リターン

リターンのストレートアタック、アウトはOK

ダブルスの試合で、最初のポイント。

以前にも書きましたが、私は120%ストレートへ打ちます。

その時に、意識していることがこれ、です。

まず絶対にネットはしない。

ただ、オーバーのアウトはOK。

試合の序盤のプレッシャーを、自分の中でコントロールしていくことがまず大事です。

自分を追い込まないことが大事

〇〇ならOK、の幅を持っておく

試合の序盤、まぁプレッシャーかかるじゃないですか。

その中で、いきなり相手の前衛を突く。

かなり、勇気要りますよね。

だから、どこかで自分の中で「〇〇ならOK」という幅を持っておくことが大事。

そもそも、このショットで得点を取ることは、マストの目的ではありません。

相手に印象付けること、そして「何だか、いつもと違うな」と思わせる為の奇襲ですからね。

楽にいきましょう、楽に

アウトはOK、とにかくネットを超えること。

これだけ出来れば、自分に合格点を与える。

楽に試合に入って、リラックして打てればそれでOK。

試合って、自分を追い込んで辛くなる人、多くないですか?

絶対にミス出来ない、そんなシチュエーションは無いです。

ましてや試合の序盤ですからね。

とにかく楽にいく、そして自分の決め事をしっかりと実行していくこと、が大事なんです。

インパクトに集中しよう

リターンのインパクト、まずはここに集中しましょう。

しっかりと軌道の後ろを確保して、良いラケット面を作る。

腕を伸ばした状態でインパクトして、強打というよりは力の向きを変える。

相手前衛の正面を狙うくらい、で良いと思います。

ネットしない軌道、しっかり最初のボールが上方向に飛ぶくらいで良い。

スピンをかけようとしてガシャったりしない、出来るだけ丁寧に、シンプルに。

イメージが湧いて来たら、もう成功は近いですよ。

実際に、効果はあるのか??

めっちゃ、あります!

私の経験では、これ凄く効果有ります。

ただ、ネットにかかってしまうとそれが半減してしまう。

もちろん、ストレートに打ったという印象は残るんですが…。

ネットしてしまうと、相手の前衛も「自分のプレッシャーが効いたかも!」と思って自信になる。

これはすごく、厄介なんです。

アウトボールは触ってもらえる可能性も高い、特に序盤はそうです。

まだ試合慣れしていないので、ラケットが出てしまうこともあるでしょう。

とにかく、アウトはOK、ネットだけしないストレート。

これを試合の最初に、相手に見せておきましょう。

その後のポイントも、リズムに乗れる

試合の最初のポイントで、迷い無くリラックスしてプレーする。

そうすると、自然とその次のポイントも乗れて来るんですよね。

これ、不思議なんですが本当にそうです。

私の場合、その後はクロスに自然とリターン、というリズムがあります。

何となく、毎回同じように試合に入って、ポイントを重ねていける。

最初にストレート、これを踏んでおけば大丈夫、という感覚になる。

まぁ、こじづけでも良いんです。

自分の中でリズムを作る、その為のショットでもあるんです。

1セットマッチ、あっという間です

なぜ、最初のポイントでストレートなのか。

それは、試合はあっという間に終わるからです。

1セットマッチ、とにかく早い段階でブレイクしないと厳しくなる。

最初のポイントで、ストレートにアウトでも良いからアタックする。

試合の終盤でやり出しても、相手も温まってるし、慣れて来ている。

1セットマッチなら、序盤に大胆に仕掛けましょう。

今まで勝てなかったような相手にも、勝てるチャンスが生まれるかもしれません。

全ては、みなさんの決意から始まります!

プロ選手でも、実は…

定石、らしいです。

毎回打つ選手、結構います。

名前は伏せますが元日本代表でダブルスNo.1だった選手も、絶対に初球はストレート。

これ、相手も分かってるんですが、嫌なんだそうです。

私たちの試合でも、同じですよ。

分かっていても嫌、それが初球のストレートです。

アウトはOK、楽にいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    リターン

    リターンで構えた時に「ラケットをクルクル回す」、のにはちゃんと意味があります

    リターンで構えたときに、ラケットをクルクル回す選手、多いですよね。…

  2. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

  3. テニス ミス

    リターン

    リターンをストレートに、打てない人が多過ぎる

    リターンをストレートに打つ。ダブルスの試合では、これが出来ない…

  4. リターン

    余裕が無い時のリターン、意識したい5つのポイント

    相手のサーブが速い、コースも良い。そんな余裕が無いときに、どう…

  5. リターン

    相手の前衛の、どこを見極めるのか?

    ダブルスの試合で、相手の前衛をチェックする。これ、意外と盲点…

  6. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 格上相手

    メンタル

    「勝ち負けなんて重要ではない」が口癖な人は、みんな負けている
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに必要な懐の深さは、後ろ足の軸足の使い方次第
  3. ボレー

    ポーチに出られない、並行陣のファーストボレーのコツ
  4. ストローク

    テニスの試合で、「コントロール良くストロークを打ち続ける」為に必要なターゲット意…
  5. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
PAGE TOP