テニス ストローク

ストローク

テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

高校生、大学生の皆さんの方がほとんど、ストロークが「こねる」ようになっている気がする・・・。

のは、私だけでしょうか。

これは、ラケットやガットといったギアの進歩とも関連している。

少し、ストロークを根本から立ち止まって考える時期、かも知れませんね。

 

テニスにおいて「こねるようなストローク」では、重さが出ない

 


 

1.こねるようなストロークは、現代テニスだから出来る

20年以上前のラケットであれば、なかなか今の皆さんのような打ち方は出来ないでしょう。

もっとラケット自体、ガット自体の反発力が低い。

しっかり身体全体を使って打つ、のが基本でしたからね。

でも、そんな身体を使ってしっかり打っていては、現代テニスのスピードにはついていけないでしょう。

現代の高速テニス、には「こねないけど、重たいボール」を素早く打つストローク力、が求められているのです。

 

2.こねるのではなく、上半身をひねって戻す感じで

こねている人は、肘から先で打っている。

そして、最後の最後で、「ボールが当たった瞬間に、何とかしよう」と思っている・・・はずです、気付かないうちに。

無意識にこねている人も多いでしょう。

まず意識したいのは、上半身のひねり。

ひねって肩越し、にボールを見る癖を付けるだけで、アナタ自身のストロークは変わっていくでしょう。

ひねり、戻す。

現代のストロークでは、これで充分パワーが伝えられるはずです。

 

3.こねている人は、ゆったりした素振りから

一度、ゆったり素振りをしてみましょう。

きっと、ボールを意識し過ぎて今のような「こねる」スウィングになっているはず。

素振りをして、その中にボールを入れること。

この意識だけを大事にしていくことで、重たいボールを打てるようになるはずです。

上半身のひねり戻し、を素振りでやってみる。

これだけで、アナタのストロークは生まれ変わると思いますよ。

 

とにかく、シンプルに。

オープンスタンスで正面向き、でも上半身はしっかりひねる、戻す。

そうすれば、肩から先に力なんて要らないはず。

後は現代テニスの主役、飛ぶラケットとガット、が仕事をしてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  3. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

    まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。テニスで、これが…

  3. テニス テイクバック
  4. テニス ストローク

    ストローク

    身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

    まず対戦相相手を見て、気付くこと。身長の高さって、どうにも変え…

  5. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロール

    ストロークのコントロールを、「腕先」だけでやろうとしている人は、意外と…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃力に波がある人は、絶対的に「ボールの回転量」が足りない

    「また、今日も調子が悪かった・・・」と、嘆いてばかりの人。良い…

特集記事

  1. ボレー

    大きく変えないと、何も生まれない
  2. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力…
  3. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
  4. ストローク

    「ビビった時のスライス、大丈夫?」テニスの試合で深く伸びるスライスを打つ為には?…
  5. ボレー

    ダブルスの試合で、「バックボレーだからポーチに出れない」という前衛発想は、もった…
PAGE TOP