テニス ロブ

リターン

テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

目次

リターンダッシュで、ネットを取る。

サーブを打ち終えて安心している相手に、効果的にプレッシャーをかけるのにはこれが一番。

でも、前に入りながらリターンって・・・難しそうで・・・。

と、思う方に改めて一番のポイントとなるコツを。

打ち終わりを意識すれば、リターンダッシュは簡単です。

 

テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

 

1.コツは「身体を少し、ボールに寄せて」リターンしていくこと

打点が近いと、皆さん打ちにくいですよね。

でも、それって良い意味で言えば「ムダなスウィングが出来なくなる」ということ。

私はいつもリターンダッシュ、特に相手の強力なサーブを打って前に出るときには、意図的に打点を「近く」設定します。

身体を寄せていく、ようなイメージですね。

そうすると、自然にテイクバックもフォロースルーも小さくなる。

小さくなるから、打ち終わりがコンパクトになってすぐにボレーの構え、グリップに移行出来るんです。

 

2.身体を寄せていく、と思えば自然とバウンド地点に踏み込んでいける

リターンダッシュで必須なのが、この前に向かっていく力。

バウンド地点にしっかり、自分から身体を寄せていかないとタイミング速くボールを捕らえることは難しいですよね。

向かっていく、というとやっぱり怖いですしミスも増えそう、だから言葉を変えてみる。

「寄せていく」という言葉、で自分を確認出来ると良いでしょう。

あくまで冷静に、シンプルに、ハードヒットしないけどタイミング速く。

多少窮屈でも、その方がリターンは安定すると思いますよ。

 

3.速く曲がるサーブほど、待っていないで前に入って打とう

もう既に、試合に出ている皆さんならご存知でしょうが、速いサーブは下がっても厳しい。

返球は出来ても、そこからまた挽回していくのが難しいですよね。

だからこそ、まず強いサーブは自分から前に入っていく、リターンダッシュのような作戦で「恐れていないよ」ということを伝えていかないと。

気持ち良くサーブを打たせているうちは、いつまで経っても苦しいのは言うまでもありません。

身体を寄せて、リターンダッシュ。

やってみると、意外に上手くいくと思いますよ。

 

窮屈なのって、誰でも嫌ですよね。

でも、つい力が入って大きくなる動作を、小さくする作業はテニスに必要。

自分で変えていく、考えて実行していく。

意外とリターンって、その宝庫ですよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  2. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

  3. テニス メンタル
  4. テニス 守備

    リターン

    ミックスダブルスの試合、「男性の重たいサーブを返球したい」なら意識したい4つのポイント

    ミックスダブルスの試合で、勝敗の差が付くポイント。色々あります…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンは前足で踏み込むタイミングとラケットの動き、を合わせてパワーアップ!

    コンパクトなリターンで、相手を攻撃していく。リターンの時に、い…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ミックスダブルスで、スライスのリターンが有効なコース5つ

    ミックスダブルスで、有効なリターン。それは、スライスを上手く使…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    なぜ、オープンスタンスは守備範囲が拡がるのか?
  2. テニス 体力

    戦術

    試合の中で良い流れは、「自分たちで持って来る意識と、武器」が何より大事
  3. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?
  4. テニス ボレー

    ストローク

    相手のドロップボレーは、読めるようにならないと試合で勝てない
  5. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本
PAGE TOP