メンタル

大事な試合に、勝つ時には

大事な試合、ここぞという場面。

みなさんも、きっと経験してきたはずです。

振り返ってみると、どうでしょうか。

大事な試合に勝つ、という場面を思い出してみて下さい。

テニスだけでなくとも、仕事でも何でも良いです。

大事な場面で勝った時の要因を冷静にひも解いてみると、実はそこには実力以外の何かが作用している。

私はそう思うんです。

フッと、力が抜ける瞬間がある

試合に勝つのは、実力次第。

もちろん、ベースとなるのはその時の自分の実力でしょう。

でも、それだけじゃ勝てないのがテニス。

自分の実力が上でも、調子が良くても、相手がそれを上回る可能性はある。

だからこそ面白い…とも言えます。

私自身、思い返してみても「力が抜ける瞬間」を感じられると、結果が出る。

力が抜けて自然体で試合が出来る、仕事が出来ると、結果は自然と良い方向に向かう。

それに気付いたのは、もう試合を終わってから何日も経った後のことですが。

私が試合中にフッと気付いて、力が抜けたのはどんな時か。

みなさんにも、ちょっとしたヒントになればと思って書いてみます。

相手に教わろう、という気持ち

高校時代、私は大事な試合で勝てた経験が1度だけあります。

大した強い選手でもなかったですが、高校一年生の頃が実は一番成績が良くて、その後は正直ジリ貧な感じでした。

1年生の時に勝てた相手に、2年、3年になると勝てない。

どんどん新しい年下の選手が出て来て、それにも勝てない。

そうなった時に、フッと試合で切り替えることが出来たのを今でも覚えています。

「テニスはどんどん変わっている、年下の選手に教わろう」と。

私が高校生だったころは、プロ選手のテニスもサーブ&ボレーの時代からベースラインプレイヤーへの転換期。

私自身はネットプレーが好きだったので前に出るスタイルを貫き、抜かれても前に出続けるのが自分のテニスだと思ってました。

ベースラインでラリーするよりも、ネットプレーが自分に居場所だと…でも、それだけだと勝てない。

自分より若い選手とベースラインで打ち合って、勉強させてもらおう。

そう考えられるようになると、大事な試合で逆転出来たんです。

ちょっとした積み重ねが、試合で活きる

こうやって思い出してみると、やっぱり布石はありました。

その当時、練習中から私は出来るだけ後輩の部員と一緒に練習するようになっていた。

高校のテニス部って、結構同学年だけで打ち合ったり、練習しがちなんですよね。

私は何を感じたのか分かりませんが、当時は後輩と一緒に打ち合う機会が多かった。

何か新しいことを、無意識で探していたのかも知れません。

それが試合で、良い方向に出たのかなと…今思えば、そう感じます。

何か言いたいのかと言えば、大事な試合でこそ日々の積み重ねが活きるということ。

そして、そのきっかけは些細な日常にこそ、秘められているということ。

実力だけで勝つ試合、だけじゃないのがテニスです。

大事な試合、本当に人生の岐路になるような試合の時って、実力以外の部分が大きいように思います。

まぁ、それらも全て実力のうち…なのかもしれませんが。

思い出してみて、しみじみするような経験が出来るなんて、やっぱりテニスは最高だなと。

きっとみなさんも、そんな試合があったはず。

そしてこれから訪れるはず、です。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    自分が我慢して保たれる世界は、きっと幻想

    テニスは、一人では出来ない。相手と打ち合い、切磋琢磨し、成長…

  3. メンタル

    負けた時に嫌になる人は、何事も続かない

    テニスの試合に出ていると、当然負けることはあります。試合に出…

  4. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、「良い形でポイントを獲った」その後のポイントこそ重要です

    「あ、この選手強いな・・・」と、私が感じるときはあるポイントがあります…

  5. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合、「3セットマッチで、競ったファーストセットを取った後」には、セカンド序盤でトドメを!

    3セットマッチの長い試合、できればセカンドセットで勝って終わりたい・・…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をか…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    相手が打つボール、「スライスとスピンの見極め」は、ラケット面が内外のどちらを向い…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で大事なのは、「ボールがバウンドした地点ではなく、バウンド後の伸び」…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    男性でサーブが安定しない人は、「無意識のうちに上半身が前に突っ込んでいる」人がほ…
  5. テニスあるある

    【誰もが経験する、あの切なさ…】0-6,0-12??
PAGE TOP