テニス ロブ

戦術

「大したことない」が、武器になる

試合における、みなさんの武器は何ですか?

私は、「大したことない選手に見えること」が自分の武器だと思っています。

サーブは普通、ストロークも普通、ボレーは少し出来そう、くらいな感じだと思うんですよね、私と初めて対戦した人は。

最初の出だしで、「何だ、大したこと無いな」と思わせておく。

これ、一番武器になりますよ。

試合では、「いかにも強そうな人」は意外と勝てないものなんです。

 
 

相手を、本気にさせてはいけない

序盤は、眠っていてもらうこと

私は、どんな相手でもこれを意識しています。

試合は、序盤が大事。

こちらは、出来るだけミスをしないで、ちょっと脅かすようなプレーもする。

だけど、「この相手、凄いな!」とは思わせないようにする。

難しいですが、この感覚が大事だと私は思っています。

「大したことない」相手に、ビハインドを許す

みなさんも、経験あるはずです。

試合が始まって、何となく大したことない相手なのに、リードを許してしまう展開。

気が付けば、0-3、0-4とどんどんスコアは開いていく…。

焦ってミスが早くなり、1-6くらいで試合終了。

こういう試合の背景には、「相手の実力は、大したことないはず」という自分勝手な思い込み、があるはずです。

「大したことない」は武器になる

最高の武器になります、これ。

出来るだけ、相手を試合の序盤では本気にさせない。

大したことない相手と思わせて、何とでもなると思わせる。

試合の序盤に、ライン際のショットでエースを狙わないだけでも、かなり良い演出が出来ます。

ぜひ、意識してみて下さい。

アナタ自身が、本当は実力者で「大したことある人」だったとしても、です。



序盤はミスをしない、ことだけ考える

相手と実力が同じくらい、だと感じたら

私は、この作戦で入ります。

シングルスでは、まず5往復は相手とラリーする。

その間の中では、自分はミスしない。

相手に決められたら、それはしょうがない、気にしない。

自分から焦ってミス、だけは何も良いことは無いんですよ。

ギリギリ入ったとしても…

アナタ自身が、無理したショット。

ライン際に入ったとしても、ただ相手が警戒心を高めるだけ。

良いことはポイントが入るだけ、ですがその後が大変でしょう。

アナタ自身も、調子に乗ってどんどん打ちたい、という衝動にかられるでしょうからね。

入っても厳しい、ミスならもっと厳しい。

序盤は、しっかり相手とラリーするくらいの感覚で良いんです、本当に。

粘れる、というのは実は実力者

みなさんも、ご存知の通りです。

テニスの試合で粘れる、というのは、誰でも出来ることじゃありません。

大したことない、ように見えるかもしれませんが、粘れるのは実力者。

ミスが早く、淡泊な人がほとんどじゃないですか、試合会場で。

まず、序盤はミスをしない人になる。

大したことない、だけどミスをしない人…が、試合の後半で「実は強い人」になる。

これで、シナリオは完成です。

   

みなさんは、しっかり相手をリスペクトすること

相手は強い、強いんです

間違いなく、強い。

そうそう、弱い人なんて試合会場にはいません。

そういう人は、試合に出ないですから。

テニスの試合に出るという人は、それだけで強い。

ちょっとしたサーブやショットの精度、見た目だけで、絶対に決めつけてはダメなんです。

安心材料を、求めてはいないか?

相手は、大したことない…はず。

そう考えて、自分を安心させておきたい。

こういう人がほとんどです、試合の現場では。

それだけ、試合って苦しいんですよね。

相手が強いと、簡単には認めたくない。

認めると、自分が大変になりますから。

泥臭く粘って勝つ、なんてことを望む人は少ないでしょう。

大したことない相手に、圧勝する自分。

そんな自分をイメージして試合に入る人、が実はほとんどじゃないでしょうか?

相手を倒す、試合に勝つということ

相手を認めて、実力を受け入れて勝つ。

これが出来るのが、みなさんです。

大したことないと自分は思われても良い、だけど相手をそう思うことはしない。

こういう姿勢がある人は、ずっと試合で成長し続けます。

逆に、どこか斜めに構えているような人はずっと、「大したことない相手」と決めつけてばかり。

相手を倒す、試合に勝つ前に自分に負けてるんですよね。

何かを恐れて、向き合わない自分に。



誰だって、自分は強く見られたい。

尊敬されたいし、認めて欲しい…という想いがあるはずです。

だからこそ、対戦相手もしっかり認めて、受け入れていかないと。

「大したことない」と思われることは、武器になる。

でも、相手の武器としては、絶対に作動させてはいけないんです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス イベント

    戦術

    自分にとって苦しい場面は、実は相手も苦しい場面

    相手のゲームポイント、マッチポイント、絶対絶命・・・。という場…

  2. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

  3. テニス 計算

    戦術

    デュースが続いた後のピンチ、はどういう意識で乗り切ろう?

    試合の中で、デュースが何回も続くこと。たまにありますよね・・・そし…

  4. テニス コントロール

    戦術

    セオリー通りで勝てるのは、自分と同レベルか少し上の相手まで

    セオリー通りのテニス、皆さん意識出来てますか?もちろん、フォー…

  5. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  6. 戦術

    相手は強いんじゃない、合っているだけ

    試合で対戦したときに、強さを感じる相手。自分が必要以上にプレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス スマッシュ

    その他

    苦しいとき、調子が悪いときに6-4で勝つ為に必要なこと
  2. テニス 部活

    その他

    アナタのテニスを強くするヒントは、「実は対戦相手が持っている」ことに早く気付こう…
  3. テニス 居場所

    テニス知識

    テニスのセルフジャッジの試合では、「アウト!」ではなくまずは「ウォッチ!」が正し…
  4. ダブルス

    雁行陣相手のポーチ、どこを狙う?
  5. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
PAGE TOP