テニス 練習

スマッシュ

威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。

最近思うんですが、ある程度最新のラケットの反発力なら、女性でもこの打ち方で良い。

昔なら手首を痛めていたかも知れないですけど、ちょっとバドミントンみたいな打ち方も、私はありだと思います。

スマッシュ改革、のヒントにぜひ、どうでしょうか?

 

威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

 


 

1.バドミントン選手のスマッシュの鋭さ、が欲しい

以前に私も、テニススクールでアルバイトコーチをしていた時に感じました。

「バドミントン経験者の人は、スマッシュが鋭いな・・・」と。

ラケットの使い方、が違うんですよね。

手首でスナップを聞かせて、腕はそんなに動かさない。

少し打点が違うと手首を痛めてしまいそうですが、しっかり力の入るところで打てれば、鋭いスマッシュが飛ぶ。

打ち終わり、が非常に高い位置にラケットがあるのが特徴ですね。

 

2.ラケットの先を下に向けて、グリップが上にある状態でフィニッシュ

打ち終わりの形、がスマッシュは大事です。

なかなか威力が出ない人って、下まで大きくラケットを振り下ろしているんですよね。

腕を振っている割に、ボールに鋭さが無い。

そうじゃなくて、しっかりラケットの先を走らせる、打った後に下を向く、ような感じで良いでしょう。

グリップが上にあって、ラケットの先はダランと下に垂れているような状態。

これをリラックスして作れば、スマッシュはすごく楽ですよ。

 

3.サーブと同じく、手のひらを外側に返していく動きで

手首で打つ、と言っても、簡単ではありません。

ただ折るだけだと、なかなかボールは鋭く飛んでくれない。

手のひらを、外側に返すような動き、が大事なんです。

スマッシュを打つ時も、基本はサーブと同じ。

右利きの方であれば、打った後に手のひらが右側を向いている状態、で打ち終わる。

手のひらでパシン!と弾くような感じですね。

この感覚、でぜひスマッシュを打つようにしてみて下さい。

 

4.高いところの枝をパン!と叩く感じで良い

スマッシュ、をもっとライトに考えましょう。

力いっぱい、腕を振る必要は無い。

高いところにある木の枝を、パン!と叩く感じで良い。

腕を大きく振るんじゃなくて、あくまで手首を使って肘を高い位置で打ち終わる。

そうすれば、ラケットの先が鋭く走るので、自然とボールも鋭く飛んでくれる。

スマッシュ改革、一緒に取り組んでみませんか?

 

スマッシュが変われば、テニスが変わります。

上のボールでフィニッシュ出来ると、自然と前に出ることも億劫ではなくなりますからね。

大胆に変えてみること、が私は大事だと思いますよ。

腕の振り幅は小さく、コンパクトに。

シンプルに、バドミントンのようにスマッシュ、打ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス スライス

    スマッシュ

    「50cm以内のアウトのロブ」はスマッシュを打つ!で、試合に挑もう

    アウトだと思って、ウォッチしたけど・・・ライン際、内側にポトン・・・と…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「浅いボールをスマッシュで打ちにいく」のは簡単ではないので注意が必要です

    スマッシュは深いロブに対応するケースが多く、浅いボールはあまり練習する…

  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しましょう

    試合で使うスマッシュは、実際には深さが大事。つい浅い場所に叩き…

  5. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能性大

    テニスを長くやっていると、意外と「ラケット面のどこにボールが当たったか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    試合でミスを減らすには、動き出しを早くするのが一番効果的
  2. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること
  3. テニス シングルス

    シングルス

    アナタのシングルスの試合を勝利に導く、30のポイント
  4. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスが強くなる人は、自らにストレスをかけ続けられる人
PAGE TOP