テニス ロブ

リターン

テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

リターンダッシュで、ネットを取る。

サーブを打ち終えて安心している相手に、効果的にプレッシャーをかけるのにはこれが一番。

でも、前に入りながらリターンって・・・難しそうで・・・。

と、思う方に改めて一番のポイントとなるコツを。

打ち終わりを意識すれば、リターンダッシュは簡単です。

 

テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

 

1.コツは「身体を少し、ボールに寄せて」リターンしていくこと

打点が近いと、皆さん打ちにくいですよね。

でも、それって良い意味で言えば「ムダなスウィングが出来なくなる」ということ。

私はいつもリターンダッシュ、特に相手の強力なサーブを打って前に出るときには、意図的に打点を「近く」設定します。

身体を寄せていく、ようなイメージですね。

そうすると、自然にテイクバックもフォロースルーも小さくなる。

小さくなるから、打ち終わりがコンパクトになってすぐにボレーの構え、グリップに移行出来るんです。

 

2.身体を寄せていく、と思えば自然とバウンド地点に踏み込んでいける

リターンダッシュで必須なのが、この前に向かっていく力。

バウンド地点にしっかり、自分から身体を寄せていかないとタイミング速くボールを捕らえることは難しいですよね。

向かっていく、というとやっぱり怖いですしミスも増えそう、だから言葉を変えてみる。

「寄せていく」という言葉、で自分を確認出来ると良いでしょう。

あくまで冷静に、シンプルに、ハードヒットしないけどタイミング速く。

多少窮屈でも、その方がリターンは安定すると思いますよ。

 

3.速く曲がるサーブほど、待っていないで前に入って打とう

もう既に、試合に出ている皆さんならご存知でしょうが、速いサーブは下がっても厳しい。

返球は出来ても、そこからまた挽回していくのが難しいですよね。

だからこそ、まず強いサーブは自分から前に入っていく、リターンダッシュのような作戦で「恐れていないよ」ということを伝えていかないと。

気持ち良くサーブを打たせているうちは、いつまで経っても苦しいのは言うまでもありません。

身体を寄せて、リターンダッシュ。

やってみると、意外に上手くいくと思いますよ。

 

窮屈なのって、誰でも嫌ですよね。

でも、つい力が入って大きくなる動作を、小さくする作業はテニスに必要。

自分で変えていく、考えて実行していく。

意外とリターンって、その宝庫ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について

関連記事

  1. リターン

    リターンで攻撃していく時も、軸足作りを徹底しよう

    攻撃的なリターンで相手を追い込んでいくとき。つい、前がかりにな…

  2. テニス ボレー

    リターン

    左利きのサーブに苦戦してるなら、思いっきり外側に立とう

    左利きのサーブに、苦戦を強いられる。これは、右利きのテニスプレ…

  3. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

    ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。何度か…

  4. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?

    試合に出ていると、色々な相手と戦います。サーブが速い人、遅い人…

  5. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

  6. リターン

    錦織選手に学ぶ、「ビッグサーバーとはこう戦え」

    先ほど、見事3回戦も勝利!それにしても、2回戦のカルロビッチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 吹き出し

    メンタル

    いつまで経っても、「テニスの試合に勝てない人」の口癖4つ
  2. テニス ミス

    メンタル

    「相手、もう試合を諦めたな・・・」と感じた瞬間から、アナタのテニスが崩れていく要…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「スピンスライスサーブ」を使えると、相手のタイミングをずらせて効果…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    気持ちがこもったテニスとは、球際でも回転をかけられるテニス
PAGE TOP