テニス メンタル

リターン

リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

相手がサーブを打つときに、コースを読んで待ちたい。

でも、どこにでも打たれそうで、結局漠然と待ってしまう方に、ちょっとしたヒントを。

「そんな視点もあったんだ!」という感じで、読んで頂けると嬉しいです。

 

リターンのときに、気づいて欲しい大事なポイント

 

1.相手前衛、は自分の味方!

「え?」と思いますよね。

リターンのときには、むしろ最大の敵。

ポーチに飛び込んで来る嫌な相手、プレッシャーをかけられる一番厄介な相手でしょう。

でも、そう思っている限り、ずっとアナタはプレッシャーに負けてしまう。

私は、こう考えています。

「あ、この前衛、気付いてないんだ・・・」と。

実は、相手の味方であるサーバー、の邪魔をしていることが多いのが、ダブルスの前衛です。

みなさん、気付いてましたか?

 

2.サーブの打つコース、の上にいる前衛は邪魔

みなさんも経験無いですか?

ダブルスでサーブを打つときに、「味方の前衛が邪魔なんだけど・・・」と思ったこと。

私は、よくあります。

なぜなら、サーブを打つポジションがかなりセンター寄り、ですから。

そうなると、普通に立たれるとワイドのコースと重なるんですよね。

だから私は、今のペアには少し下がってもらう、プラス低い態勢を作ってもらうようにしています。

こうすると、ワイドへのサーブのコースが空く。

コースが空いていないと・・・リターン側は楽ですよ。

だって、そのコースに打てない、打っても相手前衛の頭や背中、にボールが当たるだけ、ですから。

 

3.ワイドのコースは無い、と思って捨てるのも有り

つまり、相手の前衛のポジションを見て、「ここは無いだろう」というコースを作る。

このコースに入るなら、前衛が邪魔、というコースは捨てる。

だからこそ、他のコースに絞って待てる、攻撃的にプレー出来る。

特に、右利きのサーブでアドバンテージサイド、ですかね。

ここのワイドは、前衛が被りがち。

被っていることに気付かないで、前衛に遠慮して避けるようにサーブを打つ。

そういう人、多いんじゃないでしょうか?

 

4.頭にサーブが当たるのは、前衛の責任

たまにTVCMでもある、このコミカルな場面。

もちろんフォルトですが、前衛が怒るのはお門違いですよ。

むしろ、泣きたいのはサーバーでしょう。

せっかく良いコースに狙ったのに、味方に邪魔されたようなものですから。

普通、この機会に考えますよね。

「自分の立ち位置、まずかったのかも・・・」と。

そう考えられない人、サーバーに怒り心頭の人は、ちょっとテニスに向いていない。

感情的で客観性に欠ける、成長も難しいでしょう。

 

前衛のポジション、見直してみましょう。

この機会に。

きっと、サーバーが打ちやすいコース、をもっと協力して空けることができるはずです。

強いダブルスって、サーバーと前衛の雰囲気が絶妙なんですよね。

どこにでも打てる、そこにポーチを合わせていけるような強さがある。

アナタのダブルスは、どうですか?

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れると、サービスゲームも楽

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  2. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  3. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  4. テニス ステップ

    リターン

    テニス選手なら身に付けたい、「リターンのときのスプリットステップのタイミング」とは?

    ストロークは得意なんだけど、リターンが苦手という人は多い。一番…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  6. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
  2. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  3. テニス 準備

    その他

    「サザエさん、テニスNo.1は誰だ!?」テニスの試合で必要な要素から考えてみる
  4. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!
  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージ…
PAGE TOP