テニス スマッシュ

スマッシュ

スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

テニスの花形ショット「スマッシュ」ですが、初中級レベルの方では苦手な人が多いのも事実。

理由はロブの種類の多さ、アウトドアコートでの風や太陽光の影響など、様々なものが挙げられますが・・・試合に勝つにはアナタ自身のフォームを見直してみて、確率を高めていきたいところ。

そこで今回は、ラケットを持っていない腕(右利きの方であれば左腕)をどう使うか、というポイントに意識を置いてみてみましょう。

 

スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える

 


 

■ロブを上げられたら、すぐにラケットと腕をセットする癖を

まず、スマッシュの苦手意識を無くす為にも、相手のロブに対する最初の反応の速さを鍛えましょう。

初中級者であれば、しっかり腕を上げて横向きを作ること。

ラケットはすぐにヘッドが落ちないように、肘からまっすぐラケットヘッドが顔の横あたりにくる態勢をすぐに作るようにしましょう。

 

■深くて厳しいロブが来たときには・・・?

深くて追いかけなければいけないロブがきたら、横向きを作ってサイドステップ。

ジャンプする少し前に、腕を上げてラケットを準備しましょう。

早く準備し過ぎると、フットワークの速度が落ちてしまいます。

判断が難しい部分ですが、相手の態勢をしっかりみて、ある程度深さも予測して準備しましょう。

チャンスであれば、右利きの方の場合左手をすぐに上にセット、深いボールは打つ直前まで下がって直前にセット、という感じですね。

 

■スマッシュのポジションは腕越しにボールを見てチェック!

スマッシュの打点に入ることは、初中級の方はもちろん上級者の方でも苦手な方が多いです。

なんとなく打ちやすい場所を探すよりは、しっかりとした基準が欲しいところ。

そこで役立つのが、挙げているラケットを持っていない腕になります。

ボールが腕と自分の頭の間にある状態を作れば、アナタのポジションはバッチリです!

さらに腕を上げて横向きを作れているので、身体の開きも抑えられています。

このままの態勢をキープして、コンパクトなスマッシュを打ち込んでいきましょう!

 

今、バレーボールワールドカップの大会が盛り上がっています。

柳田選手のスパイクは、テニスのスマッシュにも非常に参考になる部分が多く、時間のある方はぜひ一度意識して観てみてください。

打った後も、相手コートを観ることはなく、打点に顔を残しています。

この打ち終わりの態勢が作れていれば、ボールをラケットの真ん中に当てることができてなお且つ、態勢も崩れません。

他スポーツも、たくさんテニスに活かせるポイントがありますね。

スマッシュを安定して打てるように、意識して練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュを打ち切る選手になりたければ、ダブルスこそ「縦割り担当」でいこう!

    どうしても、スマッシュが打てない、ビビッてしまう。そんな人は、…

  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」ことでバランスを取りや…

    下がりながらのスマッシュ、ダブルスでもシングルスでも打つ機会が多いと思…

  4. スマッシュ

    決定力の無いダブルスペアが、変えるべきこと

    ダブルスで、大事なポイントが取れない。相手の粘りに屈してしま…

  5. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

  6. テニス ダブルス

    スマッシュ

    女子ダブルスで必要な、スマッシュ力の強化について

    女子ダブルスの試合で、3回戦の壁を突破できないとお悩みのみなさん。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    今年は「アグレッシブスライス」でいこう!
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ
  4. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない
  5. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
PAGE TOP