テニス サーブ

サーブ

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。

これって、テニスの試合では絶対に必要なこと。

なぜならどんな試合でも、どんな相手でも、試合は全てサーブからスタートするから。

それなのに、自分のサーブについて危機感を持っている人って少ないんですよね。

威力が弱い?

そうじゃなくて、誰でも鍛えれば身に付く部分について、まだまだ学生、社会人、ベテランの皆さんも意識が低いと思いますよ。

それは、「コースの打ち分け」です。

 

打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

 

1.「打てないコース」は、強い相手にはバレてしまう

実際、これが現実です。

試合慣れして、結果を出している選手は気付いている。

ほとんどの選手は、サーブを「打てないコース」が存在していることを。

リターン側が優位に立てるとき、それはサーブ側の打てるコースが限られている時、です。

例え多少遅いサーブでも、コースがしっかり分かれていればそう攻撃されない。

ほとんどの試合は、その逆です。

中途半端に速いだけで、打てるコースは決まっている。

そしてそのコースは、リターン側の選手にばれている。

この現実に、早く気付くことが大事です。

 

2.自分のサーブを客観視することから

まず、ここがスタートです。

自分の得意コースはどこか、その逆はどの程度打てるのか。

この「打てる」というのは、プレッシャーがかかった場面で打てて初めて打てる、というレベル。

何となく打てる、では試合で使えない。

自分の中で、苦手なコースを無意識のうちに作ってはいませんか?

得意なコースにいくら強力なサーブを打っても、そこが読まれたら意味が無い。

リターン側の優位は、絶対に崩せないことを覚悟しましょう。

サーブを打つポジション、からしっかり考えてみる。

どのコースにも、打ちやすい位置に立てていますか?

相手にどのコースにも打てそう、なプレッシャーを与えられているのかどうか・・・?

こういう部分は、自分で危機感を持たないと始まりません。

 

3.上級者はセカンドサーブもしっかりコース取りを

セカンドサーブ、こそ打ち分けは大事。

でも、実際はセカンドサーブまで自信を持ってコースを打ち分けること、は難しいですよね。

でも上級者、上で試合に勝っていきたい人なら必須のテクニックでしょう。

速度を落として、しっかり高い軌道で回転系のサーブをコントロールしていく。

これは、アナタ自身の課題、としてしっかり考えて欲しい。

練習から、セカンドサーブくらいの速度で打ち分け、の練習意識で良いと思います。

コースを打ち分けるのに、必要な要素って何でしょう?

技術的なこと、はもちろん大事。

でもそれ以上に、アナタ自身が「これからは、サーブもコントロール良くしていかないと、リターン側が優位だよな・・・」と、気付くことです。

 

サーブが苦手な人は、要因がハッキリしています。

結局、コントロールが出来ないから。

諦めて、打っては打ち込まれ、セカンドサーブをチキッてダブってしまう。

そりゃ、みんなサーブ嫌いになりますよね。

配球、コントロールで勝負できるようになると、駆け引きが面白くなる。

自分から試合を動かしていくのが、面白くなる。

そうなったら、もうアナタは自然にサービスキープ率が上がっているでしょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのコースの打ち分けは、厳し過ぎないで全然OK

    サーブを簡単にリターンされて、苦しいという方。きっと、サーブの…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう

    ダブルスの試合、強力なリターンを持つ相手との対戦は避けられないでしょう…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

    ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。女性のサーブ?女性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「テニスのダブルスで、組み慣れたペアと即席ペアの違い」が一番現れる部分とは?
  2. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない
  3. テニス トレーニング

    サーブ

    アナタが左利きのテニス選手なら、「ワイドよりもセンターへのサーブ」をしっかり磨い…
  4. テニス知識

    「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい
PAGE TOP