テニス フットワーク

ストローク

サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

相手を動かして、ミスを誘う。

これは、テニスのショットの基本です。

でも、動かそうと思って厳しいところを狙ってばかりでは、こちらが先にミスしてしまう。

大事なのは、うまく回転を利用するということ。

硬式テニスは、そもそもボールに回転をかけるスポーツ、ですからね。

 

サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

 

1.ラケットもボールも、全ては回転の為に

ラケットのガット、ボールのフェルト、全ては回転をかけるため、だと私は思っています。

回転をかけやすい、そんな環境が硬式テニスには備わっている。

ガットにフェルトが引っ掛かって、滑るようにして回転がかかる。

だからこそ、ラケットが振り切れて安定する。

フラットなボールもありますが、無回転というボールはほとんど無い、でしょう。

だからこそ、アナタは回転をマスターしないといけない。

マスターする、ということはどういうことか。

私はこのポイントが大事、だと思っています。

 

2.回転を極めるとは、バウンド後の軌道を完成させること

テニスでは、ボールがバウンドした後に変化する。

回転がかかったボールだと、すごく変化が激しいですよね。

スピンなら伸びる、スライスなら止まる。

でも、細かい横回転もかかっているから横に滑るようなスライス、だってある。

回転を極めると、きっとこの「バウンド後の変化」が自分のイメージ通りになるんだと思います。

私も練習中ですが、ぜひ「サイドスライス」横回転をかけることを覚えて欲しい。

そうすると、バウンド後にコートから外に逃げていくスライス、が打てるようになりますから。

そしてこのショット、本当に使えるのは「打点が低くても打ちやすい」からなんです。

 

3.低いストロークは、どんどんスライスを使おう

私もそうですが、低い打点になったときに、スピンで持ち上げるのって辛くないですか?

ラケットダウンさせて、自分も膝を曲げて腰を落として・・・もちろん、それが基本なんですが。

だったら、スライスを使いたい。

ラケットの先を落として、ボールの横を打ってサイドスライス、で私は良いと思います。

錦織選手のドロップショット、なんてまさにこれでしょう。

フォアハンドの逆クロスへのスライス、あれは横回転が効いているサイドスライス、なショット。

難しいように見えますが、リラックスして「ボールの触る場所を、横にする」だけでOK。

大事なのは、使って相手を動かしていく、というイメージです。

 

4.外に逃げていくスライスは、返球が難しい!

みなさんも、打たれたらそうですよね。

横回転で逃げていくスライスは、返球が難しい。

なぜなら、自分との距離感が測れないので打点が決まらない、打点が遠くになってしまうからです。

深いショット、浅いショットなら、打点はさほどぶれないでしょう。

でも、ボールが横に逃げていくと・・・身体を寄せていくのが、かなり難しい。

きっと、当たり損ないのようなミスショット、が相手から引き出せるはずなんです。

 

スライスは、ボレーだけじゃない。

ストローク、特に浅いボールの処理には持って来いです。

サイドスライス、を練習して、バウンド後の変化もしっかり見ておきましょう。

自分のイメージ通りか、そうじゃないのか。

この確認を繰り返すこと、が練習ですから。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    打ち込みながらもシコってくる、ストローカータイプの強者はどう料理する?

    現代テニスの申し子、のような選手。しっかり粘りながらも、浅いボ…

  2. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!

    試合の中で、ラケットを振りきれない人は攻撃が出来ない。せっかく…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ボールに合わせること、を止めてみよう

    テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。最初はこれ…

  4. テニス ガスケ

    ストローク

    攻撃的なフラットショットを打ちたいなら、ラケットの振り幅は小さい方が良い

    フラットショット、私はどちらかと言えばほとんど使わない。と言い…

  5. テニス テイクバック

    ストローク

    現代テニスでは、「ジャックナイフ式バックハンド」は打てないと弱点になる、くらいの危機感が大事です

    ジャックナイフというテニスの技術、かつては「テニスの王子様」の漫画の中…

  6. テニス リターン

    ストローク

    高い打点の両手バックハンドストローク、ココを変えれば攻撃的に返球出来る!

    女性の方で、ココ苦戦している方多いですよね。高い打点の、両手バ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない
  2. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「試合中に雰囲気がすぐ悪くなるペア」の特徴4つ
  4. テニス 雪

    その他

    「雨、じゃなくて雪も降り出す…」ときのテニスの試合における注意点4つ
  5. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?
PAGE TOP