テニス ボレー

ストローク

テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げるとリラックスできます

皆さんは普段、ラケットをどれくらいの強さで握っていますか?

人と比べるのが難しいのであまり意識していないと思いますが、試合に勝ち上がっていく選手は皆、ほとんど軽く握る程度で、打つ瞬間以外はリラックスしています。

フェデラー選手も、基本ずっとクルクルと右手の中で回してますよね。

あれはすごくリラックスできて、無駄な力を使わない効率的な方法です。

でもクルクル回さなくても、反対の手を意識するだけで・・・リラックスする方法はあります。

 

テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げるとリラックスできます

 


 

1.プロ選手のフォアハンドのテイクバックを観て欲しい

反対の腕、ラケットを持っていない方の手のひらを大きくパーに開いてみて下さい。

どんな感じになりますか?

ラケットを持つ手もどこか、リラックスしたような感じになりませんか?

これは人間の身体の構造上の問題で、片方の手を強く握ると、反対の手も強く握るように反応してしまう。

その逆で、リラックスして大きく開くと、反対の手でもリラックスできてラケットを握りすぎない、ということが可能になります。

プロ選手のフォアハンド、テイクバックのときに反対の手のひらが大きく開いていることが多いの、気付きますか?

これによってリラックスしたテイクバックが出来ているんだと思います。

 

2.人の「両手の動き」は連動している

例えば、一人で両手を使ってジャンケンをしたときに・・・何も考えないと同じ種類のモノを出しますよね。

グーならグー、パーならパー、といった感じで、あいこを出すのが一番簡単。

違う動作をするのって、そもそも難しいんです。

右利きで片手でフォアハンドを打つ人は、何も考えないと左手にまで力が入って無駄に体力を使ってしまいがち。

しっかりリラックスする為には、ちょっとした意識を変えることが必要ですね。

 

3.試合中のリラックス方法を考えてみよう

私は大きく深呼吸、ゆっくり吸って、さらにゆっくり吐き出すようなことを試合中に何度かやります。

あとは、大きく手のひらを拡げる。

これは今回紹介したコツと同じですね。

どうしても緊張して力が入ると、手のひらを握ってしまいがちになるのでそれをほどいてあげる。

それだけで、ラケットスポーツの選手はかなりリラックス出来るはず。

アナタなりの方法、ぜひ探してみて下さい。

 

ラケットを持つ手は、アナタと武器をつなぐ生命線。

グリップの種類もそうですが、この部分にもっともっと敏感になっていくとテニスの上達も速い。

鈍感な人は、どんなに良いフォームを身に付けても、ラケットを通じて良い力が伝わっていかないからもったいない。

アナタは、どちらでしょうか?

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 【終了しました】佐藤博康プロと4時間みっちり男子シングルス練習会
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・?

    ストロークの基本はライジングショットである。相手のレベルが上が…

  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    試合で効果的なアプローチショットは、「難しく打たずに、ポジショニングで精度を上げる」ことでポイントに…

    試合の中で浅いボールが来て、アプローチショットを相手に打ち込んでいく。…

  3. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ

    ストロークの基本、リズムの取り方。きっと、みなさんも最初はこの…

  5. テニス 錦織圭

    ストローク

    シングルスの試合で有効な「相手を深く、えぐるストローク」を身に付けるためには…?

    テニスが上手い人のボールのイメージは、低くて速い・・・そんなイメージが…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    スピンがあるからスライス、スライスがあるからスピンが活きる

    回転系のショット、が試合では主役になる。なぜなら、ラケットを振…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    小さなポジションのズレを、強い相手は見逃さない
  2. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
  3. その他

    「世界への扉」はテニスの世界もノックしてみないと何も始まらない!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る…
PAGE TOP