テニス フットワーク

ストローク

サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

相手を動かして、ミスを誘う。

これは、テニスのショットの基本です。

でも、動かそうと思って厳しいところを狙ってばかりでは、こちらが先にミスしてしまう。

大事なのは、うまく回転を利用するということ。

硬式テニスは、そもそもボールに回転をかけるスポーツ、ですからね。

 

サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

 

1.ラケットもボールも、全ては回転の為に

ラケットのガット、ボールのフェルト、全ては回転をかけるため、だと私は思っています。

回転をかけやすい、そんな環境が硬式テニスには備わっている。

ガットにフェルトが引っ掛かって、滑るようにして回転がかかる。

だからこそ、ラケットが振り切れて安定する。

フラットなボールもありますが、無回転というボールはほとんど無い、でしょう。

だからこそ、アナタは回転をマスターしないといけない。

マスターする、ということはどういうことか。

私はこのポイントが大事、だと思っています。

 

2.回転を極めるとは、バウンド後の軌道を完成させること

テニスでは、ボールがバウンドした後に変化する。

回転がかかったボールだと、すごく変化が激しいですよね。

スピンなら伸びる、スライスなら止まる。

でも、細かい横回転もかかっているから横に滑るようなスライス、だってある。

回転を極めると、きっとこの「バウンド後の変化」が自分のイメージ通りになるんだと思います。

私も練習中ですが、ぜひ「サイドスライス」横回転をかけることを覚えて欲しい。

そうすると、バウンド後にコートから外に逃げていくスライス、が打てるようになりますから。

そしてこのショット、本当に使えるのは「打点が低くても打ちやすい」からなんです。

 

3.低いストロークは、どんどんスライスを使おう

私もそうですが、低い打点になったときに、スピンで持ち上げるのって辛くないですか?

ラケットダウンさせて、自分も膝を曲げて腰を落として・・・もちろん、それが基本なんですが。

だったら、スライスを使いたい。

ラケットの先を落として、ボールの横を打ってサイドスライス、で私は良いと思います。

錦織選手のドロップショット、なんてまさにこれでしょう。

フォアハンドの逆クロスへのスライス、あれは横回転が効いているサイドスライス、なショット。

難しいように見えますが、リラックスして「ボールの触る場所を、横にする」だけでOK。

大事なのは、使って相手を動かしていく、というイメージです。

 

4.外に逃げていくスライスは、返球が難しい!

みなさんも、打たれたらそうですよね。

横回転で逃げていくスライスは、返球が難しい。

なぜなら、自分との距離感が測れないので打点が決まらない、打点が遠くになってしまうからです。

深いショット、浅いショットなら、打点はさほどぶれないでしょう。

でも、ボールが横に逃げていくと・・・身体を寄せていくのが、かなり難しい。

きっと、当たり損ないのようなミスショット、が相手から引き出せるはずなんです。

 

スライスは、ボレーだけじゃない。

ストローク、特に浅いボールの処理には持って来いです。

サイドスライス、を練習して、バウンド後の変化もしっかり見ておきましょう。

自分のイメージ通りか、そうじゃないのか。

この確認を繰り返すこと、が練習ですから。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事

    試合の中で、相手から深いボールで攻撃される。その時に、つい「何…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?

    ストロークで腰が引けてしまう人、多くない?そういう俺も腰が引け…

  3. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  4. ストローク

    ハーフバウンドのストロークは、低い態勢のままフィニッシュ

    相手のストロークが深くて、自分が下がれない時。こういう時には、…

  5. ストローク

    「深いストロークはなぜ有効なのか?」についてハッキリさせておこう

    試合の中で、練習の中で「深いストローク」は基本中の基本。改めて…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークが弱過ぎる・・・と悩む、女性やシニアのみなさんへ

    ストローク力を高めたい。でも、なかなか身体を大きく使って打てな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  2. テニス 準備

    フットワーク

    ストロークのスライスの滞空時間を甘く見ていると、アナタはいつまで経っても相手を攻…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  5. サーブ

    ボールを下に突く、のにもコツがある
PAGE TOP