テニス リターン

リターン

「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

マッチポイント、絶対に取りたい・・・。

と、意気込んで挑む中でも、こういう冷静さが欲しいですね。

相手の立ち場に立ってみる、とテニスはすごく試合がやりやすい。

例えばリターンゲーム、あと1本。

ブレイクすればそのまま試合に勝利・・・という場面、相手は何を考えているでしょう?

きっと、このアイデアが役立つと思いますよ。

 

「ダブったら負け」のシチュエーションで、相手は絶対にファーストサーブを入れに来る

 

1.相手の立ち場になってみると・・・?

私がもしサーブを打つ立場だと・・・。

1セットマッチ、4-5、30-40、のような場面。

まず絶対に嫌なのは、「ダブルフォルトで終わる」こと。

同じ負けでも、これは絶対に嫌。

ダブルスならパートナーにも本当に申し訳無いし、見ている人にも恥ずかしい、情けない。

だからこそ、です。

ファーストサーブを、絶対に入れたい。

セカンドサーブを打つ、なんてことはしたくない。

この感覚、皆さんも近い感じじゃないでしょうか?

 

2.ファーストサーブの威力は、絶対に落ちる

私がリターン側なら、こう考えて前に入る。

ポジションを上げて、しっかり攻撃出来る準備を整える。

ファーストサーブ、絶対に今までの感じとは変わります、マッチポイントを握られている時って。

こういうしたたかさを、ぜひ皆さんも意識して欲しい。

結果的に良いサーブが入る、リターンがミスになる、ことはあると思いますよ。

でもマッチポイントの準備、をしているかどうかが大事なんです。

相手の立ち場になって、考えてみる。

この癖を日ごろから意識していれば、自然とこういう発想になると思いますよ。

 

3.ダブルスの試合なら、前衛に・・・注意!

こういう場面、ダブルスの試合なら要注意です。

相手の前衛は、「まずい・・・サーバーがサーブでいっぱいいっぱいだから、ポーチに出ないと!」と思っているかもしれない。

もしそうなら、すごく手強い前衛です。

試合の中で、相手の性格もしっかり考察しておく。

もし動いてくるような相手なら、ストレートへの配球やロブ、も視野に入れておく。

とにかく、マッチポイントはダブルスなら4人全員が、「試合が終わるかもしれない」と考えて動く。

その動きを、どう察していくのか・・・難しいですね。

ただ単純にファーストサーブを入れにくるから、叩いていく、だけだと厳しいでしょう。

特に、強い相手に対しては、です。

 

4.それでもマッチポイントは、一度逃すかもと心得ておく

相手のファーストサーブ、狙い通りに入れに来た・・・チャンス!

と思って攻撃しても、結果的に粘られてデュース、5-5になって・・・というのは、有り得ます。

むしろ、相手のサービスゲームですからね。

ブレイクポイントでマッチポイント、取れないことも覚悟しておきましょう。

作戦通りになって上手くいかないと、必要以上に落ち込む人、いるじゃないですか。

それって、勿体ない。

作戦通りに進んでも、最後に上手くいかないことが多いのがテニス。

試合って、そういう覚悟の準備も大事なんです。

 

最後の1ポイント、いかに取り切るのが難しいのか・・・皆さんも、経験ありますよね。

今回のも、ほんの一つのアイデアでしかない。

でも、ちょっとだけ試してみようかなと思えたら、きっとそれだけ冷静に試合が運べているということ。

相手の立ち場になって、考えてみる。

そして、遠慮なく倒していく。

人間同士ですから、考えていることはテニスでも近しいはず。

そうは思いませんか?

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    相手のサーブの本質を、を見抜こう

    試合の中で、リターンゲーム。テニスの試合は、必ずサーブかリター…

  2. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

  3. リターン

    ダブルス上級者を目指すなら、「リターンからのチェンジプレー」も対戦相手に積極的に見せていこう

    ダブルスの試合、「リターンをポーチに出る」という作戦を実践しているペア…

  4. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険

    これは、私がシングルスの試合で考えていること。リターンをずっと…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法
  2. テニス 錦織圭

    ストローク

    錦織選手のように「厚いグリップからコンパクトに振り抜くフォアハンド」を身に付けて…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「ミスが多いから丁寧にいこう‥」と意識し過ぎると、今度は足が止まってしまう人はど…
  4. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然…
  5. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジショ…
PAGE TOP