テニス リターン

リターン

シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・・・という方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、シングルスでのリターンに注目してみます!

リターンからの攻撃は、相手にどんなプレッシャーを与えてどんな効果があるのか・・・をしっかり理解しておくことで、試合にもっと勝てるようになる。

またその作戦を理解することで、アナタのサービスゲームにも役立てることが出来るはずです!

 

シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

 


 

1.ネットプレーが「上手い」と相手に思わせることができる!

アナタ自身がネットプレーが苦手でも、相手がどう感じるかが重要。

積極的にネットに出て来る相手は、非常に対戦していて嫌なもの。

序盤でネットでポイントを獲られると、1ポイント以上の価値があると思いませんか?

特にリターンから積極的に前に行くことで、「この選手はボレーが得意なんだな・・・」と、相手に印象付けることが出来ます。

そうなると浅いボールを打てない⇒深く打たなきゃ⇒アウトミスが増える、といった効果も期待できます。

 

2.セカンドサーブを「打ちたくない!」と思わせる

甘いセカンドサーブをしっかり攻撃できると、相手は「ファーストを入れないと、厳しい・・・」という印象を持って、それがプレッシャーになっていきます。

セカンドサーブになったときには自信を失い、リターンに恐怖を覚えるくらいになってもらいましょう。

何も「攻撃的で精度の高い」リターンが打てなくても、前に行くという行為を加えることで、アナタのリターンは相手にとって脅威になります

そうすれば、相手サーブのブレイクもたやすいはず!

 

3.リターンに良いリズムが生まれやすい

「リターンが苦手だから、リターンダッシュなんてとても無理・・・」と思っている方、違います。

リターンが苦手な人は、とにかくリズムが悪く受け身になっている場合が多い。

サーブを待って打とうとするから、タイミングが合わせ辛いし相手に主導権を握られる。

思い切って自分から打ちにいくことが、リターンには重要です。

攻撃的になることで、しっかりと良いリズムが生まれてくるのがテニス。

逆転の発想で、リターンから攻撃していく楽しさを覚えてみましょう。

 

4.リターンが大好きになれる

リターンからポイントのパターンが作れると、気持ちも楽になります。

私の場合は相手バック側にスライスでリターンダッシュ、ロブを上げさせてスマッシュ、というのが一つの得意パターンになっています。

もちろん相手にやられるときもありますが、作戦の一つとして持っておくことで、15-40、30-40 のようなゲームポイントで積極的なプレーが出来るようになるはずです。

リターンダッシュは見た目にもはっきりした作戦ですので、相手にとってもその印象は大。

そこでブレイクしたら、きっとそのまま良い流れで自分のサービスゲームに入っていけるでしょう。

 

リターンからの攻撃は、試合の中で多くの人が軽視しているポイントの一つ。

一般レベルの大会では、セカンドサーブは充分攻撃できる。

これは断言できます。

ぜひ普段の練習から、サービスの球出しからの攻撃、そこのリターンダッシュを混ぜて練習してみて下さい。

きっと試合の中で使えるパターンに、育っていってくれるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  2. テニス 準備

    リターン

    サーブの調子が良い相手には、遠慮なくロブリターンを

    試合で勝ち上がっていくと、相手のサーブはどんどん強力になる。ブ…

  3. テニス リターン
  4. テニス サーブ

    リターン

    ビッグサーバー相手に、「少ないチャンスをモノにする」ために必要な戦略5つ

    テニスの試合、錦織選手の戦い方を観ていると面白いのはリターンゲーム。…

  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件

    セルフジャッジ、で一番揉めるのはやっぱりサーブ。速いし、際どい…

  6. テニス ストローク

    リターン

    リターンの超基本、「足を前後で半身の体制」を多くの選手が取り入れる理由とは?

    リターンのこだわりは皆さんそれぞれあると思いますが、トッププロ選手の多…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. フットワーク

    相手の隙を突くには、忍び足が欠かせない
  2. テニス サーブ

    サーブ

    人は不安になると、早くボールを手放したくなる
  3. テニス リターン

    ストローク

    テニスの試合、「自分のストロークに伸びが無い」と感じたら試したい改善策4つ
  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  5. フットワーク

    浅いチャンスボール、を逃さないフットワークとは?
PAGE TOP