テニス メンタル

リターン

リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。

でも、どこにでも打たれそうで、結局漠然と待ってしまう方に、ちょっとしたヒントを。

「そんな視点もあったんだ!」という感じで、読んで頂けると嬉しいです。

 

リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

 

1.相手前衛、は自分の味方!

「え?」と思いますよね。

リターンのときには、むしろ最大の敵。

ポーチに飛び込んで来る嫌な相手、プレッシャーをかけられる一番厄介な相手でしょう。

でも、そう思っている限り、ずっとアナタはプレッシャーに負けてしまう。

私は、こう考えています。

「あ、この前衛、気付いてないんだ・・・」と。

実は、相手の味方であるサーバー、の邪魔をしていることが多いのが、ダブルスの前衛です。

みなさん、気付いてましたか?

 

2.サーブの打つコース、の上にいる前衛は邪魔

みなさんも経験無いですか?

ダブルスでサーブを打つときに、「味方の前衛が邪魔なんだけど・・・」と思ったこと。

私は、よくあります。

なぜなら、サーブを打つポジションがかなりセンター寄り、ですから。

そうなると、普通に立たれるとワイドのコースと重なるんですよね。

だから私は、今のペアには少し下がってもらう、プラス低い態勢を作ってもらうようにしています。

こうすると、ワイドへのサーブのコースが空く。

コースが空いていないと・・・リターン側は楽ですよ。

だって、そのコースに打てない、打っても相手前衛の頭や背中、にボールが当たるだけ、ですから。

 

3.ワイドのコースは無い、と思って捨てるのも有り

つまり、相手の前衛のポジションを見て、「ここは無いだろう」というコースを作る。

このコースに入るなら、前衛が邪魔、というコースは捨てる。

だからこそ、他のコースに絞って待てる、攻撃的にプレー出来る。

特に、右利きのサーブでアドバンテージサイド、ですかね。

ここのワイドは、前衛が被りがち。

被っていることに気付かないで、前衛に遠慮して避けるようにサーブを打つ。

そういう人、多いんじゃないでしょうか?

 

4.頭にサーブが当たるのは、前衛の責任

たまにTVCMでもある、このコミカルな場面。

もちろんフォルトですが、前衛が怒るのはお門違いですよ。

むしろ、泣きたいのはサーバーでしょう。

せっかく良いコースに狙ったのに、味方に邪魔されたようなものですから。

普通、この機会に考えますよね。

「自分の立ち位置、まずかったのかも・・・」と。

そう考えられない人、サーバーに怒り心頭の人は、ちょっとテニスに向いていない。

感情的で客観性に欠ける、成長も難しいでしょう。

 

前衛のポジション、見直してみましょう。

この機会に。

きっと、サーバーが打ちやすいコース、をもっと協力して空けることができるはずです。

強いダブルスって、サーバーと前衛の雰囲気が絶妙なんですよね。

どこにでも打てる、そこにポーチを合わせていけるような強さがある。

アナタのダブルスは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    どこかで本気で狙っていくリターンゲームが必要です

    本気で狙って、ゲームを獲りにいく。これは、上のレベルの試合にな…

  2. テニス 準備
  3. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  4. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  5. リターン

    スライスサーブを強打でリターン、もう崩壊寸前です

    対戦相手のサーブ、そんなに強そうじゃない。でも、なかなかブレイ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    相手がダブルフォルトした後には、「入れにくるファーストサーブ」を遠慮なく叩きにいこう!

    今回紹介する作戦は、シンプルだけどとても効果的な作戦。相手がダ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス スポーツ

    メンタル

    だた何となく「返球しているだけのテニス」で、勝とうと思うから難しいのです
  2. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
  3. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブを、もっと回転系のサーブに変えていかない?
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大
  5. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
PAGE TOP