テニス ストローク

サーブ

相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。

相手がダブルフォルトした後には、ファーストサーブを入れたくなるのが人の常。

そこをしっかり突いていけるかどうか・・・が、試合では大事なポイントです。

相手が落ち込むようなポイントには、どんどんつけ込んでいく。

テニスの試合では、卑怯な手でもなんでもなく、鉄則です。

 

相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

 

■ダブルフォルトは、ただ失う1ポイントではない

ダブルフォルトが試合に与える影響、もしかしたらアナタは過小評価しているかも知れません。

精神的にダメージが大きいのはもちろん、次のポイントにも大きな影響を与えます。

当然、ダブルフォルトの次はファーストサーブを入れにいきたいと考える。

そこをしっかり突いていけるかどうかが、試合で精神的に優位に立てるかどうかの鍵を握ります。

 

■相手の立場になって考える、ことが出来れば試合でやるべきことが見えてくる

自分のことでいっぱいいっぱいになっていては、テニスの試合は厳しい。

せっかく相手がダブルフォルトのようなプレゼントをくれている訳ですから、1ポイント以上活用していきましょう。

よく、「活かしていこう!」と団体戦で声をかけている人がいますが、その活かし方、しっかり具体化できていますか?

ただお決まりのセリフのように叫んでいるだけでは、いつまで経ってもテニスは成長しません。

 

■リターンで攻撃的になることは、強打ではない

相手は、「まずサーブを入れたい・・・」と考えている。

ということは、入った後の作戦は曖昧になっている可能性が高いですよね。

であればしっかり深くリターンを返して、そこから丁寧な展開で相手を追い込みたい。

きっと慌ててロブを上げてくるか、強打で一か八かの作戦に出て来るでしょう。

そうなれば、相手のダブルフォルトのポイントを「活かした」ことになるのです。

 

自分のダブルフォルトには悲喜こもごもなのに、相手のそれには「ラッキー」くらいにしか考えていない。

もっと相手の表情や仕草、見てみましょう。

きっと落ち込んでいたり、切り替えていたり、そういうのを感じることが出来るはず。

相手のミスにつけ込んでいく姿勢は、もっと貪欲に磨いていきましょう。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕の役割は、決して「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多い

    試合の中で、サーブが入らなくなるとき。特に男性の方では、こうい…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのトスが安定しない人は、「早めに上を向いた形」を作ることで軌道が安定します!

    良いサーブは、安定したトスアップから。分かっているけど、なかな…

  6. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ダブルス

    メンタル

    テニス選手の中でも、「モチベーションのコントロールが上手い人、下手な人」の違いは…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  3. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  4. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう
  5. テニス ミス

    サーブ

    「みんなに注目されているみたいで、サーブが苦手…」な人は、少し自意識過剰かも
PAGE TOP