テニス ステップ

リターン

テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。

一番最初のリターンが入らないと、どんなに素晴らしいストロークを持っていてもそれを使う前にポイントが終わってしまう。

苦手意識が強い人が多いこのリターンですが、何か改善策は・・・と考えると、一番に有効なのはスプリットステップを見直すこと。

何となくで実践しているうちは、まだまだテニス選手として甘い。

しっかり有効な一歩目を踏み出せるように、自分でどんどん変えていきましょう!

テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

 


 

■スプリットステップは「着地」のタイミングが大事

スプリットステップ、皆さんはどんなポイントを意識していますか?

「相手が打つ瞬間にジャンプ、でしょ?」という感覚を持っている方がいれば、少し危険です。

間違ってはいないと思いますが、大事なのは飛ぶタイミングではなく、着地するタイミング。

この着地を合せていくことこそ、リターンでは特に大事になります。

 

■相手のサーブのトスの高さに合わせる

どんな相手に対しても、同じステップを踏んでいては試合で勝てません。

相手のトスの高さ、クイックサーブを打って来ればそれに対応しないといけません。

着地のタイミングが、相手がサーブを打つ、まさにそのラケットとボールが当たる瞬間とピッタリ合う。

このトレーニングは、普段の練習からしっかり意識すると鍛えられます。

0.1秒の差で、サーブとリターンではかなり大きな差になってしまうことを、再認識しましょう。

 

■厳しいサーブを打ってくる相手に対しては、少しだけ早めに着地する

これは私の裏技ですので、全ての皆さんにとって良いアドバイスかは分かりません。

ビッグサーバーが相手になると、少し早く着地したほうが反応がしやすい。

間違っても、相手が打つ瞬間に地面から足が浮いているようでは、返球が難しくなるのでNGです。

着地しながら、相手のラケット面を見て少し予測も入れる。

そうすることで、良いサーブに対しても良い反応、がリターンで出来るようになるでしょう。

 

着地のタイミングを磨けば、まだまだステップでテニスは上達できます。

漠然と、ただ何となくスプリットステップ、出来た気分になってはいませんか?

神経を使ってより良いものにしていくと、反応速度は確実に変わります。

反応速度が変われば、1メートルくらい先のボールはいくらでも届くようになる。

ぜひ、意識を高くステップを踏むようにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. リターン

    リターンの準備に必要なのは、ラケット位置の高さ

    私がいつも、リターンの時に意識していること。速いサーブでも、緩…

  2. テニス ロブ
  3. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果的

    リターンでストレートを狙うこと、ダブルスではよくありますよね。…

  4. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を

    試合に出続けていると、本当に色んなサーブを受けることになる。本…

  5. テニス ダブルス

    リターン

    攻撃的な並行陣、に対抗するために必要なリターン5種

    ダブルスの試合で、相手が並行陣。こういう相手には、どういうリタ…

  6. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ

    シングルスの試合、意外とリターンのコース、迷いませんか?ある程…

特集記事

  1. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
  2. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!
  3. メンタル

    テニスの試合の後半が不安なのは、「アナタ自身が試合を創り上げていく気持ち」が無い…
  4. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている
  5. テニス メンタル

    その他

    「なぜ日本でテニスがプロスポーツに成り得ないのか?」 テニス選手のコート外での意…
PAGE TOP