テニス ボレー

ストローク

テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げるとリラックスできます

皆さんは普段、ラケットをどれくらいの強さで握っていますか?

人と比べるのが難しいのであまり意識していないと思いますが、試合に勝ち上がっていく選手は皆、ほとんど軽く握る程度で、打つ瞬間以外はリラックスしています。

フェデラー選手も、基本ずっとクルクルと右手の中で回してますよね。

あれはすごくリラックスできて、無駄な力を使わない効率的な方法です。

でもクルクル回さなくても、反対の手を意識するだけで・・・リラックスする方法はあります。

 

テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げるとリラックスできます

 


 

1.プロ選手のフォアハンドのテイクバックを観て欲しい

反対の腕、ラケットを持っていない方の手のひらを大きくパーに開いてみて下さい。

どんな感じになりますか?

ラケットを持つ手もどこか、リラックスしたような感じになりませんか?

これは人間の身体の構造上の問題で、片方の手を強く握ると、反対の手も強く握るように反応してしまう。

その逆で、リラックスして大きく開くと、反対の手でもリラックスできてラケットを握りすぎない、ということが可能になります。

プロ選手のフォアハンド、テイクバックのときに反対の手のひらが大きく開いていることが多いの、気付きますか?

これによってリラックスしたテイクバックが出来ているんだと思います。

 

2.人の「両手の動き」は連動している

例えば、一人で両手を使ってジャンケンをしたときに・・・何も考えないと同じ種類のモノを出しますよね。

グーならグー、パーならパー、といった感じで、あいこを出すのが一番簡単。

違う動作をするのって、そもそも難しいんです。

右利きで片手でフォアハンドを打つ人は、何も考えないと左手にまで力が入って無駄に体力を使ってしまいがち。

しっかりリラックスする為には、ちょっとした意識を変えることが必要ですね。

 

3.試合中のリラックス方法を考えてみよう

私は大きく深呼吸、ゆっくり吸って、さらにゆっくり吐き出すようなことを試合中に何度かやります。

あとは、大きく手のひらを拡げる。

これは今回紹介したコツと同じですね。

どうしても緊張して力が入ると、手のひらを握ってしまいがちになるのでそれをほどいてあげる。

それだけで、ラケットスポーツの選手はかなりリラックス出来るはず。

アナタなりの方法、ぜひ探してみて下さい。

 

ラケットを持つ手は、アナタと武器をつなぐ生命線。

グリップの種類もそうですが、この部分にもっともっと敏感になっていくとテニスの上達も速い。

鈍感な人は、どんなに良いフォームを身に付けても、ラケットを通じて良い力が伝わっていかないからもったいない。

アナタは、どちらでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    両手バックハンド、だけで良いの?

    最近では、片手バックハンドストローク、の選手は少ないですよね。…

  3. テニス スマッシュ

    ストローク

    「1本でも多く返す」ことが、試合で最後にプレッシャーになっていく

    試合の中で、「返せば何かが起きる」。これを体感したことがある方…

  4. テニス ストローク
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い

    シングルスでもダブルスでも、この間違いは多い。つい、力んでフラ…

  6. テニス 練習

特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  2. シングルス

    【本イベントは終了しました】男子ベテランシングルス練習会、やります! 6月12日…
  3. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
  4. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識…
PAGE TOP