テニス ストローク

ストローク

高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

ストローク側から、相手のネットプレイヤーを攻撃していく。

この中で、大事なのはしっかり「攻撃していく」ということ。

自分はストローク力が無い、と嘆く前に、意識を変えればもっと楽に戦えます。

高い打点というのは、大事なキーワードになります。

 

高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?

 


 

1.低い打点から相手の足下、を狙うのは危険

相手がネットにいるなら、当然狙いは相手の足下。

でも、その足下の低い位置を狙うのに、こちらの打点が低ければ危険。

低い位置からネットを越えて、さらに沈めるのは相当、リスクが高いですからね。

攻撃していくなら、自分が高い打点の時。

腰から胸、くらいの高さで打てるボールで攻撃していくのが、対ネットプレイヤーに対抗する為の基本です。

高い打点から攻撃していくのに、大事なポイントをまとめていきましょう。

 

2.大きな構えを、しっかり相手に見せる

高い打点から攻撃していくときの基本は、対ネットプレイヤーでもベースラインプレイヤーでも一緒です。

まず、アナタ自身のテイクバックを早く、高くすること。

大きな構えで、相手を威嚇することで、相手はどこに打って来るのか分からなくなる。

それに、ネットにいながら気持ちが引いてしまうんですよね、こういう構えをされると。

強い選手って、ボールを打つ前の構えがダイナミックじゃないですか。

この構え、を作るだけで、相手のネットプレイヤーは怖気づいてくれるはず。

フォアでもバックでも、この意識は大事です。

 

3.基本はセンターを通す軌道で

基本的には、高い打点から角度を付けて相手の足下に打ちたい。

だからこそ、しっかりセンターストラップの上、ネットが低い場所を通すことが大事です。

ちょっとした差、ですが、やはりセンターは速度があるボールを通しやすい。

高い打点から相手の足下に、鋭いボールを打つ為にはこれが基本。

ネットの端は、なかなか速いボールで狙い辛いですから。

高い打点でも、センター狙いがテニスの基本です。

 

4.強打ではなく、ライジングとタイミング重視

強打でエース、欲しいですよね。

でも、その強打って試合で使えますか?

スタミナが切れた後半でも、打てますか?精度高く。

私は、すごく疑問だと思います。

高い打点から腕を振り回して強打ではなく、あくまでライジングショット、タイミングで勝負したい。

自分から前に入って、早いタイミングでボールを捕らえていく。

高い打点で打つ、打てる場所に早く入って攻撃していくことが、対ネットプレイヤーの極意です。

 

高い打点で打つには、待っていてもダメ。

ボールはどんどん落ちて来るし、相手ネットプレイヤーに対抗するチャンスはどんどん減っていきます。

前に入って大きな構え、でライジングショット。

これが理想ですので、ぜひ練習から意識してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにかく徹底しましょう!

    ボレーヤーの足元に沈めるボール、上級者であれば何度でも打てるように練習…

  2. ストローク

    ストロークの軸足は、「体重移動のときに変わる?」の疑問について

    最近、読者のみなさんから頂くご質問で多く頂きます。ストロークの…

  3. テニス フットワーク
  4. ストローク

    テニスでミスを減らすということは、振り切るということ

    「ミスが少ない方が、試合では強い」分かっちゃいるけど、なかな…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロスのフォアハンドストロークは、空間を作る意識で回り込もう!

    フォアハンドの逆クロスを武器にしたい皆さん、にオススメしたいポイント。…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨こう!

    両手バックハンドストロークを得意にしている選手でも、浅いボールは苦手だ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です
  2. テニス テイクバック

    ストローク

    「相手ボールのアウトを期待」していると、一生ストロークのテイクバックは改善されま…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    インサイドアウトのストロークで、ストレートへの展開力を高めよう
  4. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの試合でのメンタルはコントロールできる!アナタは「自分の表情」を意識したこ…
  5. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です
PAGE TOP