ストローク

ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

ほとんどの人が、実は気付いていない部分。

ストロークを打ちながら、実は動いていて安定していない。

最後の最後、で調整出来るとどこかで思っているんですよね。

これは、練習で打ち返せても試合では難しい。

なぜって、それは当然厳しいプレッシャーがかかっていますし、ちょっとの狂いがアウト、失点になっていくからです。

 

ストロークで横に流れながら打つ人は、「最後で調節する癖」を無くそう

 


 

1.動きながら、ストローク打ってない?

もう一度、見直してみて下さい。

基本は、止まって打つのがストローク。

もちろん、ランニングショットや踏み込みながらのショット等、例外はあります。

でも、ベースはやっぱり土台を作ってラケットを振り抜く。

だからスウィングスピードが出せるし、打点も安定する。

この大原則、を忘れてしまっている人、結構多いと思いますよ。

 

2.現代ラケット、の弊害だと思う

私も、実際にウッドラケットでは少ししか打ったことが無いですが・・・これは、大変ですよ。

昔のラケットって、今みたいな反発力が無いから、しっかり前に押し出さないといけない。

そうなると、土台を作っておかないとすぐに手首や肘を痛めるんですよ。

最近のラケット、は本当に優れていて、ちょっとしたスウィングでもボールを飛ばしてくれる。

だからこそ、便利な反面、中途半端な振りでもある程度対応出来てしまうんですよね。

動きながら打っても、何とか返球は出来る。

でも、それってやっぱり、実戦向きでは無いんです。

 

3.もっと良いストローク、上を目指していこう

もっともっと、私たちはストロークを安定させたいし、力強くしたい。

その為にも、最後で微調整するような動きは極力無くしていきましょう。

しっかり足を決めて、止まって打つ。

その動き、をしっかり早く行うことが大事。

動きながら打っていること、にまず気付かないとダメですよ。

普段の練習から、軸足をしっかり作れているかどうか。

改めて、意識してラリーしてみて下さい。

 

4.打点が決まらない人は、早く止まる癖を付けよう

実際に、まずはここからです。

打点がぶれている人が、すごく多いと私は思いますよ。

土台を作る、のが遅い・・・し、そもそも止まれていない。

発射台が作れていないのに、大砲を発射しているようなものですから。

コントロールがずれて当然、ですね。

最後に調整出来る、とどこかで思ってはいませんか?

それって、何とかなることは出来ても、試合では通用しない。

ぜひ、練習から早い土台作り、足を決める癖、を見直してみて下さい。

 

私も、ついこうなってしまいがちです。

不安だと、やっぱり最後まで動きたい、調整したい。

でもそれって、自分の決断力を鈍らせているだけですからね。

パッと止まってみる、そこでずれるようなら、動きそのものを変えていく。

これくらいの覚悟、がストローク力アップには不可欠ですよ。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. + POWER CUP について
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

    試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。ボレーでも…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    威力はあるけど安定感が無いストロークは、「ラケットダウン」が出来てない

    たまに入る、威力のあるストローク。でも、安定感が無いから試合で…

  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、「足」から決めて形を作ろう

    ストロークで浅いボールを攻撃していくとき、のちょっとしたコツを。…

  4. ストローク

    ストロークのクロスラリーが続かない、とお悩みの方に

    ストロークのラリーで、クロスラリーが難しいと感じている方に今回…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「ストロークの威力をワンランクアップさせたい!」と考える人は、インパクトで10cm押し…

    ジョコビッチ選手に代表されるように、ストロークで威力をアップさせるには…

  6. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復

    普段の皆さんのウォーミングアップ、は短い距離のショートラリー、からが多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の内なるものから出てくる」ことを覚悟しよう
  3. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に…
  4. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  5. その他

    満たされないから、創造性は高まる
PAGE TOP