テニス スライス

ストローク

「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであれば、上のライバルに勝ちたいと思いますよね。

それも身内だけじゃなく、大会でシード選手も倒して結果を出したい・・・という方、多いと思います。

その為に、自分のテニスをどうしていけば良いのか。

難しい問題ですが、まず強い相手と戦うときに欠かせないのが「守備力」です。

相手の攻撃を凌ぐ技術が無ければ、まず競った試合に持ち込むことも難しいのがテニスというスポーツ。

そこで今回は、このテーマで書いてみようと思います。

 

「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

 


 

■テニスに必要な「守備力」とは?

テニスはサッカーやバスケットボールのように、ボールを自分で「キープ」することはできません。

攻撃されていても、まずは相手に返球しなければそのまま失点になってしまうスポーツです。

そこで必要なのは、「時間を稼ぐ」という考え方。

自分がボールを打って、相手がボールに触るまでの時間をできるだけ稼ぐことで、自分の態勢を立て直してオープンスペースをカバーすることができます。

 

■ストロークにおける「スライスショット」の必要性を考えてみる

特にストロークでは、相手に左右に振られたときに対応できるよう、スライスの技術があると非常に有利です。

なぜならスライスは打点が後ろでも返球でき、やっと手を伸ばして追いついたボールでも、相手コートに返球することができます。

これを無理にスピンで打とうとしてミスする人が多いですが、それはミスではなく無謀な掛けのようなもの。

試合では、しっかり粘ってチャンスを待つ場面が絶対に必要です。

 

■格上選手との試合に勝ちたければ、ストローク戦をどう戦うか

特に格上の選手と戦うときには、この守備力がベースになります。

相手にできるだけリスクを負って攻撃させ、簡単に決めさせないこと。

その為には、返球できる確率の高いスライスショットが、ストロークでも不可欠になります。

 

■スライスの技術を習得すれば、未来は明るい

でも、「スライスなんて、おじさんみたい・・・」と思っている、そこのアナタ。

もしアナタが早いショットを得意にしているなら、それを活かす為にもスライスのショットはお勧めです。

さらに磨いていけばボレーにも応用できますし、上からのダウンスィングは体力を消耗しにくいのが利点です。

いざ、試合で体力的にきつくなったときにも、スライスショットのストロークがあれば、泥試合を制することができるかも知れません。

 

人は、緊張したときほど何かに頼りたくなります。

そんなときに、厚いグリップで思い切ったスピンを振りきれますか?

振り切れる場面もあるでしょうが、スライスというオプションも持っておくと勝てる相手も増えます。

若い学生の方も、ぜひ今から積極的にスライスショットを磨いて試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ボレーヤーをストロークで崩すなら、ラストは前しかない!

    ボレーヤー相手に、ストロークで崩していきたい。これは、特にダブ…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「実はこれが究極のショット」テニスの試合の勝敗は、バウンド後の軌道が肝!

    テニスの試合が始まると、相手を観察しないといけない。どういう攻…

  3. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること

    ライジングショットのコツ、一言で言えばこれでしょう。みなさんが…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで「ライジングショット」を打ちたいなら身に付けるべき4つの基本

    昨年からの錦織選手の活躍、テニスファンならずともテレビに観入ってしまう…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  6. ストローク

    プロ選手に影響を受けやすいけど、「ストロークのスタンスはオープン?クローズ?」の問題について

    ストロークのスタンスって、大きく分けるとオープンスタンスとクローズスタ…

特集記事

  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  2. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない
  3. サーブ

    サーブを打つ前に、次でフォアに回り込む覚悟を!
  4. テニス メンタル

    戦術

    「何をすれば、損なのか?」を、テニスの試合では考えよう
  5. テニス シングルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、「簡単なミスをしない為」に必要な意識5つ
PAGE TOP