テニス リターン

リターン

シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

全豪オープンでシングルスの試合を観る機会も増え、深夜まで起きて寝不足・・・という方も多いんじゃないでしょうか。

今回は、シングルスでのリターンに注目してみます!

リターンからの攻撃は、相手にどんなプレッシャーを与えてどんな効果があるのか・・・をしっかり理解しておくことで、試合にもっと勝てるようになる。

またその作戦を理解することで、アナタのサービスゲームにも役立てることが出来るはずです!

 

シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4つ

 

1.ネットプレーが「上手い」と相手に思わせることができる!

アナタ自身がネットプレーが苦手でも、相手がどう感じるかが重要。

積極的にネットに出て来る相手は、非常に対戦していて嫌なもの。

序盤でネットでポイントを獲られると、1ポイント以上の価値があると思いませんか?

特にリターンから積極的に前に行くことで、「この選手はボレーが得意なんだな・・・」と、相手に印象付けることが出来ます。

そうなると浅いボールを打てない⇒深く打たなきゃ⇒アウトミスが増える、といった効果も期待できます。

 

2.セカンドサーブを「打ちたくない!」と思わせる

甘いセカンドサーブをしっかり攻撃できると、相手は「ファーストを入れないと、厳しい・・・」という印象を持って、それがプレッシャーになっていきます。

セカンドサーブになったときには自信を失い、リターンに恐怖を覚えるくらいになってもらいましょう。

何も「攻撃的で精度の高い」リターンが打てなくても、前に行くという行為を加えることで、アナタのリターンは相手にとって脅威になります

そうすれば、相手サーブのブレイクもたやすいはず!

 

3.リターンに良いリズムが生まれやすい

「リターンが苦手だから、リターンダッシュなんてとても無理・・・」と思っている方、違います。

リターンが苦手な人は、とにかくリズムが悪く受け身になっている場合が多い。

サーブを待って打とうとするから、タイミングが合わせ辛いし相手に主導権を握られる。

思い切って自分から打ちにいくことが、リターンには重要です。

攻撃的になることで、しっかりと良いリズムが生まれてくるのがテニス。

逆転の発想で、リターンから攻撃していく楽しさを覚えてみましょう。

 

4.リターンが大好きになれる

リターンからポイントのパターンが作れると、気持ちも楽になります。

私の場合は相手バック側にスライスでリターンダッシュ、ロブを上げさせてスマッシュ、というのが一つの得意パターンになっています。

もちろん相手にやられるときもありますが、作戦の一つとして持っておくことで、15-40、30-40 のようなゲームポイントで積極的なプレーが出来るようになるはずです。

リターンダッシュは見た目にもはっきりした作戦ですので、相手にとってもその印象は大。

そこでブレイクしたら、きっとそのまま良い流れで自分のサービスゲームに入っていけるでしょう。

 

リターンからの攻撃は、試合の中で多くの人が軽視しているポイントの一つ。

一般レベルの大会では、セカンドサーブは充分攻撃できる。

これは断言できます。

ぜひ普段の練習から、サービスの球出しからの攻撃、そこのリターンダッシュを混ぜて練習してみて下さい。

きっと試合の中で使えるパターンに、育っていってくれるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

  2. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ

    シングルスの試合で、リターンに悩んでいる人は意外と多い。それは…

  3. テニス リターン
  4. テニス ダブルス
  5. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

  6. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

特集記事

  1. ピラティスポール
  2. テニス 凌駕
  3. テニス サーブ
  4. テニス 水分補給
  5. テニス 暑さ対策
  1. サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
  2. テニス 部活

    その他

    「試合に出る人、出ない人が分れてしまうテニス部」は工夫次第で変えていける
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合の中で「ローボレーが深く打てるとき」は、テンポを上げて前に詰めていこ…
PAGE TOP