テニス ストローク

ストローク

ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

「え?後ろじゃなくて?」と思った方も多いと思います。

いや、これ実は逆のケースも多いんです。

準備が遅いから、リズムが悪い。

焦ってしまって、腕だけ前に出してしまう。

こういう人ほど、いつまで経っても試合でコントロール出来るストロークは身に付かないんですよね。

 

ストロークの準備が遅い人ほど、打点が前過ぎてコントロールが出来なくなる

 

1.試合はコントロール勝負

試合に出ているみなさんなら、もう嫌というほど感じていると思います。

テニスの試合は、コントロール勝負。

スピードやパワーで押していける人、なんてほとんどいないし結果に波がある。

ダブルスなら、パートナーもついていけないし結果一人相撲。

試合で使えるストローク、は何よりコントロール勝負、ですから。

そのためには、打点を安定させないといけませんよね。

そのために、準備を早く終えておく、テイクバックから足を決める、のを早くする。

遅いと・・・バタバタしてこうなってしまいます。

 

2.合わせにいくと、打点が前過ぎる

やっぱり、ボールを打たないといけないプレッシャーってすごい。

でも、自分の準備が不十分・・・だと、どうなりますか?

もう、腕を前に出して「えいや!」と触ってしまう。

これで結果的に、力の入らないような場所で打つケースが多いんです。

準備がしっかり出来ていれば、自分の打点に呼び込めるストロークが打てるんですけどね。

合わせにいくようなストローク、で打点が前過ぎてコントロールが出来ない。

こういう人は、気付かないとずっとこのスタンスでのストロークが続いてしまいますよ。

 

3.打ち分けられないストロークは、試合で使えない

打点が前過ぎると、ストレートや逆クロスには打てない。

クロスには何とか、という感じで誤魔化しているだけだと思います。

打ち分けられない、というのは試合ではもう致命的。

「あの人は、ちょっと深いボールはクロスにしか打てないな」と、バレてしまいますから。

そうならないために、準備を早くして打点を安定させる。

慌てている自分、に気付かないとストロークはずっと変わらないですよ。

 

4.バックハンド、からまずは見直してみましょう

苦手意識があるショット、ほどこの前で触りたい傾向は強い。

ストロークだけじゃなく、ボレーもですね。

みなさんのバックハンド、どうでしょうか?

なるべく早く打ち返したい、意識が強すぎて、力の入らないような前の打点で打ってはいませんか?

少しで良いので、溜めて待つようなポイント、を作らないとずっとそのままでしょう。

早い準備、はアナタが思っている10倍早い準備、が必要だと思って下さい。

でも意識出来れば、必ず変わります。

試合向けの、コントロール重視のストローク、になっていくはずです。

 

打点が前なら良い、という訳でもありませんよね。

自分が一番力が入る、打点にしっかりラケットが加速して当たること、が大事。

準備を早く、その打点にボールを引き付けること。

この基本、ぜひ見直してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    トップスピンのストロークが苦手な人は、打ち終わりの肘の位置が低い人が多い

    回転系のストローク、しっかりスピンをかけて相手を追い込みたい。…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ネットミス、アウトミスを減らすストロークの大原則

    シングルスでもダブルスでも、試合で熱くなるとつい忘れがちなこと。…

  3. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロークを身に付けよう!

    ストロークとかボレー、スマッシュやサーブと色んなショットがあるけど、ど…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを力強く打ち込んでくるハードヒッターは、相手の打点をしっかり見れば反応出来る!

    相手のハードヒットに、押されて手も足も出ない・・・ようなとき、まずは冷…

  5. テニス 守備

    ストローク

    テニスの試合では、「自分のショットが甘くなる」ことも想定して、素早く切り替えの準備を!

    自分のチャンスで、相手を攻撃していく。テニスの試合ではよくある…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
  2. テニス 部活

    メンタル

    「練習でマイナスなオーラばかり出しているテニス部員」は、今すぐコートから退場して…
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで「肘の曲げ伸ばし」を使えると、ボレーにパンチ力とスピードが伝わる
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときに、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコ…
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    試合に強いダブルスは、「0-40、15-40からスコアを戻せる」その為の作戦意識…
PAGE TOP