テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人が多いのも事実。

理由はロブの種類の多さ、アウトドアコートでの風や太陽光の影響など、様々なものが挙げられますが・・・試合に勝つにはアナタ自身のフォームを見直してみて、確率を高めていきたいところ。

そこで今回は、ラケットを持っていない腕(右利きの方であれば左腕)をどう使うか、というポイントに意識を置いてみてみましょう。

 

スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

 


 

■ロブを上げられたら、すぐにラケットと腕をセットする癖を

まず、スマッシュの苦手意識を無くす為にも、相手のロブに対する最初の反応の速さを鍛えましょう。

初中級者であれば、しっかり腕を上げて横向きを作ること。

ラケットはすぐにヘッドが落ちないように、肘からまっすぐラケットヘッドが顔の横あたりにくる態勢をすぐに作るようにしましょう。

 

■深くて厳しいロブが来たときには・・・?

深くて追いかけなければいけないロブがきたら、横向きを作ってサイドステップ。

ジャンプする少し前に、腕を上げてラケットを準備しましょう。

早く準備し過ぎると、フットワークの速度が落ちてしまいます。

判断が難しい部分ですが、相手の態勢をしっかりみて、ある程度深さも予測して準備しましょう。

チャンスであれば、右利きの方の場合左手をすぐに上にセット、深いボールは打つ直前まで下がって直前にセット、という感じですね。

 

■スマッシュのポジションは腕越しにボールを見てチェック!

スマッシュの打点に入ることは、初中級の方はもちろん上級者の方でも苦手な方が多いです。

なんとなく打ちやすい場所を探すよりは、しっかりとした基準が欲しいところ。

そこで役立つのが、挙げているラケットを持っていない腕になります。

ボールが腕と自分の頭の間にある状態を作れば、アナタのポジションはバッチリです!

さらに腕を上げて横向きを作れているので、身体の開きも抑えられています。

このままの態勢をキープして、コンパクトなスマッシュを打ち込んでいきましょう!

 

今、バレーボールワールドカップの大会が盛り上がっています。

柳田選手のスパイクは、テニスのスマッシュにも非常に参考になる部分が多く、時間のある方はぜひ一度意識して観てみてください。

打った後も、相手コートを観ることはなく、打点に顔を残しています。

この打ち終わりの態勢が作れていれば、ボールをラケットの真ん中に当てることができてなお且つ、態勢も崩れません。

他スポーツも、たくさんテニスに活かせるポイントがありますね。

スマッシュを安定して打てるように、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. ご質問頂いた件につきまして

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュに決定力が無い」と感じている人が、意識したい5つのポイント

    「スマッシュが得意!」という人は、まずテニスの試合に強い。口ば…

  2. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  3. スマッシュ

    ロブが怖いんじゃなくて、スマッシュミスが怖いだけ

    試合の中で、並行陣が苦手な方。並行陣、とまで言わなくても前に…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに

    ダブルスの試合で、「スマッシュが重なりそう・・・」になったこと、ありま…

  5. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    試合前にやっておくとスタートダッシュが切れる!「試合用のウォーミングアップ」を見…
  2. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている
  3. テニス 雨

    メンタル

    試合では「自分でコントロール、制御出来るもの」に集中しよう
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    特にダブルスのテニスの試合で求められる「どんなボールでも、相手の足元にコントロー…
PAGE TOP