戦術

足し算から、引き算へ

テニス歴が、長いみなさんへ。

色々なことを経験し、吸収して来たけど行き詰まっていると感じている方は、少しだけ立ち止まって考えてみましょう。

何を、自分自身はこれから目指すのか。

全てを上に、上に足していくだけでは、もう強くなることは難しい。

勇気を持って、引き算で考えていく時期、じゃないでしょうか?

私は、今の自分を考えた時に、そう思うんです。

削ぎ落していく勇気、も大事ですよ。

 
 

やらないこと、を作る

何でもやれば良い?

テニスの技術って、そうじゃないですか。

意識すること、準備することは確かに多い。

でも、それが全て足し算で、合計値が大きくなるとは限らない。

最初の頃は、そうだったと思います。

足し算が楽しかったし、上達が感じられた。

でも、今はそうじゃないと思うんですよね。

アドバイスで頭が混乱する人は

まず、整理しましょう。

例えばストロークの準備にしても、身体をタ―ンさせてテイクバック、足はどうセットして打点はどうで、フォロースルーは…なんて、頭がパンクしますよね。

どこかで、何かに集中しないと。

だからこそ、しっかり自分で「引き算」をすることが大事なんです。

何もかもを足していく、ことは難しい。

そう考えてシンプルにすること、が大事なんです。

癖を直すって、要は引き算

私は、テニスの癖を直すことも引き算だと思っています。

シンプルにする、ことで効率化する。

何となく、「止める」って勇気要りますよね。

今までの自分じゃなくなる、みたいな感じもしてしまう。

でも、癖を直すということは、何かを「止める」ということ。

私たちに今必要なのは、何かを削ぎ落すことかも知れません。



言葉はシンプルになることで、強くなる

やらないこと=やること、にもなる

最近私が意識しているのは、「ロブを落とさない」ということ。

そうすれば、特にダブルスの試合では強い。

でもこれは、「落とさない」という言葉ですが「必ずスマッシュかハイボレーを打つ」ということ、になります。

何かを止めるって、楽な道じゃない。

同時に、何かをやり続けること、になる訳ですから。

言葉をシンプルにすれば、強くなる

でも、どっちの言葉が強く、響くか。

私は、「何かを止める、やらない」という方が強く響くことが多いです。

「ファーストサーブを入れる」ではなく、「セカンドサーブを打たない」という言葉の方が響く。

そうすれば、削ぎ落しながら自分のテニスはシンプルに、だけどアグレッシブになっていく。

どうでしょう、ちょっとしたことですけど、意識変わると思いませんか?

引き算で、積極的に!

何かを止める、引いていくことで、消極的になっては意味が無い。

むしろ、やることが明確になってより積極的になる方が望ましいですよね。

足し算ばかりだと、人は委縮します。

やることが多いと、それだけで失敗が怖くなる。

そんな自分に、気付くこと。

全ては、そこから始まりますから。

   

お勧めの意識の方法

アドバイスをまとめてみる

「これは、実は同じことなんじゃないか?」

ということ、ありませんか?

みなさんが受けるアドバイス、何個もあるけど実は近しいモノ、は必ずあるはず。

だけど、それに気付けるかどうかはアナタ次第です。

「テイクバックを早く」と「上半身をターンさせる」、なんかは近い感じですよね。

どっちかのアドバイスに絞って、実践してみるだけでかなり違います。

自分で言葉を見つけよう

コーチの言葉を、足し算で考えない。

自分で受け止めて、自分の言葉に変えれば良いんです。

「これは、要はこういうことか」と。

何個かをまとめて、自分が動きやすいように変えていく、それこそ練習です。

アドバイスをそのまま実践するなんて、なかなか無理ですよ。

そのコーチ自身の感覚、を言葉にしているだけですからね。

全ては、試合からの逆算

そこで、意識して欲しいこと。

「これは、試合の現場で使えるのか?」ということです。

皆さんは、緊張感のある試合の中で、生きていく。

だからこそ、練習の中から引き算をして、「試合向き」な自分を作っていかないといけないんです。

これが、逆算。

試合を常に意識して、引き算をして自分をカスタマイズする。

練習から、意識していけば強くなります、絶対に。



引き算って、怖いんですよ。

やらないことを決めると、何かが崩れていきそうで…でも、どうでしょう。

一度崩れても、大丈夫ですよ。

それよりも変な癖が重たくなり、アドバイスで混乱している人の方が危険。

みなさんは、その鎖を自分でほどけるはず。

ぜひ、引き算意識してみて下さい。


★読者アンケートご協力のお願い

現在、テニスの動画とプロ選手に関するアンケ―トを実施させて頂いております!

数分で終わるアンケートですので、ぜひみなさんご協力をお願いします。

→アンケートはコチラから

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. 戦術

    完璧じゃないから、大丈夫なのよ

    「大丈夫、なんとかなる」と、試合で思えるかどうか。これって、…

  2. テニス サーブ

    戦術

    テニスの試合で序盤のゲームでは、「セオリーの逆」を早めに相手に見せておくと精神的に優位に立てる!

    試合の序盤、大切なことは何か・・・。それは、早めに「何をやって…

  3. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い

    良いボールを打っているのに、負けてしまう。押しているのに、ポイ…

  4. テニス 読書

    戦術

    テニスの常識を疑えば、試合に強くなる

    私たちが今まで、当たり前だと思ってきたこと。テニスについて学ん…

  5. テニス 駆け引き

    戦術

    自分の武器を活かすなら、相手の対応パターンを熟知しておこう

    試合で使える武器、戦術は何か?普段から、みなさんも自分で考えて…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれ…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合では、「これでもか」という粘りを見せて初めて、相手は崩れ…
  3. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない
  5. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由につ…
PAGE TOP