テニス サーブ

サーブ

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

試合で緊張した場面で、ラケットをしっかり振り切ってサーブを打つ。

これが自信を持って出来ている言える方、どれくらいいるでしょうか・・・?

実は社会人のテニスプレイヤー、スクールの上級者の方に聞いてみても「サーブは振り切る自信が持てない・・・」という方が多くいます。

もちろん練習量は必要ですが、まずはこの「振り切る」というラケット動作を客観的に考えてみましょう。

 

「スピンサーブをしっかり振り切って打つ!」為に必要なラケット動作とは?

 


 

■ラケットを振り切る、ということはどういうこと?

ラケットを振り切る、ということをシンプルに考えてみましょう。

腕をしっかり伸ばした状態まで、自然にスィングが到達しているかどうかが一つのポイントになります。

ボールに当たったところで止めてしまう方も多いサーブですが、スィングの中にボールが入ってくるイメージが大切です。

その為には、もちろん正確なトスアップの練習も必要になりますね。

 

■振り切るスピンサーブは女性でも充分打てます

「振り切る」という言葉からは、どうしても速いスィングスピードをイメージしがちですが、ゆっくりでも振り切ることが大切です。

そうすることで、ボールに回転は必ずかかります。

まずいのは、ラケットに当ててラケットを止めてしまうこと。

俗に言う、「羽子板サーブ」になってしまうと、振り切るサーブへの道は険しくなります。

まずはゆっくり上にスィングする練習から初めて、そこからグリップを調整していきましょう。

 

■薄いグリップの習得は必要、思い切って変えてみる勇気が必要

「薄いグリップ」と聞いても、テニスを初めて間もない方はなかなかイメージし辛いですよね。

まず大切なことは、コーチや知り合いの方から教わったこと、本で見て学んだことをしっかりと自分で「実践」してみて下さい。

最初は間違いなく、「打ちにくい・・・」と感じると思います。

そこで身に付けるのに必要なものは、少しの勇気。

試合に勝つ為には、自分を変えていく勇気と決断力が必要です。

 

■ラケットは向きを変えながら頭上で動いていく

なぜ薄いグリップで振り切るのが難しいか・・・というと、サーブ独特のラケット動作にあります。

頭上では、手のひらと同じように小指から降り出して徐々に手のひらが返されていくような動きになりますので、ボールに当たる瞬間がまさに手のひらが前を向くような特殊な動きになります。

この返す動きで、ボールに回転をかけることができるのです。

振り切る意識でこの動作ができるようになれば、アナタのサーブは格段にレベルアップするでしょう!

 

いくつか動作のコツを書いてみましたが、大切なには出来るだけ全体をシンプルに、トスアップからのリズムを意識すること。

このリズム感はコート以外の場所でも練習できます。

イメージトレーニングを、ぜひご自宅でもやってみて下さい。

ラケットを持たなくても、腕をしっかり振る練習をしておけばサーブに必要な肩が出来上がってきます。

上にしっかり伸ばした状態まで振れるよう、試合をイメージしながらぜひ継続してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?

    試合の中で、「セカンドサーブを叩かれる」と心が折れそうになる。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!

    スライスサーブといえば、ワイドに切れていくことで有効なサーブ。…

  3. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めてみよう!

    サーブを打った後、皆さんはどんな態勢になっているかイメージ出来ています…

  4. サーブ

    テニスの実力差、が一番出る数値

    昨日、学生リーグ戦の試合を観戦して来て、一番感じたこと。上を目…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「サーブを打つ前に、どこを見る?」基本的な順番から覚えましょう!

    サーブはルーティン動作。同じ動作を繰り返すから安定するし、精神…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

特集記事

  1. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  3. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは…
  4. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よ…
PAGE TOP