サーブ

テニスの実力差、が一番出る数値

昨日、学生リーグ戦の試合を観戦して来て、一番感じたこと。

上を目指すうえで、大事な数値、確率。

これって意外と、意識薄いのかなと思います。

私たち一般の試合では、細かい試合の数値、スタッツは残らない。

ですから、相当強く意識して、試合を進めていかないと負けてしまう。

それがサーブ、ファーストサーブの確率です。

 

テニスの実力差、が一番出る数値

 


 

1.ファーストサーブが入る確率、把握出来てる?

自分の中で、把握出来てますか?

自分のファーストサーブが入る確率、その数値の平均値。

そして、良いとき、悪いときにどれくらい差がひらくものなのか、を。

ほとんどの人は、漠然としか感じていない。

あまり重要ではない、と思っている方も多いでしょう。

「セカンドサーブがあるんだから、強打していけばそれでOK」くらいでしょうか、特に男性のみなさんは。

女性のみなさんは、「どうせ入っても威力は無いし、セカンドも変わらない」と思ってる方も、多いでしょう。

甘い、甘過ぎるんです。

 

2.強い選手は、セカンドサーブが不利なのを知っている

相当不利、致命的なくらい不利なんです。

それは、サーブのボール自体の威力が落ちるから、だけじゃない。

サーブを打つことで自分自身がエネルギーを使い、不安なままプレーに入るから攻めれない。

色々な負の要素が、一気に増えるんです。

ダブルスなら、前衛も萎えてしまいますしね、ファーストが入らないと。

損失が大きい、あまりに大きいことに気付かないと変われないですよ。

 

3.「セカンドサーブがある」と、思ってる?

でも、結局失点してないですか?

ダブルフォルトでも、相手に攻められて失点でも、とにかくセカンドサーブからはしんどい。

しっかりデータを残せば、明確になるはずです。

アナタ自身が「良い試合が出来た!」と感じるときは、間違いなくファーストサーブが入って良いリズムになれているとき。

これを忘れずに、自分の試合の中での普通のリズムに変えていく。

どうでしょう、これだけでかなり勝てるようになると思いますよ。

 



 

4.ダブルスこそ、ファーストサーブ!

私は、こう考えています。

まだ、シングルスの方が誤魔化しが効く。

ダブルスは、セカンドサーブになると相当厳しいんです、サーブ側が。

味方の前衛をアタックされるし、サーブ&ボレーでは足下に厳しく沈められる。

女子ダブルスなら、簡単にロブで合わせられる。

セカンドサーブなったら、相手リターンも前に来ますからね。

セカンドサーブがあると思って、それが入れば良いと思っている人、危険です。

というか、試合で勝てないです、そのままだと。

 

私も昔は、そうでした。

ファーストサーブは入ればラッキー、でも・・・それだと勝てなかった。

試合に強い選手は、しっかりとファーストサーブを入れて来ますからね。

強気にラリーできるし、乗っていける。

この意識だけで、かなり試合の結果は変わって来ると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス リターン
  2. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません

    各選手の特徴を観ていて、面白いと思うのがサーブ。これだけ指導法…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でのサーブ、ファーストもセカンドも、「スウィングスピードは同じ」だからサーブは安定する

    ファーストサーブとセカンドサーブ、アナタはどんな「差」を付けていますか…

  4. サーブ

    「野球のピッチング練習」を見て感じた、テニスのサーブ練習にも必要な声掛けについて

    この前ふと、プロ野球のピッチャーの投球練習を観ていて気付いたことが。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考えてみる

    テニスの初心者から初中級者の方にとって、サーブはなかなか緊張するもの。…

  6. サーブ

    サービスエースは、フォアハンド側が多い

    サービスエースは、必要無い。私は、何度かこういう感じで記事を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分
  2. 戦術

    サービスゲーム、両サイドの考え方
  3. テニス ストローク

    シングルス

    アタック後のポジション、ボール方向へ
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  5. 戦術

    試合では、偶然取れたポイント、じゃなくて、「意図的に取れたポイント」を増やしてい…
PAGE TOP