テニス ボレー

ボレー

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立つのがバックハンドボレー。

シングルハンドなのに、しっかり叩きつけるようなボレーは決定力があります。

学生や一般の方でも、上のレベルになればバックハンドボレーでもパンチ力が欲しいところ。

どんなコツが必要なのでしょうか?

 

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

 


 

1.横向きのスライスボレーは、パンチ力は乏しい

ボレーの基本は横向きのスライスボレーですが、難点はスピードを出し辛いところ。

もちろん堅実なボレーは必要ですが、試合ではポーチやネットに詰めた状態でコートに叩きつけるようなショットも求められます。

スライスボレーで組み立てたチャンスをネットに詰めるとき、どんなコツが必要なのでしょうか。

 

2.思い切って「後ろ向きの態勢を作る」とボールに力を伝えやすい

しっかりバックハンドボレーを打ち込みたいときには、相手コートに背中を向けましょう。

それくらい肩を入れることができれば、腕を返していく動きで前に力を伝えやすくなります。

もう一つのポイントは、右利きの方であればしっかりと左手を使うこと。

ラケットが動く方向を反対の方向にしっかり「引く」ことで、ラケットスピードを上げることができます。

グリップはスライスから調整して、少しフラット気味に変えるのがお勧めです。

 

3.レベルの高い試合になると「バックハンドボレーの決定力」がスコアの差になる

シングルスでもダブルスでも、バックハンドボレーの決定力はスコアの差になります。

中級レベルまでは、バックハンドのボレーで「凌いでいる」形でも相手はミスしてくれるかも知れませんが、トーナメントを勝ち進んでいくと、バックハンドでポーチに出れない、ボレーで叩けないと致命的です。

では、女性の方はどうしよう・・・というところですが、これは思い切ってドライブボレーを積極的に使いましょう。

腰より上の位置は、多少速いボールでもスィングしたボレーを身に付けるよう練習してみて下さい。

慣れれば、フワッとしたボールよりも打ちやすくなるはずです。

 

打つ方向を見ない勇気を持つことは、テニスの上達において不可欠です。

特にバックハンドボレーは「ラケット面」を作ることが大切ですので、打つ方向を見てしまうと、身体の向き=ラケット面の向きが崩れてしまいます。

良いボールを打っていれば、何も慌ててボールの行方を観る必要はありません。

顔を残す余裕を持って、試合でも打てるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?

    普段の練習でもよく実践する、ボレー対ストロークのラリー形式。な…

  2. ボレー

    テニスの試合の中で「身体の正面にきたボレー」をしっかり返球できるようになるコツ4つ

    ネットプレーの中で難しい技術の一つに、「身体の正面にきたボールをボレー…

  3. ボレー

    「絶滅危惧種を救え!」テニスにおけるネットプレイヤーの未来

    ウィンブルドンとワールドカップ、同じ時期に開催されると面倒くさい。…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

  6. ボレー

    初中級までのボレー、実は打点前過ぎる

    ボレーの打点は、前!でも、この基本って実は奥が深いんです。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?
  2. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を
  3. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!
  4. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い
  5. テニス 楽天

    戦術

    勝ちを拾っていけば、上での試合を経験出来る
PAGE TOP