テニス ストローク

リターン

ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場面、ありますよね。

速いサーブのリターン、何か特にそう。

ですが、「合わせるだけ」だと・・・どうですか?

そのままラケットごと弾かれてしまうようになって、コントロール出来ませんよね。

 

ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

 


 

■しっかり抑えるコツは、少しだけ上からラケットを入れること

以前にボレーのコツ、としても書きましたが、ボールの打点に対して少しだけ上からラケットを入れてみる。

上からラケットを入れると、少しだけスライス回転がかかるので、相手のボールに負けない感じの打球で返球出来ます。

相手のボールも速いので難しいと思いますが、まずは「打点」の高さを意識すること。

そしてその高さより、少しだけ高い位置にラケットを準備して、短いフォロースルーでコンパクトに当ててみて下さい。

同じ高さでラケットを出す、よりも力が伝わりやすいはずです。

 

■ブロックの意識、受け身ではダメ!

ブロックリターン、ブロックボレー、確かに「ブロック」する守備的な意識は大事なのですが、全てが受け身だとダメ。

しっかり「攻撃されないようなボール」で返球したい、ですよね。

その為には、先ほど書いたような少し上から入ってスライス回転をかける、時間を稼ぐ。

気持ちが引いてしまうと、ついラケットを合わせるだけになってしまって、結果的に返球に力が無くなってしまう。

そうならないように、必ずどこかに「反撃の魂」は備えておくこと。

この意識だけで、ポイントを取れる可能性も少しだけ上がるはずです。

 

■ブロックの技術が、試合の「流れ」を左右する

ブロックの技術って、結局粘り、シコラーだけの技術・・・と、甘く見ていませんか?

そんな人は、まだまだテニスの試合についてよく分かっていない。

過去のプロ選手、学生、一般の試合、全てそうですが、相手の攻撃を「効果的なブロック」でしのいだときに、試合の流れって大きく動き出す。

攻撃的に打っていって、決め切れなかった相手の落ち込み度ときたら、半端じゃないですからね。

そうやって試合を動かしていくのは、アナタ自身、なんです。

今すぐ、このブロック系の技術は練習で取り入れていきましょう!

 

スライスを覚える良いきっかけ、にもブロック系の技術は最適です。

ストロークで厚いグリップ、に慣れている人は、この機会に違うグリップ、薄いグリップも練習していきましょう。

手のひらで、上からボールを抑え込むような感覚、ぜひ練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート

関連記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    テニスのダブルスの試合で必要な、「リターンをシンプルにストレート方向へ流す」ためのコツ4つ

    ダブルスの試合では、上のレベルになればなるほど、前衛のポーチが激しくな…

  2. テニス テイクバック

    リターン

    「重たいサーブでバックハンドが振り負ける」ときには、グリップを持つ両手の間を少し空けるのも有り

    重たいファーストサーブ、試合でなかなかリターン出来ないときありますよね…

  3. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!

    具体的なシチュエーションを、試合前に想像しておく。そのポイント…

  4. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  5. テニス 技術
  6. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

特集記事

  1. テニス リターン

    サーブ

    セカンドサーブからでもプレッシャーをかけるためには?
  2. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブで回転量が足りない人は、「肘の位置を高く打ち終わる」と改善されます!…
  3. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが…
  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「ここぞ!という場面での攻撃的リターン」のパターン4つ
PAGE TOP