそう、飛ばそうとして下半身を使うのは有効な手段。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

    テニスを始めて間もない方、は練習でも緊張しますよね。でも、しっ…

  5. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    「両手でも片手でも」共通するバックハンドストロークの基本的なコツ5つ

    バックハンドストロークにボールを集められる機会、試合でも多いですよね。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンロブは「高い軌道のストローク」で、自然に打てるようになる
  2. フットワーク

    良いショットで悪いポジション、悪いショットで良いポジション
  3. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事
  5. 練習メニュー

    プロ選手の練習会で、気付かされた練習の本質
PAGE TOP