テニス ストローク

その他

テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

テニスの試合でのストローク力は、どれだけ「高い打点で打てるか」が重要なポイントに。

しかしテニスを習い始めたときに教わった癖で、「ボールをしっかり落として、膝の高さで打つ」ということが染みついていると、なかなか攻撃していくことが難しい。

ソフトテニス経験者の方も、硬式テニスから始めた人も、これから一緒に「高い打点」からのストローク力を磨いていきませんか?

 

テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの意識

 


 

1.コートの内側にポジションを取る

浅いボールで前に行く・・・のは当たり前ですが、そもそものポジションを意識して前、つまりネットの近くに移動させること。

この勇気を持てるだけで、かなり打点は高くなります。

深いボールは厳しい対応が求められますが、そこは下がって何とか返球する。

とにかく相手のボールが浅くなるのを待つ、のではなく、自分からどんどん前に動いて打てるように準備する癖を付けましょう。

 

2.テイクバックを高い位置に調整してみる

フォアハンド、バックハンド共に、テイクバックした時点のラケットの高さは重要です。

この位置が低いと、打点も低くなってしまう

意識としては、顔の横、同じ高さくらいにテイクバックできるように調整しましょう。

相手が打った瞬間にラケットを頭の上にセットする、くらいの意識で練習してみて下さい。

 

3.ライジングショットの感覚を磨く

高い打点は、待っていても確保できません。

ライジングショット、つまりはバウンドしたボールが頂点に達する前にストロークでヒットできるように、しっかり意識しましょう。

最初は本当に難しいと感じるはずです。

変えていく、その過程はやっぱり厳しく感じるし心が折れそうになる。

それでもとにかく、バウンドする前に準備して、バウンドする頃にはラケットを振り出す、くらいの速いフォームを練習しましょう。

プロ選手の動画を観て、イメージトレーニングと素振りを徹底することで必ず身に付くはずです。

 

4.得意なコースを無理やり作ろう!

お勧めは、フォアハンドの逆クロス!

まずはこれを得意なコースとして練習してみて下さい。

暗示をかけるように、自分はこのコースをしっかり武器にしているんだ、という気持ちを持つこと。

インパクトの瞬間に、グッとボールを押し込むことも大事

実際の試合ではこの「得意なショット」という意識が強いかどうかが、ラケットを振り切るポイントになるのです。

 

高い打点で打てるようになると、テニスのテンポが上がります。

不思議と、力を入れなくても伸びのある、良いショットが打てるようになるはずです。

ストロークは、つい自分の型が決まっていると思い込んで、なかなか変えていけないモノ。

その先入観を無くして、どんどん攻撃的なストロークに、テニスに、変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  2. テニス 部活

    その他

    中学・高校のテニス部では、「2・3年生がどういう姿勢を見せるのか?」でチームの雰囲気が大きく変わる

    皆さんも最初、部活やサークル、社会人チームやテニススクールに入ったとき…

  3. テニス 雨

    その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について

    俺はもともとテニススクールのコーチをずっとやってきたんだけど、その中で…

  4. テニス メンタル

    その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

    巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。都内でも震度5を記録。…

  5. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

    よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を…

  6. テニス トレーニング

    その他

    青山学院大学の箱根駅伝での強さを紐解けば、テニスに必要な要素も見えてくる!

    今年も箱根駅伝にて、往路優勝を果たした青山学院大学。このチーム…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来て…
  2. テニス ダブルス

    戦術

    完璧な戦術、作戦、陣形を求め過ぎる人は、結果的にテニスの試合に勝てない
  3. 戦術

    試合をリードするから自由が生まれる、という発想を
  4. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある
PAGE TOP